昨日、カラーセラピスト勉強会「オレンジ&ブルー」が終了いたしました!

ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございます^^

 

>>ホワイトターラ カラーセラピスト勉強会2019

 

週末はホワイトターラ新講師のお披露目でした(笑)

 

カラーセラピー

生徒さんの前に姿を表すのは1年ぶり?2年ぶり?

 

うにゃうにゃと演説をかましてケージにインした鱈社長w

 

デビューしたにゃ(怒)

 

オレンジ&ブルーの補色で「予定不調和」「予定調和」の話をしましたけど、「予定調和」を好む鱈社長がたまに起こす「予定不調和」のタイミング、今だわたしも分かりません^^;

 

オレンジとブルーを読みとく

 

気を取り直して、オレンジ&ブルーですw

オレンジ「第2チャクラ」「暖色」「外向」-ブルー「第5チャクラ」「寒色」「内向」

典型的な補色です。

チャクラバランスでも「下と上」。

>>チャクラとカラーセラピー

>>カラーセラピーで補色を読み解く

 

 

フレイムカラーセラピー勉強会

 

オレンジやレッドなど暖色は大胆かつ行動する色。

ブルーから上の寒色は慎重さや思慮深さを表す色。

上手くコントロールし「同時に併せ持つ」と補完性。ただし補色は「バランス」が難しい^^;

 

パーソナリティは多様な色が複合しているので、

「受容」「落ち着き」「内向」のブルーの方が強く出ると、オレンジの「感情」に「感情を抑える」「好悪を表に出さない」作用が入ります。

 

本当はすごく豊かな感情があるのに、周囲を慮ったり・配慮して感情を抑える癖がついてしまうと…

人生の喜びが見いだしにくくなったり、慎重さを期す余りフットワークが重くなったり。

 

 

オーラライトカラーセラピー

 

 

勉強会では、

幼少期や若い頃は、「間違えないよう」に色々思案して行動してきたけど、

年齢を重ね打たれ強くなった結果、もっと人生を楽しめる(オレンジ)ようになった。

でもやっぱりブルーの方が馴染み深い。

そんな「ブルー時期」を経過しての「オレンジ時期」の話をシェアしてくださる方が多かったです。

 

「同時に併せ持つ」とはニュアンスが違いますが、

人生の流れの中で、無意識にチャクラの上と下のバランスを取ろうとしてる~

と感心しました^^(若い生徒さん方は、これからどんどん打たれ強くなると思いますw)

 

 

センセーションカラーセラピー

 

オレンジの外側・ブルーの内側

個人的に、カラーセラピーはこのブルー&オレンジを完璧なバランスで併せ持つものだと思ってます^^

 

・ブルーの精神性・受容・形のないものに言葉を与える質

・オレンジの「ボトルが綺麗・可愛い」という感情の質

 

普段は自分自身を振り返る時間もきっかけもとれないけど、勉強会で「言葉にする」ことで、

・わたしってそういう質を持ってたんだな~

・過去のアレがここに繋がるのか~

と、自己理解に繋げていただけるのも嬉しいですが、もっとシンプルに、

「ボトル、綺麗~!」「やっぱり可愛いな~」

とはしゃいでいただくのも嬉しい限りです^^

 

カラーセラピスト勉強会

 

いずれにせよ、「ただ思う」だけでなく、

人に、言葉として伝える・発信する

その経験の中で「色(カラーセラピー)を自分のものにしていく」のです。

 

週末、生徒さんが、

「わたし(ご自身)が選んだボトル、綺麗!」

とおっしゃってたのがとても印象的でした。

 

そうそう、それそれ~♡

カラーセラピストとして、とっても大事なオレンジのモチベーションです^^

 

クライアントさんが選んだボトルが「どれだけ綺麗で可能性に満ちているのか」伝えるには、ブルー(言語表現)やイエロー(知識)も必要になりますが、

自分が・人が選んだボトル、綺麗だな~

と感じることが、原動力になるのです☆

 

 

センセーションカラーセラピー

 

 

 

☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆

カラーセラピーサロン&スクール(カラーセラピー&リュッシャーカラーテスト養成講座)

WHITE-TARAホワイト・ターラHPはこちら

お問い合わせ&お申し込みはこちら

☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