1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-12-29 21:10:30

携帯予測変換バトン

テーマ:今日の出来事

今日、

よく俺のブログにコメントを書いてくださるドーラさん(http://ameblo.jp/do-ra/ )の

ブログを見ていたら、

“携帯予測変換バトン”というものをやっていた。


俺的にすごく面白そうなので、

俺もやってみようと思います。


簡単に、というか俺の勝手な解釈を元に説明すると…


自分の持っている携帯で文章を打つときに

「あ」とか「い」とか一文字だけ入れて

変換すると、直近?で打った単語が出てくる。


あ→ありがとう


とか。


それを50音並べてみると、その人の性格とか人となりとかが

その単語たちから

微妙にわかったり、わからなかったりしてしまうわけだ。

こいつはスゲエぜ…





では、早速はじめてみましょう。


もちろんこれによって

俺が最近買ったおニューの携帯も大活躍。

マジでヤバイぜ。




《START》


あ→悪魔


 のっけからなんだよ、俺…

 いつこんな単語打ったんだよ…


い→いこうと

う→嬉しかった

え→偉そうに


 こんな言葉を使っている俺は

 何様なんだ…


お→お断りします



か→帰ります

き→巨像

く→ください。


 この単語だが、“ください”“ください。”“くださいね”

 と連続で変換されてくるんだが…

 俺はいったい何にそんなに飢えているんだ?


け→系

こ→濃そう



さ→参戦

し→しよう。

す→少し

せ→切実な

そ→ソフト



た→大変だった

ち→近い

つ→伝え

て→帝


 ?

 なぜ帝だけ?


と→と


 “と”だからこういう場合もあるのか…




な→ない

に→によろしく


 ?

 「ブラックジャックによろしく」とか

 そういうアレか?


ぬ→〔変換なし〕


 まあ、そういうときもあるよな…


ね→ね。


 ね。 じゃねーよ。

 なにを賛同させようとしてたんだ?


の→飲んだり


 忘年会シーズンらしく、

 “飲み~”という単語がいっぱい出た…




は→早いよ

ひ→暇なら

ふ→普通に

へ→〔変換なし〕

ほ→欲しいよ


 あれ? 俺なんでこんなにも、もの欲しそう?

 何故に?




ま→マジで

み→妙に

む→向かいます

め→面も

も→持っていこう




や→病めた


 ?

 “病める日本人”とか

 そういうことが打ちたかったんだろうか?

 メールなのにね…

ゆ→ゆっくり帰る


 まあなんだ…

 ひとつ言っておきたいのは

 俺は仕事中に書類を届けたりと、よく外に「おつかい」に出されるが、


 そのときはものすごい早く帰りますよ

 

 っていうことだ。

 

 イヤほんとに…

 

よ→よろしくです。

 

 この言葉、仕事上のメールで見ることもあるんだが、

 ビジネスの場に、この軽さってアリなのか…

 一歩間違えれば、

 ビジネスメールなのに

 

 よろしくです(笑)


 とかなりそうでこわい…

 



ら→来年も

り→龍

る→るんだが


 ?

 すごい謎…

 俺の文章の打ち方に甚だしい疑問がわいてくる…


れ→例の

ろ→六時




わ→ワンダ

を→〔変換なし〕

ん→んどん


 うどんなのか…?

 ていうか“うどん”て入れりゃいいじゃねーか。

 俺はうどんの何を表現したかったんだろうか…




…というわけで、

俺自身でも俺のことがよくわからなくなりました…


思った以上に自分が変な文章を打ってるんでびっくりした。

でも、個人的にかなり楽しめました。






そんなこんなで(?)昨日は御用納め。

今年はいろいろと激変の年で

忙しかったり、焦ったり、体調を崩したりとしてしまいましたが、

年末年始休んで

来年こそしっかり土台固めをしよう、と思います。


(なんでここにきて、いまさらあらたまったような終わり方なんだ?)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-20 18:20:29

携帯のこと

テーマ:今日の出来事

最近携帯をFOMAに変えた。

機種はDoCoMo P701iD。

パッと見のシンプルさが気に入った。


MOVAからFOMAに変えても利用料金はあまりかわらないようだ。


でも、テレビ電話は使わない。

確実に使わないことだろう。

自分自身で恥ずかしくなりそう…


902シリーズになってしまうが、

あのプッシュトークもかなり謎。

使いどころがわからん…


iチャネルは個人的に良いと思った。

画面下にニュースが勝手にテロップみたいに流れてくる。

情報量が少ないのが難点のような気もするが…


ちなみに機種変更料金は2万くらいだったが、

これが902シリーズだと一気に3.5万くらいにはね上がる。

さすが最新機種だ… 全然手が届かない…


操作は、おおまかなところは変わらないようだが、

文字の入力方法とかが微妙に変わっているので

なんとなく違和感。




最近は、よく同期たちと飲む。

今週は職場の人達と飲んだり。

お金がだいじょぶだろうか… 大丈夫だろうか俺…





ゆめの底












岩岡ヒサエ『ゆめの底』


この前表紙だけ見て、なんとなく欲しくなり衝動買い。

ほのぼのとしたタッチの画だが、

その底に暗い部分もあったりで意外とあなどれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-10 17:20:37

風邪と学習会

テーマ:今日の出来事

週のあたまに重い風邪にかかる…

つらかった…


生まれて初めて点滴もうけた。

アレってつけてる間どのくらいまで手を動かしてよいの?

針は柔軟に曲がるっていう話だが。

非常に肩がこった…


お医者さんからも

翌日は会社にいくな、とドクターストップがかかる。

前の会社にいたときでも、こんなにはならなかったんだが…


早退と休みで周りの人に迷惑をかけてしまったのでつらい。




そんな折に

障害者自立支援法の学習会があったので行ってきた。


仕事上これから必要になってきそうだ、ということもあるし、

職場という前線では法規に関する体系的な学習は難しい、ということもある。


先輩職員には、無理は厳禁と念を押されたが、

いまさら心配される歳でもあるまい、

と反抗期の少年ばりの勢いで行ってきた。


正直、途中けっこうしんどかったのは内緒だ…



講義?がはじまる直前くらいから

仕事帰りの施設の職員や福祉関係の人で思った以上に人でいっぱいになった。


ちなみに昼の会では障害者・児の家族が多くきていたそうだ。

今回の自立支援法では

本人・家族の負担が大きな問題になっているからだろう。



講義内容は、

初心者の俺には結構ハードルが高かった…


だが、法律の内容的に疑問が多いのは確か。


現状ですでにうちの施設でも

生活が苦しくて利用料や給食費が払えない人がいるのに

そこからさらに負担増になっていいものなのか…


今、うちの施設にいる障害を持っている人は

自分で貯めたおこずかいでお菓子とかタバコを買ってるわけだけど、

そういうお金までが負担料で消えちゃたら、

彼らにいったいどういう楽しみが残るというんだろうか…



ため息しか出てこないような話が多かったが、

それでも何も知らないよりはましだ。




週末になって、だいぶ風邪もよくなってきた。

健康って本当に大切…

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-03 21:25:21

『ワンダと巨像』

テーマ:ゲーム

ようやく『ワンダと巨像』をクリアー。


ゆっくりペースだったが、飽きずに楽しめた。


もろにアクション色の強いゲームだが、

全編を通していろいろと切ない。


とりあえず巨像を倒すたびに切なくなれるが、

特にエンディングは展開がわかってしまうにもかかわらず

ほろり(?)と悲しい…

果たしてワンダのやってきたことは報われたんだろうか…



ラストあたりのアグロ(馬)のがんばりがすごい。




ちなみに俺はアクションゲームは得意ではない。

微妙なコントローラーの操作が苦手だ…


なぜだかよくわからないが、

俺の意図しないところでワンダが突然前転とかしだしたりする…


あと、後ろで見ていた妹にも

お兄ちゃんの操作って、なんかイライラする

と言われたりもする…


そんな俺でもクリアーできるので

そういう意味でも、『ワンダと~』はおすすめだ。






きょう久々に「ウルトラジャンプ」を買う。

知らない間に『銃夢』がすごい面白くなってた。

ついでに新刊も読んだ。

もう登場人物とか全然わからない…


銃夢Last Order 8 (8)












木城ゆきと『銃夢Last Order』



二瓶勉の『ABARA』もやっていたが、

話が断片的すぎて何がなんだかさっぱり…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-01 20:10:49

ショッピングのこと

テーマ:今日の出来事

最近サボりまくりで申し訳ないデス。




よく銀行に使い走りで行くが、

そのときに先輩職員から、

「窓口の人に書類一式渡せば、むこうがやってくれるから」

と言われるが、

だいたいにおいてそう上手くはいかない…





話は変わるが、


最近休日は同期の仲のよいのと飲んだり遊んだりしている。


引越しを考えているので、

一緒に部屋を見てもらったり、

買い物に行ったり。


この前、渋谷に服を見に行った。



正直、一回就職してからは服に対する興味もそれほどなくなったが、

同期はいろいろと服屋を知ってるみたいだったので、

そのあとについていった。


ブランドショップや古着屋を何軒か見たが、

ブランドの服は高い…

古着のコートひとつが20万って

まったく意味がわからない…


でも、よくよく聞くと

俺の同期は十万台の服なら

モノがいいなら買うらしい。

これが噂の格差社会ってやつか?



そして、その日俺が買ったのは、

トレーニングウェア3000円だ!!



歩きつかれた俺たちは、

男3人であったにもかかわらず、

なぜかハーゲンダッツの二階でパフェを食べた…


仕事の話とか市政の話とか少しした。




全然話は変わるが、

少年チャンピョンで『バキ』が最終回になった翌週に

『範馬刃牙』で再開、

の意味が全くわからない…


バキ 26 (26)












板垣恵介『バキ』



初めてバキを読んだのは高校生のとき。

鎬兄弟の対局だったか…

“紐切り”がヤバイ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-11-24 22:15:19

酉の市

テーマ:思ったこと

21日の酉の市に行きました。


前の会社にいた頃は帰りが遅くなるので、

行ったとしても、もう店はほとんどたたまれているということがよくありました。


そういうこともあったので、

今回酉の市に行くことが、ひそかな僕の楽しみになっていました。


特に目的があったわけではありません。

もちろん熊手を買うわけでもありません。


でも、まつりの間だけは

僕の住む街は普段の街ではなく


普段の路地は、

普段の路地ではなくなるのです。


もしかしたら僕は、

そういった「普段ではないもの」を見たかったのかもしれません。


駅から歩き、とおりを歩き、

屋台の列が見え始めると


そこは確かにいつもある僕の街とは違う、

何か異質な、そういった世界が広がっていました。


僕はビールを一本買って、

それを飲みながら人なみを歩きました。


ビールのせいもあってか、夜店の列は

とてもきれいな眺めにみえました。


近くにあるような

遠くにあるような


意味があることのような

無意味なことのような


そんな夜店の列を歩き、

食べ物を食べ、人の流れに流されていきました。


子供の頃なら、僕はわくわくとしていたかもしれません。

今の自分は、なぜか淡々とした気持ちで


でも、やはりどこかで懐かしいような気持ちもあり、

そういった感情が僕を少し悲しい気持ちにさせました。


毎年かわらないように時間がすぎていると思っていたけれど、

本当はそうではなくて、


昔と同じものをみつけようとしている自分が

少し滑稽なものに思えました。


境内にはいると、

多くの熊手が飾られて


それ以上に多くの人が

熊手を買ったり、お賽銭を投げ入れていました。


そういうふうにして

今年が終わっていくのを、僕は感じました。


もしくは、そういうふうにしなければ

今年が終わっていくことを、僕は感じられないのかもしれません。


屋台の列が途切れ、

暗い夜道に戻ると


そこはもう、非現実世界の路地ではなく

普段の街並みにいることを僕は感じました。


暗い夜道を帰るとき、

僕はさみしいような安心したような、そんな気持ちでした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-15 20:30:19

最近の仕事のこといろいろ

テーマ:公務員の仕事

最近は少し落ち着いてきたような気がする。


公務員になって、

気がつけば一月と半分が過ぎた。

が、いまだに施設の仕事の全貌は見えてこない…


そんな最近の仕事をちまちまと紹介。



■労務管理とか


俺が人の給料などをあずかっている、という時点で

危険な気がするんだが…


でも、そういうこともしている。

給与明細とかもちゃっかり作っている。


臨時職員さんと非常勤さんのものしか扱わないが

でもかなりヘヴィー。


もちろん先輩が、俺の一挙一動をチェックしてくれているが、

仕事がたてこんでくると微妙にそうも言ってられない…


実際に現金を扱う場合は

手続きが強烈に複雑になる…




■物品調達とか


施設にかかわるさまざまな消耗品や備品を買ったり、

修理を依頼するのも仕事。


以前書いたかもしれないが、

物品の種類ごとに予算が決められているので

けっこう厄介。


当初予想通りに物品が買えているうちはいいが、

突発的に大きな機械が壊れたりすると

関係者全員が悩む。


基本的に余っている予算を他の足りない予算に流用するのは

手続きが煩雑。




■電車の中


主に庶務・経理まわりのしごとをしているが、

憶えることがぼう大にあるので

だいたい行き帰りの電車の中では

ずっとメモとノートを読み返すことになる。


最初は苦痛だったが、

意外と慣れる。


あと、労務まわりの勉強のために

年金関係の入門書的な本も読んでいる。

というか読むように先輩に命じられる。




■財務監査


が先日あった。

その準備と回答などでえらい大変なことになったが、

あまり面白い話ではないので割愛…


現場と上の機関の隔たりを感じた…





などなど

いろいろ書きたいこともあるんだが、

面白い話だけでもないので難しいところだ。


もっと仕事の全体的なことが理解できれば

もう少し違う切り口から書けるのかも知れない。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-08 20:10:42

それでも考えるということ

テーマ:思ったこと

今日は普段とは違うことを書こうと思う。



僕は中学、高校、大学に至る間までよくこういうことを考えていた。



たとえば…


空気の中に酸素があるというのは、現在は周知のことだ。

でも、昔(とても昔)の時代の人は「酸素」という言葉がなかった。

つまり、酸素という概念がない。

空気といったら、それは「空気」以外のなにものでもない。

大昔の人にとっては酸素はあってもなくても同じことだ。

じゃあ、そういう「酸素」は本当に存在しているといえるのだろうか?




なぜそんなことをずっと考え続けていられたのか、

今はもうあまりよくわからない。

でも、思い返してみると

僕は折に触れてそういうことを考えていたような気がする。




酸素があることは、

(本当は)僕も疑わない。

でも、物事をそういうふうにシンプルに考えると

世界はあまり広がりを持たない。

そして、なんというか不自然な話だけれども、

僕にとって、

世界がシンプルであるというのは非常に疑わしいことだった。




酸素は目に見えない。

誰もが酸素はあると言っている。

でも、僕が酸素の存在をたしかめたわけではない。

なんとなく人があると言っているから

あるという気になっているだけなのかもしれない。

でも、僕は確かめたわけでもないけれど

空気の中に「酸素」があるという前提で毎日をすごしている。

見たこともない、嗅いだこともない

そんなあやしげなものが“ある”という前提で

僕は毎日を普通にすごしている。

“何”がそれを可能にしているのだろうか?




こう書いていても、あまり楽しくなるような話ではない。

でも、そういう疑問が僕の中には

確かにあった。




まさかとは思うけれど、

「酸素」という言葉がそれを可能にしているのだろうか?

僕が理科の実験のときに

「酸素が…」

といえば、それで普通に話は通じる。

「無色透明の匂いのしない、可燃性はないが助燃性のあるあの気体が…」

とは普通は言わない。

「酸素が…」

と言えばそれで事足りる。

「酸素」は酸素であってそれ以上でもそれ以下でもないようだ。

「酸素」と言えばみんな同じものをイメージするからだ。




いろいろな紆余曲折を省略すると

僕はそういうことを思った。




つまり、僕らが認識しているのは

酸素それ自体ではなくて、

「酸素」という言葉ということだろうか?

目に見えない、音に聞こえないものに対して

“名前をつける”ことで僕らは

かろうじて“見て触れる”だけの世界から

飛び出すことを可能としているのだろうか?




……

という具合に、

僕の問答は際限なく続いていったわけだが…


思った以上に退屈な話になったな……

でも、僕の中では久々に結構アツイ内容だった(ような気がする)…


仕事に必要でもなく、生産的な話でもない。

建設的な話でもなく、目指すべきゴールもない。


それでもなお考え続けたのはなぜだったのだろう?




