こんにちわー。
 
MDの「18の論文」の5~7までを訳しました。
まだまだ先は長いわ(笑)
かの有名な英国のヒムスワース先生の論文が
登場します。(グラフが手書きだよ!)
 
******************************************
 
インスリン感受性と耐糖能を最大
まで上げるために高炭水化物食が
最も効果的であることを証明する
18の研究論文
 

5)高炭水化物低カロリー食が糖尿病
患者の炭水化物耐性に及ぼす影響
(Rabinowitch カナダ医学会ジャーナル
1935年)
 
1935年、Rabinowitch医師は、別の論文
を発表しました。
100人の患者を対象にし、50人には従来の
低炭水化物食(カロリー比60%が脂質)を
食べさせ、50人には新しい食事、すなわち
カロリー比24%が脂質という食事を食べさせ
両方のグループの患者たちを5年間経過観察
しました。(訳注:どちらもカロリー制限されて
いると思われます。)
 
脂質60%の食事を食べていた患者たちの
インスリン使用量は一日あたり32.2単位
だったのが31.8単位に減りました。
5年間で1%の減少でした。
 
脂質制限した食事を食べていた患者達の
インスリン使用量は一日当たり24.6単位
だったのが10.6単位になり、57%の減少
でした。
 
高炭水化物食を食べていた患者達の
うち20人がインスリン注射を完全に
やめることができました。
 
一方で高脂肪食のグループでは4人が
インスリン注射をやめることができました。
 
Rabinowitch医師は、脂質制限食を食べて
いた患者たちに以下のようなことが
観察されたと報告しています。
 
・患者達のエネルギーレベルが向上。
・食事の遵守率が対照食より高かった。
・この食事はすべての型の糖尿病に適している。
・糖尿病性昏睡の頻度が有意に減少
・動脈へのカルシウム沈着の減少。
(5年後のX線検査に基づく)
・糖尿病管理が簡素化した。
・患者の結核発症率が非常に低くなった。
 
Rabinowitch医師と共同研究者達は
このように結論付けています。
 
「炭水化物は耐糖能を上げ、脂質は
下げる。また、動物においても人
においても、炭水化物はインスリン感受性
を上げ、脂質は下げる、ということが十分に
明らかになった、と言って差し支えない。」
 
6)高炭水化物食とインスリン効果性
(英国医学ジャーナル Himsworth氏
1934年)
 
Rabinowitch医師と同時期に、ロンドン
医科大学病院の部長であるHimsworth医師
がインスリン感受性についての興味深い
実験を行いました。それによってHimswoth
医師は糖尿病研究の分野でのパイオニア
と呼ばれるようになりました。
 
この実験の対象者は18才から22才までの
健康な男性でした。
 
Himsworth医師が健康な人(糖尿病ではない)
を選んだのは、インスリン存在下で体が炭水化物を
利用できるメカニズムを調べたかったからです。
それで彼はインスリンを正常に産生し分泌している
膵臓を持つ人を選びました。
 
対象者たちに、高炭水化物低脂質食か
低炭水化物高脂質食かどちらかを食べ
させました。
一週間その食事を食べたあとインスリン
感受性が調べられ、次の一週間は食事
を入れ替え、その後またインスリン感受性
が調べられました。
 
この実験は病院内で行われましたので
対象者たちは、指定された食事を100%
遵守していました。
どんなことが生じたでしょう?
 
