この2週間ほど、生徒さんやクライアントさんのセレクトボトル…右側が明るい(軽い)。

 

各カラーセラピーで特徴があるポジショニング詳細は置いておいて…

 

空間象徴的に右は「未来」「能動」「対社会」。

 

右に明るい(光)色を「自分で置く」のは、この先に「明るい(軽い・拡散・拡大した自分)」を望んでいるということです。

 

センセーションカラーセラピー

右に「太陽の光」が集まってて綺麗ですよね。

 

もちろん、「未来が深い色」でも悪い意味はありません。が、

「ああ、春なんだな~(季節的にも・皆さんのサイクル的にも)」

と思う今日この頃です^^

 

 

センセーションカラーセラピー

こちらも、右へ行くほど軽さ(放出・拡大・希望)

が増すセレクト。

 

 

そんな最近ですから、

「セラピストデビューしました/します!」

「初開講しました/します!」

のご相談&ご報告も舞い込み中です^^

 

 

フレイムカラーセラピー

フレイムD1はポジショニングの意味が異なりますが、

やはり右が…

 

 

 

いつになっても、

「生徒からセラピストへ」「生徒から講師へ」と皆さんが変化・成長する様を垣間見るのは頼もしい限りです^^

 

 

で、割と良くあるご質問が、

「セッション、楽しかったけどすごく疲れました。疲れなくなりますか?」

 

馴れます。

 

よく、「先生は、カラーセラピー最多で1日何名やりましたか?」とも聞かれますが、わたしの最大はイベント時の

40数名/1日です。

もちろんショートセッション。かつ企業イベント(企業が顧客に向け開催するイベントで、お客さんは無料でセラピーを受ける)ならではの数です。

 

オーラライトカラーセラピー

これはつい昨日☆

 

 

もう10年近い昔のイベントですが、これを越える数はないし、これ以降何が起きても疲れなくなった気がします(笑)

 

初セラピー、初講座では、

「楽しかったけど疲れたー!わたし、これを仕事に出来るのかなぁ…」

と不安になる方もいるようですが、1日や1回の経験が自信や経験値をつけてくれます。

 

先の不安ではなく、今を精一杯楽しんで頂けるといいなーと思います^^

 

とはいえ、そういう慎重さもまたセラピストとしては大事な気もするので、「疲れる」こと自体は悪いことではないですよ☆

 

 

 

あ、その流れで

「先生はカラーセラピーとリュッシャー、どっちが疲れます?」

というご質問も多いですね。(当校の生徒さんは「疲れやすい」のかw)

 

そんなの、リュッシャーが疲れないに決まってる!

 

リュッシャーは心理分析スキルを身に着けるまでは大変ですが「正解がある」分、対面での診断は断然楽ですよ☆

色彩心理診断士の皆さま、頑張ってくださいね♡

 

 

 

 

 

☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆

カラーセラピーサロン&スクール(カラーセラピー&リュッシャーカラーテスト養成講座)

WHITE-TARAホワイト・ターラHPはこちら

お問い合わせ&お申し込みはこちら

☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆*:;;:**:;;:*☆