今、「現実的に生きる」という名目の下に

考えなくなった自分が恐ろしくもあるし、

反対に、それが正しいことのような気もする。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-03 19:25:26

なんとなくダイジェスト

テーマ:今日の出来事

月も変わって、

スキンも変更。

結構お気に入りだったピーナッツ坊やともしばしお別れだ。




ちょっと予想はしていたが、

ココ最近忙しかった。

今日の祝日も危うく出勤するところだ…

油断がならない。



さて、


そんな僕の小さな日常を

今日もダイジェスト的に紹介。



■『ワンダと巨像』


を買った。

かなり面白い。

そして、

最後の一撃はせつない…

かなり切ない。


自分で倒しておいて、

「ああ、巨像よ死なないで…」

とか、思ってしまう。


買った当日は

操作慣れなさすぎて

巨像に登ることすらできなかった。


今日で

巨像8体破壊。

かなりスローペースか…


さりげなく馬のアグロがかわいい…


あと、巨像デカイ。

最初は本当にびっくりした。


ワンダと巨像












SCE『ワンダと巨像』





■お使い


僕のいる施設は市の出先機関なので、

ときどき本庁舎に書類などを届けに行く。


が、


うちの施設は小高い丘の上にあるので

本庁舎までが非常に遠い。

行って帰ってくるだけで午前中が

ほとんどつぶれる…


なんか上手い方法はないか

とも思う。


丘の上からは

木々の切れ間から

下の町並みが

きれいに広がっているのが見える


僕は

その景色を見るのが好きだ。




■なぜか池袋で飲む


こないだ同期と飲む。

フツーは向こう(市)のほうで飲めばいいようなものだが、

なぜか池袋で飲む。


僕がときどき行ったことのあるお店に行った。

とりあえず好評だったようだ。


その店は

カクテルやウィスキー、ワインが

そこそこの数ある。


でも、その店の特徴はお酒よりも

店にDJブースがあることだと思う。

週末になると、

ラジオのDJみたいな感じな人が来て

洋楽専門で音楽をかけてくれる。

(リクエストもできる)


僕はこの店に一人で行ったときに

『クリスタルの恋人たち』(だったかな?)が

かかったときに

ふいになぜか

すごい感傷的な気持ちになってしまった…


あの曲のイントロを聞くと

とてもシリアスな空気を含んだ夜明けの風景が

勝手にイメージされる…




■『20世紀少年』


の最新刊を父ちゃんが買ってきた…

僕の父ちゃんは

急に『AKIRA』の全巻を揃えたりする。

今は浦沢直樹がマイブームなのか?


いまの“ともだち”の正体は誰なんだ?

全然想像できない…


あと、ケンヂはおっさんになればなるほど

カッコよくなっていく…


個人的にはショーグンが好き。


20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1)











浦沢直樹『20世紀少年』

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-26 23:05:31

スピッツのこと

テーマ:音楽

ここ数日は嵐が過ぎ去ったかのような穏やかさ。

静かすぎて逆に怖い…





何故にいまさらスピッツ? と思うかもしれないが、

僕はスピッツがいまだに好きだ。


特に、

最初のアルバム「スピッツ」や

二番目のアルバム「名前をつけてやる」

あたりの売れ線じゃないころが一番好き。


『恋のうた』とか『五千光年の夢』とか

マジでヤバイくらい売れ線じゃなかった。

でも、僕はそういう歌ほどなぜか好き。




ちょうど『ロビンソン』がブレイクした頃

僕はまだ高校生だった。


そんなとき友達にスピッツの「スピッツ」を借りた。


本当にスピッツはすげえ… と思った。

特にその中の『うめぼし』がすごかった。


“うめぼし食べたい…


うめぼし食べたい僕は

今すぐ君に会いたい…”


「え? そうはならないだろ?」って切実に思った。





そんなシュールなスピッツの詩世界にひかれた僕だったが、


今の時点で好きなスピッツの曲は…


君が思い出になる前に [Maxi]









『君が思い出になる前に』






なんかメジャー曲過ぎて申し訳ない…


でもやっぱり好き。


『アパート』とか『夏の魔物』とか

マイナーな曲も好きなんだが、

よく頭の中でリフレインするのは

『君が~』。



“君が思い出になる前に

もいちど笑って見せて…


優しいふりだっていいから

子供の目で僕をこまらせて”




これの入っているアルバム

「クリスピー」もすごい聞いたなあ…

ひとつのアルバムをこんなに何度も聞くことは

今は(そしてこの先も)もうないかも。




あと、これもメジャー過ぎだが

『スパイダー』も好き。


スパイダー [Maxi]










いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。