このように結論しています。
 
「高脂肪食を食べると、高炭水化物食
を食べた時よりも、インスリンはより長く、
よりゆっくり血糖値に作用することが判明した。」
 
高脂肪な食事を食べる環境にあると
耐糖能は悪くなります。
経口ブドウ糖負荷試験を行うと、高脂肪食
を食べている人は、血糖値が200mg/dlぐらい
まで上がります。
しかし高炭水化物食を食べている人は
120mg/dlを超えることがありません。
 
この実験で、彼は食事中の炭水化物の
割合が高くなるほど、インスリンの効きが
良くなるという理論を確立しました。
 
下の図は、高脂肪食と高炭水化物食
(カロリーは同じ)摂取後の同一人物
の50gブドウ糖負荷試験の結果を比較
したものです。
 
(黒が高脂肪食、白が高炭水化物食)

7)健康男性における、耐糖能とインスリン
感受性に及ぼす食事因子
(Himsworth氏 クリニカルサイエンス誌
1935年)
 
1935年、Himsworth医師は健康な若い男性の
小さなグループを用いた別の実験の論文
を発表しました。
5人の対象者はそれぞれ違う7種類の食事を
与えられました。
(1つの食事を7日間以上の期間)
 
下の図は、カロリー比で脂肪13%から80%までの
7種類の食事が与えられた時の、ある一人の人の
インスリン感受性試験の結果です。
 
グラフの右上の影の部分の面積が鍵です。
この部分の面積が大きいほどインスリン感受性が
高いことになります。
 
対象者にインスリン3単位を注射し、インスリンが
血糖値を下げはじめるのにかかった時間と
その下げ幅を計測したグラフです。
 
 

・脂肪80%の食事を食べた場合は、インスリン
の効果が現れるまでに7分かかり、血糖値
を85mg/dlまで下げた。
 
・脂肪13%の低脂質食を食べた場合は
インスリンの効果が現れるまでに2分かかり、
血糖値を70mg/dlまで下げた。
 
結論として、Himsworth医師はこのように
書いています。
 
「標準的なインスリン結晶製剤が血糖値に
及ぼす効果性は食事中の炭水化物の
割合によって決まる、すなわち食事中の
炭水化物が多いほど、体の組織のインスリン
感受性は上がる、ということが示された。」
 
つづく
 


ランキングを楽しんでおります♪応援してね。

にほんブログ村


糖尿病ランキング

こんにちわー。
 
MDの「18の論文」の記事の4番目の論文
のところまで訳しました。
年代順になってるようなので、まだ私が
生まれる前の論文たちです。
 
訳しててしみじみ思うのは、糖尿病って
奥が深い病気で、今でさえもまだ未知の
部分が多いということ。
 
「血糖値を上げるのは炭水化物だけ
だから、それを制限すればいいだけ」
という見方はあまりに短絡的で
体全体の健康という視野を失って
しまうことにもなりかねません。
私は「断糖高脂肪食」は特に耐糖能に
異常がある人には長期的なリスクが
かなりあるんじゃないか、と思ってます。
 
また、糖質制限を勧めず、糖質も
ちゃんと摂るよう指導するドクター
を「不勉強」とか「金儲け」とか
決めつけるのも違うと思うのです。
 
私自身は、MDやバーナード先生たち
プラントベースドクターが勧める
低脂質で高炭水化物のホールフード食
で素晴らしく調子はいいですが、
これが絶対的正解と言うこともでき
ませんし、実践もそれほど簡単なこと
ではないので、無理に勧めるつもり
はありません。
 
でもこんなアプローチがあり、この
アプローチで2型糖尿病を逆転させて
いる人が世界中にたくさんいて、今も
続々と増えているということを伝え
続けていきたいな、と思います。
 
*****************************************
 
インスリン感受性と耐糖能を最大
まで上げるために高炭水化物食が
最も効果的であることを証明する
18の研究論文
 
 
2)ブドウ糖耐性試験に影響を
及ぼす食事因子
(Sweeney氏ら 内科学アーカイブ
1927年)
 
1927年、J.Shirley Sweeney医師は、
23人の男性医学生をグループに分けて
行った興味深い実験を発表しました。
 
1番目のグループの人たちには白身肉と
卵白中心の高タンパク食を食べさせました。
 
2番目のグループの人たちには、油、
マヨネーズ、クリーム、バターで構成
した高脂肪食を食べさせました。
 
3番目のグループの人たちには食事を
与えず、2日間断食をさせました。
 
4番目のグループの人たちには、砂糖、
キャンディ、菓子パン、パン、ポテト、
シロップ、果物、玄米、オーツ麦など
の高炭水化物食を食べさせました。
 
そして全員に経口ブドウ糖耐性試験を行い
ました。その結果は興味深いものでした。
 
高炭水化物食のグループがブドウ糖耐性
が最大でした。
2時間後の血糖値は、高炭水化物食の
グループが平均96mg/dlでした。
高炭水化物の加工されたジャンクフード
を食べていたにもかかわらず、この数値は
正常と判定される数値です。
 
高脂肪食のグループの2時間後血糖値
の平均は173mg/dlでした。
たった2日間の高脂肪食で、糖尿病ではない
医学生が2型糖尿病の兆候を示したのです。
 
(上から、断食、高脂肪食、高たんぱく質食、
高炭水化物食。高脂肪食グループは
60分後の血糖値が200を超えている)
 
この結果を見てSweeney医師はさらなる
実験を行いました。
 
高脂肪食を食べて、血糖値を最も上げた
グループの生徒達に今度は高炭水化物食を
食べさせ、逆に高炭水化物食だったグループの
人たちに高脂肪食を食べさせました。
 
これらの生徒達は食事を切り替えた途端
血糖値も急激に変化しました。
 
高脂肪食を食べた人たちは血糖値が
190mg/dlを超え(糖負荷試験後)
高炭水化物食を食べた人たちの
血糖値は100mg/dl以下でした。
 
これは、食事中の脂質を増やしたこと
(エネルギー源を炭水化物にしない)
に反応して高血糖が生じることを明確
に示した最初の論文です。
 
3)高炭水化物低カロリー食が糖尿病
患者の炭水化物耐性に及ぼす影響
(Rabinowitch氏ら カナダ医学会ジャーナル
1930年)
 
1930年、Israel Rabinowitch医師は
彼の患者達に高炭水化物低脂肪食を
試し始めました。
 
彼はとても秩序だったアプローチを用いました。
患者達に積み木を使って、食事の量を
理解するよう教えたのです。
 
彼の食事プランは次のようなものでした。
 
・朝食:卵一個、フルーツ1つ、バター10g、
パン3切れ、低脂肪牛乳110㏄。
・昼食:肉もしくは魚42g、野菜、果物、
パンとバターと低脂肪乳は朝と同じ量。
・夕食:昼食と同じ。
 
 
パンだけで一日の炭水化物量は162gで、
これは当時の糖尿病治療食よりも大幅
に多いものでした。
 
ベーコン、脂肪の多い肉と魚、クリーム
は禁止し、一日の脂質量は総カロリー
の約24%であることを明確にしました。
 
対象となった50人の患者について
Rabinowitch医師は次のような結果を
報告しました。
 
・インスリン依存性(1型)の患者は、
インスリン注射の必要量が減った。
 
・インスリン非依存(2型)の患者では、
炭水化物を追加しても、インスリン注射の
必要量は増えなかった。(増えると信じられ
てきたが)
 
・すべての患者において血糖値コントロール
が改善した。
 
・すべての患者においてコレステロール値
が低下した。
 
この実験で特筆すべきことは、患者達
はカロリー制限はされておらず、実験前
と実験中の食事のカロリーはほぼ同じ
であった、ということです。
 
4)糖尿病治療における高炭水化物
低脂肪食の現在の状況
(Rabinowitch氏 カナダ医学会誌
1932年)
 
1932年、Rabinowitch医師は、高炭水化物
食が低炭水化物食と比べて血糖値コントロール
を改善し体全体の健康状態も良くしたという
500人の患者の結果を論文発表しました。
 
