ホワイトマムの急性リンパ性白血病日記

2005年の春に急性リンパ性白血病を発病し、化学療法のみで10年。
「これで病気ともお別れね」と思った矢先のホワイトマムに起こった出来事は!?


テーマ:

義父の自分史が完成した。


生前は、どちらかと言えば無口な人だったので、どんな人生だったのかほとんど聞いたことがなかった。


幼少のころから亡くなる数カ月前までの100ページを超える直筆の自分史がみつかったのは、義父が亡くなってからだった。


鉛筆書きの上をボールペンでなぞり、時代背景なども詳細に書かれている。絵心を感じさせるイラストも愉快だ。


義父の思いが正直につづられていて、読んでいて本当に楽しい。


「お父さんが喜んでくれるよ」と嬉しそうに義母が言う。


義母が喜んでくれたのがうれしい。


仏壇に手を合わせ、「おかあさんが喜んでくれました」と義父に語りかけた。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同僚4人でお見舞いに行くことにしていた日の前夜、彼は旅立ってしまった。


大腸がんと診断されて1年ちょっと。

再発がわかってから約3カ月という短い間に、病状は進み、傍からもその状況は見てとれた。


最後に会ったのは、亡くなる2週間ほど前だった。


手を握り、1時間くらいおしゃべりして笑い合った。


すっかり痩せてしまい、見た目は別人のようだったが、元気なころの彼と少しも変わらず冗談を言って私たちを笑わせてくれた。


記憶の中の彼は、いつも穏やかに微笑んでいる。

一緒に大変な仕事に取り組んだ仲間だった。


別れは辛い。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分にとっての最高の医療環境ってどんなんだろうって考える。


病気を治すことが最高というのはわかっているが、病気が治るってどんなことだろうってまた考える。


わたしだって、白血病は長く寛解を保っていても、ほかの病気になることだってあるわけだ。


次々とクリアしていっても、生身の体は自然に老いと死に向かっていく。


ならば、「病気を治す」という言葉を「生きられる」と言い換えてみようと思う。


「生きられる」ことが最高かというと、ただ生きているだけじゃダメで、生きる喜びを実感することが大事になってくる。


生きる喜びを実感するときってどんなときだろう。


それは、自分が大切に思っていることや人との関わりの中で感じるものだと思う。



そのためには、普通の生活の中のなんでもない一瞬一瞬に幸せを感じられる感性が必要だ。


誰かのせいにしてばっかりいても、悪循環にはまるばかり。

人を責める言葉は、いつか自分を責める言葉の矢となって自分に向かってくるものだ。


自分の中にある感性や力を信じよう。


さて、最初にもどってもう一度考えてみようかな。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「困ってるひと 大野更紗」を読んだとき、いまどきこんなにひどい環境の病院ってあるの!?って驚いた。



身近にもひどい環境で治療を受けている人がいる。

これは医療の限界なのだろうか・・・なにか変だ。


また、別のところには、自分の意思で積極的な治療をやめたのだが、今後は緩和医療と言われて苦しんでいる人がいる。


誰だって、命を諦められるわけがない。


私だったら・・・と

我が身におきかえて考えてみる。


今夜は、ずっとあなたのことを思っている。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、難病・疾病友の会の「つどい」だった。


2ヶ月に1回のつどいに毎回参加してくださる方、ときどき参加される方、今日が初めての方、参加の仕方はそれぞれだ。


病気を強みにして前向きに生きる人、病気になった今の自分をなかなか受け止めきれない人、自分の病気だけでなく、家族の介護も担っている人・・・・様々な時を生きる人が、それぞれの思いを胸に集まり、お互いの話に耳を傾ける。


会が終わってからの時間も大事


話したかったあの人と、会いたかったこの人と、思い思いの話題に花が咲く。


がんサロンの仲間と難病の仲間


どちらも大切な大切な仲間


もっと大切にしたいと強く思う。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。