尚輝(Naoki)のAlternative blog

尚輝(Naoki)のAlternative blog

型にはまってない記事内容のブログです。

Amebaでブログを始めよう!

 

 

皆様ご無沙汰しております。

尚輝です。

 

なかなか更新出来ずに申し訳ございません。  

 

最近少々忙しくてなかなか更新出来ませんでした。

 

今日はオーラについてですが、時間がなく、軽い内容ですがご了承下さい。

 

 

 現在の科学では、この不可視の光であるオーラの存在は公式に認められているわけではありません。

 

しかし、昔より様々な科学者がこのオーラを科学的に分析しようとしてきました。その中でもロンドンのウォルター・キルナー博士は、オーラの研究中、通常ではなかなか視ることの出来ないオーラが、染料ジシアニンを塗ったガラス板を通すと視やすくなる事を発見した人物です。

 

この方法はオーラの全てを視るものではなく、物質に近い段階の粗雑なオーラを視るためのものとされています。後にオスカー・バグノールという人物は、このキルナー博士の考案した方法を使い、オーラを視るための訓練用の器具というものを開発しました。このオーラ視訓練用の器具はその主旨から一般的には胡散臭く見られがちですが、生理学的には人間の目にある、かん状体と呼ばれる視細胞を訓練するためのものです。バグノールによればこの視細胞がオーラを視るための器官だというのです。

 

 

 

 また、別の国、旧ソ連ではオーラは、バイオプラズマと名付けられ、これはキルリアン写真によりその姿が捉えられて、研究が進みました。キルリアン写真は、オーラについて少しでも調べた事がある方でしたら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? よく植物の葉や人間の指、手を被写体にして、その周りに光が放射されているのをはっきりと写した写真です。

 もともとキルリアン写真は、物体から放射される放電現象のようなものを、高電圧交流電流装置を使い写真にしたもので、最初の発見はニコラ・テスラという人物にまでさかのぼれます。テスラが、この発見をした時は世間から無視されてしまいましたが、その後、この写真はソ連のキルリアン夫妻が再発見して有名になります。

 

 

 

 また、1935年には、ノースロップとバーという学者が、L(Li-fe)磁場理論(全ての生命体の周りに電気力学的な磁場が存在しているという説)を発表しました。この説の内容は、全ての生命の周りにはその形を決め成長を促す、エネルギーフィールド(場)があるというもので、その説は昔より伝わるオーラの考えと、とてもよく似ているところがあります。

 

 このように、オーラの科学的な解明には、電磁気学から入ると良いでしょうね。

 

 また時間があれば少しずつオーラについても書きますねウインク