Rabinowitch医師の成果の多くは、患者に
高炭水化物食を食べ続けるよう指導する
その指導力によるものです。
 
この論文でRabinowitch医師はこう書いて
います。
 
「糖尿病は、インスリンの分泌障害に
よるものではなく、インスリンの正常な
作用が阻害されていることによるもの
と思われる。」
 
この論文でRabinowitch医師は、ほとんどの
糖尿病患者ではインスリン分泌に問題が
あるのではなく、高脂肪食がインスリンの
作用を干渉している、と述べています。
 
つづく
 
 


ランキングを楽しんでおります♪応援してね。

にほんブログ村


糖尿病ランキング

こんにちわー。
 
前回予告していましたMDの記事
途中まで訳しましたので、とりあえず
アップします。
 
18の論文を紹介する長い記事ですが
まだ最初の一個だけです(笑)
 
サイエンス系の記事はいつもサイラスが
書いていて、ロビーが書くのは珍しい
のですが、ロビーの記事からもその
熱い想いがすごく感じられます。
 
アメリカでもまだまだこうやって
何度も何度も同じようなことを
書き続けないと、「糖が毒」(脂肪や
動物性タンパク質のリスクなどは
無視)と主張する声にPBWF推進派
の人たちの声はかき消されてしまう
のかもしれませんね。
 
************************************
 
インスリン感受性と耐糖能を最大
まで上げるために高炭水化物食が
最も効果的であることを証明する
18の研究論文
 
Robby ↑
 
あなたは、低エネルギー、体重増加、
高コレステロール、高血圧、2型糖尿病
に悩まされていますか?
 
血糖値を上手くコントロールし、慢性疾患
を逆転するためには何を食べたらいいのか、
ということで混乱していますか?
 
病気の永久的な解決策を求めてインターネット
上にある対立する情報を読むのに疲れて
いますか?
 
もしそうなら、この記事を読むのは正解です。
 
この記事では、インスリン抵抗性、高血圧、
高コレステロール、2型糖尿病など多くの
慢性疾患を逆転させるにはどんなものを
食べたらいいのか、約100年前からの
エビデンスに基づく研究結果に基づいて詳しく
説明します。
 
私はどのようにインスリン感受性を
600%以上上げることができたか。
 
私の名前はロビーです。私は2000年1月
26日に一型糖尿病と診断されました。
その時私は12歳で、標準的なアメリカ人
の食事(SAD)をしていました。
 
10代の私は、アレルギー、繰り返す
ニキビ、足のイボ、足底筋膜炎など
多くの健康問題を抱えていました。
 
2002年に、私はマルチビタミンなど
様々なサプリメントを使い始めました。
父親がネットワークビジネスでサプリ
を売っていたのでその影響を受けた
のです。
 
このことが、栄養と食べ物が
自分の健康に及ぼす影響について
考えるきっかけとなりました。
2003年に、別の食事アプローチを
始めました。
標準的なアメリカ人の食事の悪影響
についての情報を読んだからです。
 
何を食べるかについて、意識の高い
決定をしたかったのです。
 
最初はワトソンA.プライスダイエット
です。これはグラスフェッド牛肉と
非加熱の牛乳を多く含む食事でした。
 
この食事は加工食品を完全に排除
するので、そのせいで体調は少しだけ
良くなりましたが、糖尿病については
何の改善も見られず、インスリン注射
の必要量も変わりませんでした。
 
2006年初めに、私は自分の人生を永遠
に変えることになった本と出会いました。
 
それはKevin Trudeauの「自然治癒力:
彼らがあなたに知ってほしくないこと」
という本です。
 
私は1型糖尿病は治る、自分も治せる、
いつの日かインスリン注射が必要で
なくなる、と信じていたことを思い出します。
 
この本を読んだことで、自己免疫について
幹細胞が新しいβ細胞を産生する仕組み
について学びたいと思い始めました。
1型糖尿病を治せるなら、どんなことでも
やってみようと決意したのです。
 
