先日、発売されました雑誌「セラピスト10月号」に、WHITE-TARAのリュッシャーカラーテストとフレイムカラーセラピーが掲載されております。

セラピスト 2012年 10月号 [雑誌]/BABジャパン
¥980
Amazon.co.jp
 

ショートカットですが、簡単なケーススタディも1Pずつ載っておりますので、

・すでに学んでいる方

・これから学びたい方

は、是非ご一読下さいませ♪

 

[COLOR & LIFE] WHITE-TARA


 

リュッシャーカラーテストは1947年、スイス・バーゼル大学に在学中だったマックス・リュッシャー博士により創られたサイコ・ロジック(精神論理学)です。

 

現在も当校で受講中の方、検定結果待ちの方などおいでですが、

色は人間の何を映すのか?

という問いに、リュッシャーカラーテストは1番シンプルな手法で1番明確な答えを出してくれます。よね?←

 

色の客観性と、(個人の)主観的な反応

 

ただこれだけで、心のstructure(構造)中でのfunction(機能)を計測することが出来るのです。

・・・今だに、講座でこの辺をお伝えすると、テンションが上がってドキドキするんですけど(笑)

 

 

そんなロジックの上に、色彩象徴が乗ったものがカラーセラピーになります。

最初にリュッシャーを学んだ時は、右脳のセラピーと左脳のリュッシャーでかなり苦労しましたが、リュッシャーのロジックがあるからこそ、わたしは安心して、

「チャクラがね」

とか言えるわけです。

 

[COLOR & LIFE] WHITE-TARA


 

 

フレイムカラーセラピーは2011年にお馴染み伊藤先生@ファーブシステム が生み出したカラーセラピーです。

偶然ですが、わたしの次のページに、わたしと同じくフレイムカラーセラピーマスターティーチャー京都のYukoさん@atelier for me も万華鏡カラーセラピーで載っていますよ~!

危うく紙面で、(偽)三都物語をやるところでしたが、名古屋は都じゃないので伊藤先生はお名前だけ拝借しております(笑)

 

フレイムカラーセラピーは使用する象徴は「錬金術」ですので、ロジックの上に、

 

「万物は完全を目指す」

 

という人間の悲願・・じゃない永遠のロマンチシズムが多用されています。

 

カラーセラピーはここがいいんですよね。

洋の東西問わず、人類が思想や宗教で見て来た夢や希望が散りばめられています。これをファンタジーとして扱うか、宗教史・思想・文化人類学として扱うかはセラピストの次第ですが、個人的には、チャクラも四元素も錬金術も、ファンタジーではなく、

「人間がよりよく生きるための叡智(という名の象徴)」

だと思っています。

 

そういう意味では、ロジカルなリュッシャーカラーテストの、

「よりよく今を生きるための心理バランス~自己統制心理学」

と、齟齬がないと思っていますので、今回はこの2つをご紹介出来て嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:*

 

カラーセラピーサロン&スクール(カラーセラピー&リュッシャーカラーテスト養成講座)

WHITE-TARAホワイト・ターラHPはこちら

お問い合わせ&お申し込みはこちら

*:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:**:;;:*