2018年 春 イギリス旅行記 ② イギリスポンド:新紙幣・コイン切り替えに要注意! | agenda de chocolat

agenda de chocolat

私の備忘録

無事にチェックインを済ませた私達は、荷解きに取り掛かる前に近場のスーパーにちょっと買い物に行ってしまおうという事になりました。

何度も利用しているホテルなので、界隈に関してもすっかりお馴染みになっています。

ホテルから徒歩5分程度のところに小さなスーパーがあるので、飲み物やちょっとした食べ物の調達へと散歩がてら出掛けました散策1

 

左下に〇をしたあたりがホテルの場所です。

ロンドン中心地へは地下鉄で20分程度でしょうか。

 

 

 

Co-op:Fulham - North End Road店

 

このスーパーはコンビニよりはマシですが、品揃えは決して多くはないので、ごく必要な物を買う程度です(比較的品薄の事が多い‥キティちゃん×汗)

 

この時の私達の買い物は飲み物、ちょっとしたデザートにサンドイッチ程度だったと思います。

およそ6~7ポンド(1,000円に満たないくらい)で、少額の買い物でしたが、私達はいつもスーパーでの精算はクレジットカードを利用しています。

理由はいくつかあるのですが、カード利用の方がレートが良い、小銭が溜まらずに便利、カード会社での利用ポイントが溜まる等々ですが、イギリスは日本より遥かにカード決済が利用されているので、3ポンドや5ポンドという少額の買い物でもみなさん遠慮ナシにカードで支払いをしています。

 

そんな感じで勝手知ったる我らも当然の様にカードで支払いを済ませようとしたのですが「Cash only」と言われてしまったではありませんか!

「えー、なんで?いつもカードで払ってるのに?」と思いましたが、レジのお兄ちゃんがそういうのですから仕方ない。

他の支払いでも出来る限りカードを利用していますが、ホテルの枕チップや観光に出かけた際に現地のバスに乗る事もあるので、それなりの現金は持っています(今までの旅行で両替した際に使い残したもの)。

 

6ポンドちょっとの買い物だったので手持ちの10ポンド紙幣を出したのですが「このお札はダメ!」と言われてしまい、ビックリビックリ

実は数年前に似た事を経験していたのでピン!と来ました。

どうやら昨年の旅行終了時から今回の渡英までの間にどうやら10ポンド紙幣が変わってしまった模様。なので、「古いお札は使えない」という事だったのですが、「じゃあお札がダメなら1ポンドコインで」とお兄ちゃんにオカネを渡すと「このコインもダメ!」と言われるではありませんか!

なんでなんで??と聞いてみると、10ポンド紙幣も1ポンドコインも昨年新しいものに変わっているので、古いのは使えないとの事でした。

もうレジを通してしまっているので、支払いはしないといけないし、しばしどうしよう??となってしまいました。ですが、このスーパーの奥には郵便局が入っているので、「そこの郵便局で新しいオカネに変えて貰えば?」とレジのお兄ちゃんに言われました。

 

とはいうものの‥。実はこれも以前に経験して知っているのですが、古い紙幣・コインの交換は郵便局ではやってくれないんですキティちゃん×涙

その時の事については後で詳しく書きますが、「郵便局じゃ、多分ダメって言われるだろうな」と思いつつ、係のオジサンに所に行き「このお札とコイン、あそこのレジで古くて使えないと言われてしまったのですが‥」と言ったところ、やはり私の予想通りの返答で「ここでは交換はやってないんだよ、Bank Of Englandに行かないと」と言われてしまいました。

なので「あー、やっぱし」と思い「Bank Of Englandってドコにあるんですか?」と情けない質問をしたところ、

「ここに住んでないの?」

「いえ、私はツーリストでつい数時間前にこちらに着いたばかりなんです。で、今そこで買い物をしようとしたらオカネが古くて使えないと言われてしまって」

「旅行者か‥。じゃ、仕方ないか。ホントはダメなんだけどね。どれだけ持ってるの?」

とオジサンの一存で旧紙幣・コインを無事に新しいものに替えてもらえました。ううう~有難う、オジサン!おじぎ

合計でいくらくらい持っていたでしょう。50ポンド分(≒7500円)くらいはあったと思います。

 