(注:Kevin Trudeauは誤った健康情報
を主張し、不正な医療アドバイスをした
罪で逮捕されました。
私は彼のアドバイスには従わず、単に
彼の本によって、エビデンスに基づく
生活習慣の変更についてもっと学ぶ
ための種をもらっただけです。)
 
2006年の9月に、私はRaw for 30days
(30日の生食?)という映画を見て
影響を受け、すぐにプラントベースの
ケトジェニックダイエットを始めました。
 
プラントベースのケトジェニック食を
食べれば、いずれインスリン注射を
完全にやめられる、と聞いて期待した
のです。
 
プラントベースの高脂肪食を食べる
のですから、カロリーの多くを植物油、
ナッツ、シード類から摂ることになりました。
同時にかなりの量の緑色葉物野菜も
食べました。
 
一日の炭水化物摂取量は約30gにして
インスリン注射量は最低限にしました。
(基礎とボーラスを合わせて一日10単位くらい)
 
私の炭水化物/インスリン比は3g/1単位
でした。(これはシンプルなインスリン
感受性の指標です。)
 
つまり、口から3gの炭水化物を入れる
ごとに1単位のインスリンが必要という
ことです。
 
専門的な検査機関で費用をかけてインスリン
感受性を計算する方法はたくさんあります。
 
私達が使えるシンプルで信頼性の高い
指標は、一日の70-100%の時間において
血糖値を70-180mg/dlの間に保っている日の、
一日の総炭水化物摂取量と一日の総インスリン
使用量の比率です。
 
インスリン感受性=
24時間炭水化物摂取量/24時間インスリン使用量
 
私は体のエネルギーがなくなってしまい
何度か学校を早退するほどになったので
プラントベースのケトダイエットを
中止しました。
 
プラントベースのケトダイエットが
本当に1型糖尿病患者にとって安全
なのかわからず、怖くなったのです。
 
(注:この方法の提唱者のCousens医師
は現在は1型糖尿病患者を診ていませんし
彼の治療施設へ受け入れていません。)
 
2006年10月ごろ、私はDoug Graham
(カイロプラクティックドクター)
のポッドキャストを聞きました。
フルーツと葉物野菜を主体とする食事
の益について語られていました。
 
彼の話すことすべてが納得がいき、
私は炭水化物の多い食べ物を増やして
みて、どんな効果があるか見てみる
ことを決心しました。
 
たった1,2週間で自分のインスリン
感受性が急激に上がるのがわかりました。
最初は炭水化物/インスリン比が3g/単位
だったのに、1,2週間で24g/単位にまで
上がったのです。
 
私は、一日に750gの炭水化物を食べて、
インスリン注射量は約34単位という日が
ありますが、これは24時間のインスリン
感受性が22g/単位、ということです。
 
プラントベースのケトジェニック食を
食べていた時と比べると、その時は
3g/単位でしたから、6倍になったという
ことです。
 
実は私のインスリン感受性はもっと高い日も
あります。
 
私のインスタグラムをフォローするなら
私の日々の炭水化物摂取量とインスリン使用量
と装着しているDexcom G6 CGM(リブレのような
持続型血糖値モニター)のグラフを見ることが
できます。
 
私の一日の総インスリン量は増えていますが、
この現在のインスリン使用量は私の膵臓の
β細胞がもし正常に機能していたら分泌して
いる量だ、ということを理解することは重要です。
 
健常人の膵臓が分泌するインスリン量は
一日あたり30‐50単位であることが
わかっているからです。
 
私が低脂肪のプラントベースホールフード
食に移行した初期には今までにないほど
エネルギーが高まりました。
 
私は今まで名前も聞いたこともないような
フルーツを食べ始めました。
マメイ・サポーテ、サポディラ、パーシモン、
ブラック・サポーテなどです。
 
現在、そこから13年たちましたが、私はこの
食事を食べ続けています。
すばらしく気分がいいし、インスリン感受性
を最大限に上げてくれるからです。
 
私は一貫性の達人となり、この一貫性の
おかげで、自分の血糖値を精密にコントロール
できます。
 
今、私はこれまでの人生の中で最高に
体調が良いです。皮膚はきれいで、
季節性のアレルギーもなくなりました。
足底筋膜炎も治り、最も重要なこととして
私のインスリン感受性は常に高いのです。
 
