こんにちわー。

昨日無事に月間走行距離の目標の
150㎞をクリアしました。
今日はちょっと寝坊したので、サクっと
短めに走っておいたのですが、明日は
休日なのでじっくり長く走る予定。
明日は絶好のラン日和の天気みたい。
今まで走ったことのない道に行って
みようと思います。

昨日、ネットフリックスで「風が強く
吹いている」の映画を観ました。
昨日は半分観て、今夜後半を観ます。
 

弱小の大学陸上部の10人が箱根駅伝
を目指す、三浦しおんさん原作の話。

主人公の1人、天才ランナーのカケルの

役が林遣都さんなんですが、彼のランニング

フォームの美しいこと!うっとり見とれてしまいます。
元々才能がある人なんでしょうね。
 

ネットでググったら、役作りのためにプロから

指導を受け、毎日10㎞のランを義務付けられて

ひたすら走り込んだみたいです。
本人は「走ることは好きではない」って言って

ますが。
素晴らしい素質ゆえ、陸上連盟から「陸上を

やらないか」とスカウトまでされたとか・・
 

もう1人の主人公のハイジは小出恵介さん。
彼の走りもレベルが高いです。
(でも、今はどうしてるんでしょうね・・)

今日は新じゃがを蒸して、大豆ヨーグルトと

マスタードなどでポテトサラダを作り(茹でレンズ豆

と人参とブロッコリーを入れました。)それを今夜のうちに、

レタスとトマトとともにパン(厚切り!)に挟んでサンドイッチを

作っておいて、明日の朝ラン後の朝食にします。
小麦粉と酵母だけでできてるけど、白いパンなので、

まったくPBWFではないんですけどね、週に一度くらいは、

たくさん走ったご褒美として。
 

明日は「ポテサラサンド!ポテサラサンド!」と頭の中

で連呼しながら頑張って走ろうと思います。

最低でも10KM走りたいです。

今日は高知からふるさと納税の返礼品が。
ツイッターで見た「満点の星大福」ってのがすごく

美味しそうで、食べてみたくて。
ほうじ茶が仕込まれてるんですよ。


冷凍で届いたので、ちょっとづつ解凍していただきます。
これもまったくPBWFではございません。
かなりけしからん類のものです。(笑)
どれも一個150kcalほどですので・・(だから痩せないのよねえ・・)

今日はフォークスオーバーナイブスのサクセスストーリー

からリウマチ科の医師が自身のリウマチの寛解に

成功してPBWFを診療の柱としている、というお話。
ちょっと感動しました。
PBWFの力ってやっぱりすごいです。
体内の慢性炎症を鎮めてくれる力があるんですね。
 

慢性炎症は2型糖尿病の元凶の一つですから、

PBWFは効果が大きいのだと思います。

***********************************
 

 

リウマチ専門医として、プラントベース食
で自分自身と患者さんたちを助ける。

By Micah Yu医師, 2021年2月19日

私は典型的なアメリカ人の食事で育ちました。
ファストフード、フライドポテト、ステーキ、ピザなど

が日常的でした。
 

17歳の時、もっと体を強くしたいと思い
アトキンスダイエット(糖質制限食)を行いま

したが、結局痛風になり、通風性関節炎を

発症しました。
 

その後何年か、繰り返す燃えるような痛みに
苦しみました。

そのうち、痛風の痛みは別の種類の関節炎に
変わっていき、何か所もの関節に及んでいきました。
その時は医科大の学生でしたので、自分の症状
の説明がつかないことに苛立ちました。
何人かのリウマチ専門医を受診しましたが
どの先生も私の症状について説明できませんでした。
 

炎症マーカーは高かったのですが、血液検査の他の

項目では自己免疫性疾患の兆候は見られなかったのです。
時々、食べ物が痛みに影響を与えているような気もした

んですが、そのパターンを見出すことはできませんでした。

●ターニングポイント

医学部の学生だった間、私は不健康な冷凍食品や

ファストフードをたくさん食べました。
そうしないと勉強や課題をこなすことができなかった

からです。
 

私の食事は20代の間は改善されていきました。
新鮮な野菜や果物を増やし始めたのです。
しかし、相変わらず動物性食品はたくさん食べて

いました。

2015年、私と妻のメリッサ(医師)は二人とも
ロマリンダ大学で専門科研修医(レジデント)
として働きはじめました。
 

カリフォルニア州ロマリンダは、アメリカで唯一の

ブルーゾーン(長寿地域)で、ベジタリアンとヴィーガン

の人口がとても多いのです。
メリッサはここの住民の多くが80代でも90代でも

活発で健康なことに驚きました。
そのため妻は生活習慣介入医療に関心を持ち
2017年に、彼女自身のいくつかの健康問題の
ためにWFPB食をやってみる決心をしました。

