南の島で泳いじゃう | ホワイトマムの急性リンパ性白血病日記

ホワイトマムの急性リンパ性白血病日記

2005年の春に急性リンパ性白血病を発病し、化学療法のみで10年。
「これで病気ともお別れね」と思った矢先のホワイトマムに起こった出来事は!?


テーマ:
7月に入り、熱は平熱~微熱におさまった。

体調も改善し、このぶんだと予定していた座間味島旅行は

行けそうね♡

と気を良くしていたら、トリプル台風発生!!

台風情報ばかりを見て過ごすことに。


9号が過ぎ去り、11号がやってきている中

飛行機も船も順調に動き

夢にまで見た座間味に到着した。

予防のために抗生剤と抗菌剤を飲み

出発2日前には血小板輸血をして迎えたこの日

慶良間ブルーが目にしみた。



「好中球ほとんどありませんよ~」という主治医の言葉を

忘れたわけではないけれど

自己責任で泳ぎます!と心の中で呟きながら・・・

ボートシュノ―ケリングでは1時間近くお魚さんと一緒に泳ぎ

タイマイというウミガメさんと遭遇する幸運に恵まれた。

ビーチでの短時間のシュノ―ケリングでは

たくさんの熱帯魚と戯れて

朝に夕にアオウミガメさんと会うことができた。



もちろん、他の時間は宿で横になって体を休め

衛生面も出来る限り気をつけて過ごしたのだけれど



こんな病状になってしまったからもう無理ね・・とか

泳げるわけないわ・・と

諦めてしまわなくて、ほんとうに良かった。

どこまでも青くて美しい海、島の友人、一緒に行ってくれた家族・・



みんなに力をかしてもらいながら

一番強い力は自分自身の中から湧き出してくるものだと

感じている。



whitemamさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス