治療で緊張しちゃう理由? | シンガポールで歯医者さん Dr.Yumiko's Journal 

シンガポールで歯医者さん Dr.Yumiko's Journal 

Love&Protect Your Teeth!
2008年よりシンガポールにて、在住日本人の方の歯科診療を行っています。
もっと多くの方に「歯の美と健康の大切さ」を知ってもらいたい!という願いを込めて、
歯医者としての率直な気持ちを綴っています。

昨晩の記事を書いた時、

結構お酒が回っていた為、

その勢いでパ~ッ!!と書いただけあって、

書いた時の事、あんまり覚えていない!?・・・かも。

後で読み返してみるも、

ホント、感情そのまんまで書いてるな・・・、て感じ。

ま、たまにはそれもまた良し?!という事かな。

 

 

いやね、今こうして書いているのは、

その昨晩の記事の補足として付け足しておきたくて・・・。

 

何故、根管治療している時には、

緊張からの興奮をしちゃうか?

という事の理由をきちんと書いておきたい!

 

 

インプラントもそんな感じよね、って書いているから、

先にインプラントについて簡単に、その理由を書いておこう。

 

インプラントは、

患者さんの骨の中で一生そこに絶対居座り続ける!!!

という、プレッシャー的な思いから。

ま、虫歯治療のFillingだっておんなじなんだけどさ~。

でも、Fillingは簡単に除去できるじゃない?

でも、インプラントの場合には、埋まっている骨の中から除去って、

トラブルが起こらない限りは、ほぼずっとそこで居座り続けるわけだからね。

だから、変な位置や角度や深さ…などなど、

インプラント体の埋入自体がイマイチ私の満足に達していないと、

一生そのイマイチ感が、患者さんの口の中で居座り続けるのか・・・

と思うと、すっごく嫌なので

ついついそうならないように、自分のパーフェクトが出来ます様に!!

と、緊張というか、すっご~い神経高ぶっちゃうね。

 

いやぁ~、これって、

Artistic Gymnasticsの演技をする選手の気持ちと似ているな~、て思う。

実は私、Tokyo Olympicを結構見ていた人だからね。

自分の求める良い演技が、一発勝負の舞台で100%バッチリと決められるか?

という心理的なものが、何となく、インプラント治療をする私の心理は似ているな~、と感じます。

 

つまり、、、

私の理想のインプラントを、1発勝負でバシッとキメたいの!!!

 

いやいや、大袈裟ですかね?

 

ま、患者さんって術者である歯医者の本当の気持ちなんてきっと無知でしょうから、

こうした感じの記事を書くのもありかと思う♥

 

あ、本題の根管治療についてがまだ書けていない!!

でも、ここで続けるとまた長くなりそうなので、また後日続きで~パー

 

 

ではキスマーク