残念ですが、私は1型糖尿病を治すため
の答えはまだ見つけることができて
いません。
 
しかし一つのことは皆さんに約束できます。
私のインスリン感受性は例外的なものでは
ないということです。
 
私が経験した、急激なインスリン感受性の
変化は、科学的に詳しく、しっかりと説明
されていることであり、それは私の人生を
変えました。私達が指導してきた何千人
もの人の人生も替えました。
 
この記事では、私が行っているのと同じ
アプローチ、すなわち低脂肪のプラント
ベースホールフードの栄養療法がインスリン
感受性を最大限に上げるという事実を明確に
示したエビデンスに基づく研究の約100年
の歴史を学びます。
 
インスリン感受性についての科学的研究
 
この記事では1926年まで遡って、18の
査読済みの論文を要約します。
 
これらの論文の多くは、ランセット、
ニューイングランド医学ジャーナル、
アメリカ医学会雑誌、内科学アーカイブ、
糖尿病治療などの最も権威のある医学
雑誌に掲載されたものです。
 
これらすべての研究は一つのシンプル
な点を示しています。
 
「食事中の脂質はインスリンの作用を
阻害する」と言う点です。
 
食事中の脂質が増えるほど、インスリンの
効きは悪くなるのです。
食事中の脂質の量を減らすほど、インスリン
はより効果的に働くようになります。
 
これから取り上げる18の研究のうち5つは
インスリン感受性を直接測定することは
していません。しかし耐糖能については
調べていて、そのデータはインスリン感受性
が向上したことを間接的に示しています。
 
1)糖尿病治療における高炭水化物食の使用
(Sansum氏ら アメリカ医学会ジャーナル1926年)
 
1920年代半ば、Sansum医師たちは、高炭水化物
の食べ物を多く含む食事を試し始めました。
 
インスリンは1921年に発見されました。
この発見より前の時代では糖尿病は
確実に死に至る病でした。
 
患者は低炭水化物で体カロリーの食事
を食べるよう指示され、生活の質は
低い状態でした。
 
患者達はエネルギー不足となり、思考力
が落ち、食事はおいしくないものでしたから。
 
1926年、Sansum医師は、彼の150人の
患者を対象にした論文を発表しました。
彼いわく「過激な試み」というものです。
 
彼は患者の食事に白パン、じゃがいも、
低脂肪牛乳、フルーツなどを加え、
高炭水化物な食材を増やしたのです。
 
この目的は患者達の気分を良くし、生活の
質を向上させることでした。
この目的も達成できましたが、驚いたことに
患者達のインスリン必要量は変化しなかった
のです。
 
この食事は単に高炭水化物の食べ物を
追加しただけで、依然として高脂肪食
(カロリーの43%が脂質)でしたが、
全体の脂質量が減ったことで、結果的
にインスリン感受性が有意に向上した
のです。
 
炭水化物をかなり増やした食事を食べると、
Sanusum医師の患者達は同じ量のインスリンで、
より多くのグルコースを血液内から組織内に
取り込むことができました。
 
インスリン作用が改善したことが示されたのです。
 
加えて、Sansum医師は患者に見られた以下の
ような有益なことを報告しています。
 
・身体的および精神的活動力が正常化
・血糖値コントロールが楽になった
・心臓血管系の健康状態が改善
・食事がおいしくなった
・制限されている食べ物への渇望が減った
・食費が安くなった

つづく
 
 


ランキングを楽しんでおります♪応援してね。

にほんブログ村


糖尿病ランキング