先日の仏画WSにご参加くださったももちゃんが、ご自身の絵の色を自己分析しておいでです☆

良い記事!


 

カラーセラピーの良い所って「資格取得して、仕事に変える」「人の役に立つ」部分も大きいですけど…

 

服の色、インテリアの色、アートの色(自分が描く側でも・見る側でも)…

「自分の潜在意識が、自分に対し伝えたがってること」

を日常の色から読み取れるようになることだと思うんですよね。

 

「似合う・合う/似合わない・合わない」などの意識が関与せずに選べる「ボトルの色」に勝るものはないけど、何気なく選んだ日常の色にも大切な「自分の情報(心理)」が隠れています。

 

色と触れ合わず生きている人はいません。

「色と対話できる」スキルを学び・磨くことで、仕事にしなくても、人生が豊かになる。仕事にしなくても、セルフコミュニケーションの助けになる。本人が望めば仕事に発展させることもできる。

自分の人生でどのようにでも活用できる&日常に溢れた色を使うところが、オイシイな~と思うのです。

 

 

 

 

オーラライトと仏画

ももちゃんはオーラライト、フレイムカラーセラピー

リュッシャーと色のスキルも高い方ですが☆

 

 

セラピスト資格を有してる生徒さん達に、

「カラーセラピー使いなよ」

とついつい言ってしまうのは、「仕事にする」とか「発信」はさて置き、

 

自分が自分に向けて一生懸命発信してるサインを、スルーして損するのはヤメテー

 

という切実な気持ちからです(笑)

 

 

わたし自身は、カラーを学び始めた頃、

世界はヒントに満ちているのに、今までどれだけ自分のサインを見逃してきたのか!損した!

と悔しかったんですよね~。

カラーに出会った初期は特に、「仕事にする」「しない」ではなく、「サインの見逃しで損をするのは嫌!」という動機でカラーを学び続けた気がします。

 

なので、生徒さん方が損してるのを見ると、つい一言二言言いたくなるというw

 

 

ももちゃんのように(その気になればw)文章化出来る方もいれば、文章が苦手な方もいるとは思いますが、

自分の色の意味を掘り下げ、「自分を見てあげる」時間を作って頂くことで、「お得情報」が見つかるかもよ?

 

 

 

 

 

 

☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆

カラーセラピーサロン&スクール(カラーセラピー&リュッシャーカラーテスト養成講座)

WHITE-TARAホワイト・ターラHPはこちら

お問い合わせ&お申し込みはこちら

☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