こんにちは。



金曜日担当のkako.tと申します。

本日もお立ち寄りくださり 
ありがとうございます。





※家族の事情で、2023年7月、
オーストラリア・シドニーに転居しました。
勤務先は長期休暇中のため、
しばらく通勤コーデは掲載できませんが、
更新は続けていきます。




一昨日、
シドニー近郊のビーチ近くに住んでいる
お友だちのお家を訪ねた時のことです。

スクールホリデー中ということもあり、
ビーチにはお子さまサーファーが
たくさんいました。




みんな、びっくりするほど上手!





上がってくると小学校低学年の
まだほんとにちびっこの
彼らのサーフィンに、
かっこよくてしばし見惚れてしまいました。




この辺りのサーファーの方は
家からウエットスーツを着て、
裸足でボードを持ってパタパタと海に入り
こんな風にサーフィンをする感じ。

こんな環境、素敵過ぎます。

もちろん、子どもだけではなく、
白髪のおじいさんや年配の女性サーファーも
皆さん本当にお上手で、
見飽きない!

どころか、
わたしもサーフィンやってみたい
なんて、つい思ってしまうほどでした。





ところで、
今、シドニーの州立美術館では
Muchaの特別展が開かれています。


先日、わたしも行ってきました。




Muchaと言えば、
わたしのイメージはまさにこんな作品。




ですが、このチェコ生まれのアーティストは
なかなか骨太な方で、
これはほんの一面だということを
知りました。

常にチェコという国のために何ができるかを
考えながら、
商業的な仕事も精力的にこなし、
パトロンもがっつり捕まえて
自分の信念の作品をも作り続ける。
ものすごいパッション🔥の人でした。

わたしも
当時のヨーロッパかアメリカの富豪になって
Muchaのパトロンになりたい!
と思うほど、ファンになってしまい、
これから、Muchaを推していく!
と決めました(笑)



実際に広告のアートディレクターのような仕事に
精力的に取り組んでいた時期の
お酒やタバコのポスター、
Muchaデザインのクッキーの缶、
香水瓶はその一つ一つがセンスのかたまりで
うっとりの美しさ。


これは、シャンパンのポスターですが

めちゃくちゃおしゃれではないですか❤️




その反面、
その収入やパトロンの支援を受けて
本当に自分が描きたいものを描いた作品は
胸が詰まるようなメッセージが
こめられたどっしり重厚な作品で
見ているのが辛くなるほど。



そして、何より興味深いのは、
このMuchaの作品が今でもなお
アーティストに影響を与えていること。


Mucha自身が
日本の浮世絵に大きな影響を受けていた、
ということで、
展示の後半には日本コーナーがあり、
その最後の最後には、
Muchaの影響を受けているという、
水野英子先生や山岸涼子先生の絵の
展示もありました。

小さい頃から、
Muchaはよく知らなくても
こうしてMuchaの影響を受けた
先生方の作品を通して
長い間Muchaに触れていたのかもしれず。

だからこそ、今触れたMuchaの作品が
すっと心の中に入ってくるのかもと思ったり。








ということで大興奮のMucha展。


パワーをもらえました。





それでは、今日は以上です。




お読みくださりありがとうございました。






【似合うを見つける】過去記事


【ファッション〜顔タイプ診断】


ランキングに参加しています。
 

押していただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます😊
 
 


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