最初、メリッサは私にもWFPB食を食べさせよう

としましたが、私は好きになれませんでした。
 

しかし、何か月かがたち、私もWFPB食に興味が

沸いてきました。
マイケル・グレガー博士の「食事のせいで死なない

ために」を読み、フォークスオーバーナイブスの映画を

観ました。
 

そして2018年の5月、私もWFPBをやってみようと

決心したのです。

●素早い結果

食事の切り替えは私には本当に挑戦でした。
肉とファストフードをやめるのは問題なかったのですが、

スーパーにずらっと並んでいる数々の加工食品を避ける

のは難関でした。
ポテトチップや他のジャンクフードの誘惑に抵抗する

のは大変でした。

しかし、PBWFを始めてから週ごとに痛みやこわばりが

減っていくことに気が付きました。

3か月後には、痛みと炎症が大きく改善し、燃えるような

痛みがなくなりました。これには本当に驚きました。
もう鎮痛剤さえ要らなくなったのです。
最高の気分でした。
 

血液検査をしたところ、炎症マーカーのCRPが

陰性になりました。10年間ずっと陽性だったのに!

「痛みがない」ことに勝るものはありません。
 

私はこの新しいライフスタイルを続けていく決心を

しました。

●人生が変わる

現在も私はWFPBを首尾よく続けています。
この食事法は間違いなく私の人生を変えました。
友人や家族にも影響を及ぼし、彼らも植物をたくさん

食べるよう努力しています。

また、私のリウマチ専門医としての診療方針も

変えました。
WFPBを重視した生活習慣介入医療が今の私の
診療の基本になっていて、患者さんたちの症状が

楽になるのを助けることができていることに満足

しています。
 

そして私はソーシャルメディアを使って自己免疫性

疾患とプラントベース栄養について語って啓蒙活動

をしています。

「痛みがない」ことに勝るものはありません。

 

*************************************

2型糖尿病完全ガイド

インスリン抵抗性改善ダイエット

高炭水化物食で2型糖尿病を逆転させる

糖尿病についての間違いトップ3

糖質制限の長期的影響

糖尿病をスーパーパワーに!

 

 


ランキングを楽しんでおります♪応援してね。

にほんブログ村


糖尿病ランキング

 

 

 

 

こんにちわー。

昨日は休日。朝に2時間ランに挑戦しよう、
って思ってたけど、寝坊してしまい、
走っていても気ぜわしくて、結局1時間20分、
距離13㎞で終了。(1時間過ぎると走るのに
飽きてくる・・・まだまだ根気がない。)
 

ペースはずっと1kmあたり6分8秒あたりを
キープできました。
 

昨日は10㎞ではまだ足も疲れていませんでした。

13㎞の後の200mはダッシュできましたし。
コツコツ走り続けてると走力はついてくるようです。
 

去年の今頃は、朝ランはしてなくて週に
2,3回お昼に走ってただけ。
3㎞走れば満足してて初めて4km走れた
ときはすごくうれしかったという記憶が。
 

去年は、「次の地元の大会では5㎞の部に

出れるかなあ、無理かなあ」なんて考えてましたが、
今や5㎞じゃ物足りなくなってきたような(笑)
 

こんな年からでも、20年以上糖尿病の体でも
体力や走力は上がるんですね。
WFPB食の神秘的な力は大きいと思います。

さてさて、最近「単純な肥満型2型糖尿病は
インスリン抵抗性を下げれば治る」とか
「インスリン分泌低下型だとインスリン
抵抗性は低いから、抵抗性を下げるアプローチ
は功を奏しない。」とか「遺伝の2型だから
生活習慣が原因ではない」(?)とか
いう説を目にしますが、私は人間の体も
2型糖尿病もそう単純なものではないと
思うんです。
 

どんな2型もインスリン抵抗性と分泌低下が
両方存在し、脂質代謝異常と糖代謝異常
の両方が存在してるんじゃないかな。

例えば私は、発症した頃は単純な肥満型
だったかもしれませんが、対処が甘かった
ので、インスリン抵抗性+高インスリン血症
というステージはとっくに終わってしまっていて、

一昨年、昨年と血中インスリン値を調べたけど、

下限ギリギリ。雀の涙。
 

だからインスリン抵抗性の計算式では抵抗性は

ない、って判定になります。
 

でも低脂質PBWF食(つまり高炭水化物食)で

インスリン抵抗性を下げるアプローチがうまく

行ってます。
 

雀の涙のインスリン分泌で、この年齢ですから

若い人のような5台前半とか4台とかのA1cに

なるとは思えませんから、無投薬で炭水化物

しっかり食べてA1cを6前後キープってのを目標に

してて、今のところそれを1年半ほど維持できています。
 

私は2型糖尿病には程度の差はあれ必ず
インスリン抵抗性が関わってると思いますし、

生活習慣も関わってると思います。

そして、みんな血糖値ばかり気にするけど
インスリン抵抗性も膵臓のβ細胞の障害も、

その原因の一つに「脂肪毒性」があるのを

忘れてはいけないと思います。

過剰な遊離脂肪酸により耐糖能が悪化すること
を脂肪毒性といい,インスリン作用の障害を
(広義)の脂肪毒性といい,インスリン分泌能
に及ぼす悪影響を膵β細胞脂肪毒性(狭義の

