先週、写仏WS「十三仏曼荼羅を描く・第5回」が終了いたしました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございます☆

WHITE-TARA1DAYワークショップ




平日開催日が3.11でしたので、微力ながら今回の参加費は震災寄付に当てさせていただくことに。。。



平日参加者の皆さまにはご相談いたしまして(もう赤十字じゃないよね~でもNPOはピンキリよね~と)、公益法人で具体的な支援を継続中の団体に寄付させていただきました。

週末開催では会話の着地点がカオスすぎて、お伝えする暇がなかったので(←)、ご報告までに☆


※※※


続々と十三仏が揃います^^



数か月に渡り十三仏を描いていると、数か月前の「線」と今日の「線」が全然違っていて面白い、とのお声を頂きました。




そうなんですよね~「墨線」って、自分の心身の状態が反映されやすい。

わたしも自分の古い(二十代前半)作品で残っているものを見ると、

「(上手い下手ではなく)なんて強靭で勢いのいい線!」

と驚きます。

今、描こうと思っても描けない線…すでに失われた「何か」が反映されていたんでしょうね(爆)




変わって、彩色の方は塗るほどに画材と相性が合って来るようになります。

「仏画初めてです」

とご参加くださった方が、回を重ねるごとに顔彩の扱いに熟達して行く過程が胸アツなのですが、参加者の1人、Тさまの「魚籃観音」が、わたしの好みで(笑)


この暈しが顔彩っぽくてイイ!


わたし自身はどうしてもコテコテに塗り倒してしまうのですが、こういう雰囲気とても好きです^^



「気軽に仏画」

がコンセプトなWSゆえ、彩色技巧は質問が無い限りお伝えしないのですが、回を重ねるごとに皆さま自ずと体得して行かれるのでスゴイな~と思います。




そんな感じで、初参加の方も常連様も、どうもありがとうございました^^








*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:*

カラーセラピーサロン&スクール(カラーセラピー&リュッシャーカラーテスト養成講座)

WHITE-TARAホワイト・ターラHPはこちら

お問い合わせ&お申し込みはこちら

*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:*