上:新10ポンド紙幣

下:旧10ポンド紙幣

 

 

左:旧1ポンド硬貨  右:新1ポンド硬貨

 

日本では新紙幣・コインに変更になっても(日本と違い、イギリスは比較的良く変更があります)、かなり長い期間そのお金を使用出来ると思うのですが、イギリスは本当に切り替えが早いです。

まあ、そもそも新紙幣・コインに変更する理由は「偽造防止」が主なのでしょうから、そんなに長い間使えてしまうと意味がないのだとは思いますが。

(※お店で使えないのは勿論ですが、自販機でも使用不可になるので注意!)

実は昨年春にイギリス旅行に行った際、5ポンド札が近々新紙幣に替わるという事は知っていたので、5ポンド札は残さないようにしたものの、10ポンド札と1ポンド硬貨についてはリサーチ不足でした。

どうやら昨年9月に新紙幣の流通が始まったそうなのですが、移行期間はたったの半年!

なので私達が昨年の春に使えていたオカネも今回はタイムアウトという事でした(3月1日から使えなくなっているそう)。

 

さて。先程少し書いたのですが、「このオカネ、使えませんよ」と言われたのは今回が初めてではありませんでした。

今から何年前でしょう‥?2~3年前だと思いますが、ノリッジ(Norwich)に観光に行った時。

買い物をした際、50ポンド紙幣で払おうとすると、店員さんに「お札が古くてダメ no」と言われ、非常に驚きました。

そして運の悪い事に私達は使い残しの50ポンド札をかなり持っていたのです 涙

50ポンドは日本円で7,500円程度ですが、アチラのお店は本当に50ポンド札を受け取るのを嫌がります。

日本だとコンビニの買い物だって1万円で支払いも出来るのに、イギリスでは20ポンドくらいの買い物をしたとしても50ポンドを差し出すと「細かい紙幣ないの?」と言われたり「ウチは50ポンド札は受け取らないので」と言われる事もしばしばです。

そんな感じで両替の際に受け取った50ポンド札の使い道がイマイチなく、自然と溜まってしまっていました。

 

イングランド東部にあるノリッジ。結構好きな街で過去に3回訪れています。

 

持っている紙幣が使えないなんて全く寝耳に水の話だったので、かなりの金額だった事もあり、どうしよう?となったのですが、お店の人に「あそこにあるLloyds Bankに行けば替えてもらえるのでは」と言われたので、取りあえずLloyds Bankに飛び込みました。

そこでは慇懃無礼な感じの若い行員さんに「なんのご用でございますか」と聞かれ、かくかくしかじかと説明をしたところ

「Lloyds Bankに口座はお持ちですか?」

「いえ、ツーリストなので持ってません」

「ではこちらでは替えられません。郵便局で替えてもらって下さい」

という事になり、今度は街にある郵便局に行きたいのですが、ドコにあるのか分かりません。

なので、ツーリストインフォメーションまで出向き、一番近い郵便局の場所を教えてもらいました。

街に大きなショッピングモールがあるのですが、その中にあるとの事で早速そちらへと向かいました焦る

 

ここがまさに私がお世話になったNorwichの郵便局!ぺこり

 

整理券を貰ってしばし、ようやく私の順番が回ってきました。

窓口のおじさまにかくかくしかじか‥と説明をして紙幣の交換を申し出たところ‥。

「こちらでは交換出来ないんですよ」

とまたまた哀しいお答え 泣

「じゃあどこで替えてもらえばいいでしょうか?」

「そこのロイドバンクで替えてくれるのでは」

「いえ、たった今ロイドバンクでお願いしてみたら、『交換はできないので郵便局に行くように』と言われてしまって、それでここに来たんです」

恐らく私が相当必死の形相だったのか、切羽詰まっている感バリバリだったのか、その両方だったのか。

窓口のおじさまは「ちょっと待ってて」と言い、奥にいるボスに事情を説明してくれている様子‥。

しばらくするとそのボス(女性)が窓口に来てくれて

「古いオカネがあるんですって?」

「ハイ‥。全然知らなくて、さっき買い物をしようとして使えないと言われてもうビックリしてしまって‥。.・ω・.。

「以前こっちで替えたオカネを国に持って帰って、それで時間が経っちゃったのね。ホントは郵便局では交換はやってないんだけど、特別にやってあげるわ。その代わりナイショね」

「あああ~~~!有難うございます泣く!!」

という事で、マダムのご厚意で古いお札を替えてもらうことが出来たのです。

その時はかなりの金額でした。日本円で7~8万円分はあったと思うので、貴重なオカネが紙くずにならずに済んでホッとしましたし、もうドッと気が抜けました。

 

‥と、すみません。昔バナシが長くなりましたが、この時の経験があるので、イギリスの場合は紙幣が新しくなった場合は使用期限がかなり短いんだ‥という事は知っていました。

私の場合は前回も今回も、(たまたまかもしれませんが→)郵便局の行員さんのご厚意におすがりして旧紙幣を新紙幣に交換してもらえましたが、どうしてもダメだった場合はどうすればいいのか?泣き寝入りしないといけないのでしょうか?

 

いえ!泣き寝入りをしないで済む方法はありますチッチッチッ

シティにある「Bank Of England」に直接行けば、交換してもらう事が出来ます。期限はありません。

ロンドン滞在中であれば地下鉄でBank駅下車が一番近いです。

念の為にサイトを紹介しておきます。

Bank Of Englandの旧紙幣交換に関するサイト(英文)

https://www.bankofengland.co.uk/banknotes/exchanging-old-banknotes

※紙幣はOKですが、コインを交換してもらえるかどうかまでは分かりませんでした。

banknotes(紙幣)」と明記されているところが引っかかるんですよね。なんとなくコインは替えてくれなさそうな雰囲気です‥。その場合は仕方ないのでどこかに寄付するしかないかもしれません汗

 

こちらがBank Of England

 

Bank Of Englandの中には博物館もあります(無料)

https://www.bankofengland.co.uk/museum

 

非常に長くなってすみませんなのですが、こんな感じで近所のスーパーでサクッと買い物を済ませてホテルで休む予定だったのですが、予想外に冷や汗をかく事となってしまいましたにゃ

でも考えてみれば、この時に手持ちの10ポンドと1ポンド硬貨が古くて使えないと分かって本当に良かったです。しかもたまたまスーパーの中に郵便局が設置されていて‥。

もしもこれがどこか地方に観光に行った際のバス代として支払おうとした場合などを考えると恐ろしいです。ドライバーさんは受け取ってくれないでしょうし、近くに郵便局もないでしょうし、ヘタをするとその日の観光を諦めないといけないという状況になっていたかもしれません。

 

無事に新紙幣で支払いを済ませた後、レジのお兄ちゃんに「いつもカードで払えてたのに、どうしてCash Onlyなの?」と聞いたところ「たまたまシステムがダメになっちゃったんだよ。あと10分くらいで直るけどね」と言われました。

という事は、本当にカードが使えないドンピシャの時間に行き当たってしまった様ですが、災い転じて‥となり、旧紙幣・コインを新しいものに交換する事が出来て良かったです。

 

まだまだエリザベス女王はお元気な様子ですが、いずれは「その日」がやってくるだろうと思います。

その時はまた紙幣・硬貨が新しいものに切り替わると思うので(チャールズの肖像?)、まだまだ手持ちのオカネに関しては油断出来ません カピバラ

今後もしばらくはイギリス旅行を続ける予定なので、やはり手元にポンドは持っていたいですし‥。

幸いBank Of Englandに行って紙幣交換をした事はまだないのですが、いずれ行かざるを得ない時が来るかもしれません。

 

スーパーから帰った私達は疲れもあったので、片付けを済ませ、お風呂に入り、早々とベッドに入り翌日に備えました 雪ねむぃ・・おねんねするー!

翌日はノンビリと1日ロンドン滞在ですロンドン

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村