言葉が足りなかったかな・・・ | ホワイトマムの急性リンパ性白血病日記

ホワイトマムの急性リンパ性白血病日記

2005年の春に急性リンパ性白血病を発病し、化学療法のみで10年。
「これで病気ともお別れね」と思った矢先のホワイトマムに起こった出来事は!?


テーマ:

「がんの治療はどのあたりまで進んでいるんでしょう」


と聞かれて


一部の早期がんでは治るものもあるし


CMLのように良い薬ができて


良い状態を維持し続けることができるものが


出てきたけど


どのがんもが治るという時代は、まだまだ未来のこと


そんな時がくることを願って・・・



そうお話ししたあとで、


不安そうな表情の彼に気づいた。


「がんは治る病気になってきた」と


言ったほうが良かっただろうかとか


「大丈夫、がんでも元気になる人がいっぱいいる」と


言った方が良かったとか


言葉が足りなかったと気になってしかたがない。




でも、どうしても


「がんは治る病気になった」とは


言えない私がいて・・・

whitemamさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス