そのセーターを買う前に。 | フィリオとショコラのちいさなおうち

そのセーターを買う前に。

昨日の日曜日は、次男家族が訪れてくれましたので、久しぶりに千里中央公園に出掛けました。

フィリオが左足を引きずるようになってから、初めてのドライブ散歩です。

 

 

 

柔らかな草地では、カートから降ろして放してやります。

すぐくたびれて座りますが、何とかビッコで歩いたり、スキップのように3本足で走ったりも出来ました。

困るのは、中腰の姿勢を長く保持出来ないので、何回もウンチを小分けにすること。

早速、後ろ脚をサポートする「腰ハーネス」を注文しました。

フィリオもついに老犬生活に突入しました。

さて!老々介護のスタートです。かあさんは頑張るぞ!

 

 

秋の陽は釣瓶落としに落ちて、帰り道はすっかり夕暮れました。

 

 

驚いたのは、広い公園のあちこちに、こんな大きな木がと思う大木が根からなぎ倒されていたことです。

先日の台風の強風がどれ程の威力だったか、改めて実感しました。

自然の力の前では、人間はなすすべもありません。

 

 

 

 

 

 

世界中の黄金より素晴らしく、

ダイヤモンドより真珠より素晴らしい、

どんな物質より素晴らしいもの、

それは犬の愛、そして輝く喜び。

(訳:フィーママ)

 

 

 

「弥生、スコットランドはエジンバラ発!」さんのブログより、転載させて頂きます。青字は転載です。

そのセーターを買う前に … 知っておいて欲しい16のこと    

http://scotyakko.exblog.jp/21468014/

2014.1月の投稿記事です。以下転載。

 

1. 全世界のウールの25%は、オーストラリアから来ている

 

c0027188_3533380.jpg


2. 若い子羊の耳には穴が開けられ、シッポは切られ、オスは去勢されるが
 そのほとんどが、麻酔、または痛み止め無しで行われる

 

c0027188_3534980.jpg


3. オーストラリアのウール産業では、毎春、およそ300万頭の若い子羊が死んでおり
 それは 普通のこと と考えられている

 

c0027188_354195.jpg


4. 栄養不足が原因で死亡する子羊もいる

 

c0027188_3541945.jpg


5. この傷は ミュールシング と呼ばれる処置によるもので
 これは、この産業界で標準的に行われるものである

 (ミュールシング : 羊への蛆虫(クロバエ科のヒツジキンバエなどの幼虫)の寄生を防ぐため、

 子羊の臀部(陰部と表現されることもある)の皮膚と肉を切り取る)

 

c0027188_3543683.jpg


6. ミュールシングでは、従業者たちにより、子羊の足とシッポの周りの皮膚を広い範囲で切り取る

 

c0027188_35450100.jpg


7. または、切り取った肉が壊死して剥離(はくり)するまで
 羊たちは万力(まんりき)に似た絞金(しめがね)に取り付けられる

 

c0027188_355579.jpg


8. より多くのウールを生産しようとして、時期的にまだ早過ぎるウールの毛刈り(剪断)が行われ、

 皮膚が露出されることにより、多くの羊が死亡する

 

c0027188_3551730.jpg


9. 温度の高い月に、不自然に過剰なウールを身に付けさせることによって

 熱による疲労困憊で羊たちが死亡する

 

c0027188_3553149.jpg


10. 毛を刈られる(または剪断)の間、ある羊たちは、乳房や耳、ペニスや
 その他おおくの身体部分をも切断されてしまうことに耐えている

 

c0027188_3554512.jpg


11. 目撃証人の言葉から …

 毛刈りの従事者が、羊を、大バサミや刈り機、または拳(こぶし)にて 鼻血が出るまで殴るのを見た  
 顔半分を、はさみで切り取られた羊も見た

 

c0027188_3555764.jpg


12. オークションの間、オリの中に沢山の羊を入れるため ケガやストレスにて死亡することがある

 

c0027188_356963.jpg


13. 年を重ねた羊は、ウール産業にて、その羊たちは不必要となるので 屠殺所に送られる

 

c0027188_3562141.jpg


14. 何百万頭もの生きた羊たちが毎年、船でオーストラリアから
 中東や北アフリカに送られる

 

c0027188_3563117.jpg


15. 2005年のレポートでは … 
 およそ38,000頭の羊が移動中に死んでおり、その死骸は船外に捨てられた

 

c0027188_3564593.jpg


16. ニュージーランドでは、腸の発酵物から出たメタン排出ガスの殆んどが
 羊から出るものであり 同国の90%以上の温室効果ガス放出物に値する

 

c0027188_3565934.jpg


(英文を、私なりに、けれど忠実に訳させて頂きました)
本文は 
16 Things You Need to Know Before Buying That Sweater より。

ウール製品ひとつにしても そこには、やはり動物の命の犠牲があることを …
無駄にせず、考えて選び、大切に使いたいもの
最後まで読んで頂き、ありがとうございます

 

 

利益優先の大量生産工場型畜産では、それぞれの個体の福祉は考えられていません。

難しい事ですが、動物福祉を尊重する生産者を選んで購入し、かつ大切に使い切りたいものです。

今日もお出で下さいまして、ありがとうございました。

 


にほんブログ村