Well

だって


テーマ:

日産 フーガ

最新の安全支援装備「インテリジェントペダル」を搭載して大人の魅力が増した“フーガ”



記事全文) 12月に日産の高級ドライバーズセダン、フーガがマイナーチェンジを実施した。エクステリアをスポーティに化粧直しし、インテリアも質感を高めている。また、V6エンジンをスカイラインと同じVQ35HR型/VQ25HR型に変更し、ポテンシャルを高めた。これを機に先進の安全デバイスも採用されている。その筆頭にあげられるのが「インテリジェントペダル」だ。別名はDCA(ディスタンス・コントロール・アシスト)で、車間距離を維持する操作を支援する安全装備である。

ステアリングに付いているスイッチをオンにすると、レーダーが先行車両を確認し、車間距離や相対スピードに応じて自動的にブレーキをかけてくれる。そのときにアクセルを踏み続け、距離が近づきすぎるとアクセルペダルを自動的に押し戻し、減速を促す。

実際にテストコースで前走車を走らせ、実用度をチェックしてみた。まずは先行車両のスピードが遅かったり、こちらのクルマが速く、前走車に追いつきそうになるシーンだ。先行車との距離が詰まってくると、アクセルペダルを押し戻し、自動的にブレーキがかかって前走車との距離が縮まらないようにしてくれた。

次は、もっとシビアな状況設定だ。先行車が減速したり、隣のレーンから割り込んできて追突が予想される場面では、まずアラームが鳴る。それと同時に、アクセルを踏み込んでいても自動的にアクセルを押し戻し、ブレーキを利かせて追突しないように務めるのだ。さすがに、急に割り込んでくるような場面では自動ブレーキだけに頼らず、自らブレーキ操作を行なった。だが、前走車がゆっくり停止するときは、ドライバーがブレーキ操作をしなくても自動的に停止までをサポートしてくれる。DCAは作動がスムースだ。制御も緻密だから一般道でも大いに重宝するだろう。

また、アクセルを踏み続けなくても自動的に速度を調整し、前走車に追従する「インテリジェントクルーズコントロール」も装備されていた。今まで車速制御は5km/h以上に設定されていたが、最新モデルは0~100km/hまでの範囲に拡大されている。そしてナビ協調制御によってコーナーの大きさに応じて車速を調整する「ナビ協調機能」も追加された。これは世界初の試みだ。コーナーが近づくと自動的に減速を行なう。高速道路を走ってるときなどは利用価値の高い安全デバイスだろう。


アクセルを踏み続けずとも車が自動調整で前車追従や危険な場合には車の方が判断してアクセルを押し返してブレーキをかけてくれたり・・FUGAの装備もすごいと思いますが、車内もなんだかすんごい!! 上記リンクにさまざまな画像がありますが中でも下の2つ!?

まるでFAXかなにかのようなインパネ(これをそう呼んでしまってよいのだろうか?

それと現代車お決まり状態?なプラッチックなエンジンルーム┐(´д`)┌



ひゃ~~、最近の自動車は勝手にさまざまな判断をして、車の方で自動的に安全に動いてくれるのか~ だったらもう人いらないじゃん?! そのまんまロボットカーにしちゃったら? 僕はもちろん、そんな車には乗りませんけどっ


それにしたって『FUGA』だとフツーに『フガ』でないの?どーして間に『―』が入るのだろう??

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ashさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。