各方面で、

「仕事辞めました!」

とのご報告を聴くことが多い今日この頃。

 

転職事情・家庭(金銭)事情はさておいて(多くはこの2点がネックになりますので不用意に辞職は勧めません)、「精神論だけ」で言えば「30代で1度無職になるのはいいんじゃないかな~」と思うわたし。

 

10代~20代で「社会的役割や所属」を作り、自分のスキルと経験値に見合う正当な評価を貰い…30代、40代、50代~と順調に人生が進めばいいのですが、

そんなラッキーは滅多にないですよね(笑)

 

ユングは「中年期の危機」という名言を残していますが、「ライフステージ」という論文でも、

 

人生の中間点に近づいていくにつれ、我々は個人的な態度とか社会的地位といったものをますます確立していく。

あたかも正しい方向。理想。あるいは行動の原則といったものを発見したかに思えるようになっていく。

我々はそれを間違いないものと考え、それにしがみついていくことになる。

我々は、社会的目標というものが人格の縮小という犠牲を払うことによってのみ達成される、という本質的事実を見逃してしまう。

すでに経験しているはずの、実に多くの人生の局面が、がらくた部屋の記憶のごみに埋もれていってしまう。ところがそれらは時々、消し炭の中で燃え始めるのである。

 

結果、35歳~40歳ころに重要な変化が起きる。と述べています。ユング自身も30代後半にキャリアリセットしてますし。

 

わたしも、30代で仕事を辞めようか悩んでいた頃にコレを読んで、

「時々燃え始める…こんな気持ちがこの先も来るのか(そう言えば今までも来たけど無視してた)。じゃあ"わたしという人格"をさっさとガラクタから出さなきゃ」

と背中を押されました(笑)

 

夢中で仕事してる時はわからないけど、30代でふと立ち止まった時に、

「あれ?まだ燃えてるモノがある…?」

と気づく。

でも「社会的価値観や評価」に馴染み所属した期間が長い分、今更「熾火(素の自分」を見るのも怖い。

ユング心理学は「対立の心理学」ですから

今まで築いてきた「社会的目標(あるべき自己」と「素の自分」。

ジレンマが大きいほど心的ストレスは蓄積されます。

 

 

 

 

カラーセラピークリア(白)の意味

 

 

 

 

 

論文は「ゆえに40歳前後で鬱や神経症的障害が多い。50代に持ち越すと耐えられなくなる…」と続きますが、精神分析診断基準ではありませんので、

「あ、わたしじゃあ神経症的障害なんだわ!」

と自分を診断しないでくださいね(笑)

 

むしろ1900年代初頭から、

「青年期」「中年期」「老人期」で分ければ「中年期」に変容期が来るのはアルアルであり、自然なことなんだ、という方にフォーカスしてください^^

 

また、ユングの時代と異なり、今は50代60代でもリスタートを切るパワーを持つ方も大勢いるし環境もある。

逆に、20代なのにガラクタを山のように堆積させてしまうこともあります。

 

年齢問わず「社会的目標(正しい大人・正しい社会人…」と「素の自分」が乖離し、「素の自分の再熱」を感じた時に、

ガラクタをどかし(減らし)たい!

と思うのは社会不適合者なんかじゃなく人として自然なこと。

その煮詰めた発露が「社会的目標の強制リセット(退職)=社会的居場所をなくす」こと。

そうご理解いただければと思います。

 

 

 

 

 

色で言うならクリアか白

 

ガラクタを取りたい!と潜在意識が高まってるとき(=素の自分が再燃している時)、

・「浄化」「リセット」「白紙に戻す」のクリア(白)

に惹かれます。

こういう時って「ガラクタを減らす」んじゃダメなんですよね、「全部なくす」ことが大事。

思えばわたしも、退職前は白いモノばかり買ってたわ~。

 

いざ降ろせると決まってから~降ろした後(=素の自分しかない時)は、

・「リセット・リスタート」のクリア(白)

・「希望、期待」「可能性」「新しい可能性・方向性」のクリア(白)

・「わたしには何もない」「虚無」のクリア(白)

ポジティブ・ネガティブ混在しつつも、クリアの意味が多種混ざります。

 

いずれにしても、クリアや白に惹かれる時は、

「大きな転機」「拡大」「決断」「浄化」「生まれ変わり・再生」

そんなタイミングが来ている方が多いです^^

 

>>クリアの意味と色彩象徴

 

カラーセラピークリア(白色)の意味

 

 

 

もちろん、白紙(リセット)のまま終わるのか、白紙(リスタート)に自分の色を載せ始めるのか…ご本人次第なので無責任なことは言えません(笑)

 

でも、すでに究極の形を取った(お仕事を辞め白紙を選んだ)方々、

特に「仕事は辞めたかったけど、いざ辞めてみたら自分には何もない気がする」方々

には、わたしも勇気づけられたユングをエールで送ります^^

 

何も「ない」のではなく「ある」からガラクタの下の火が燃え、お仕事を辞めたんですよ☆

 

>>こういう方もいましたよ「錬金編成」☆

 

 

 

上の記事を探していて思いましたが、ユング記事が割と多いですね。

ユングは、心理学としては「オカルトかぶれ」と評価が低いんですけど、闇から光を仰ぎ見る視点がセラピーっぽくて、わたしは好きなのです♡

 

 

 

 

 

*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:*

カラーセラピーサロン&スクール(カラーセラピー&リュッシャーカラーテスト養成講座)

WHITE-TARAホワイト・ターラHPはこちら

お問い合わせ&お申し込みはこちら

*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:

 

 

 

 

AD