脂肪毒性)と呼ぶ。

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/100/4/100_983/_pdf


(先日紹介した北里大の実験でもわかるよう
に、高脂質で添加物いろいろ入った低糖質

スイーツは血中遊離脂肪酸を上昇させ、下がり

にくくするのですよ。
「今この時」の血糖値を優先するのか長期的な

耐糖能を優先するのか、それは人それぞれですが。)

私は相変わらず、ちょっと油断すると体脂肪が増えて

しまいます(笑)
昨日久々にジムで体組成計に乗ったけど、こんなに

走って、ジムも通ってるのに脂肪量、最近全然減らないし、

むしろ微増してるし・・・筋肉量は増えないし。
唯一最近グンと増えたのは「脚点」。
これはランのおかげですね。
 

もう、体組成計の記録紙を見つめたまま

ため息しか出て来ず、心が折れそうになりました。

(きっと冬だからだわ!と自分に言い聞かせました。

野生動物も冬は脂が乗りますからっ!)

雀の涙のインスリンでも脂肪の同化能力は衰えて

ない。人体の神秘です(笑)

どうも、筋肉と肝臓にはインスリン抵抗性があるけど、

脂肪組織はインスリン感受性がビンビン!って気がする。

いいのか、悪いのか・・・

でも、また順天堂大の発表ですが、痩せ型の日本人

男性の2型糖尿病では脂肪組織にもインスリン抵抗性が

あって、「脂肪貯蔵機能」の低下が代謝異常の本質的な

原因であることがわかったようです。

 

 

痩せ型だからインスリン抵抗性は低い、
とも言えないんですね。
 

「脂肪をきれいに整えて蓄える能力」
(変な場所ではなく、あるべき場所(皮下)に!)
ってのが大事みたいです。
たぶんデブ族の人はそれが本来得意なんだけど、

身の程をわきまえないで肥え散らかすと破綻する

んですよね(笑)

痩せ型の人はなるべく脂質代謝を亢進させず、

質のいい糖質をちゃんと取って(分食してでも)

糖代謝をしっかり回して運動して筋肉増やしていく

のがいいようにも思います。

遊離脂肪酸は体脂肪が分解されるとき出てきます

から、2型糖尿病の人はあまり過激に「体脂肪を

ガンガン燃やす」ってことも避けるべきなのかな。
(それでも大デブ族の人の場合は、痩せるメリット

のほうが上回るのかも・・)

堀江先生も今日、こんなツイートを。




なんかいろいろ考えさせられました。
 

私も若いころはとにかく痩せたくて「脂肪燃焼」

サプリに飛びついてました。
カルニチンとかガルシニアとかエフェドリン系・・
(効果はあったような、なかったような・・・)
 

体脂肪は「糖質の炎」でゆっくりゆっくり溶かして

その場でエネルギーとして消費していないと

いけないみたい。

もちろん、口から余分な脂肪も入れないほうが

いい。(とはいえ、どう頑張っても一日20gぐらいは

脂肪食べちゃうなあ・・。)

しかし、断糖高脂肪食で、ほぼ脂質代謝だけで

何年も生きていても、代謝異常は出ない人もいる、

ってのも事実でこれもまた人体の神秘です。

そして、食事もPFCバランスや糖質量、
脂質量だけでは語れない複雑なもの。
 

未加工の色とりどりの植物には不思議な力が

いっぱい。日々実感しています。

先日スーパーに言ったら、特設コーナーに

「低糖質スイーツ」が積まれてました。

(ホワイトデー狙い?)
ドーナツやワッフルやパウンドケーキ。
袋の裏を見ると、謎めいたカタカナの成分が

ずらずら。そして例外なく高脂肪。

「精製糖質の過剰は良くない」のは
真実ですが「糖質オフ製品は体にいい」
は絶対間違い。(笑)
ああいうのをたくさん食べるくらい
ならシンプルな質のいい材料を使った
本物を食べるか、フルーツや芋食べる
ほうがいいと思うのだけど。

「こういうものに2型患者たちが惑わされ

ませんように」と祈りながらそっと棚に

戻しました・・・

ところで、不可抗力で発症してしまう
「遺伝の2型糖尿病」ってのも本当に
あるんでしょうか?
 

私の場合、母も兄も2型ですけど、遺伝
が原因とは思ってません。母の両親は
糖尿病じゃなかったようですし。
 

ただ、母も兄も私も「食い意地デブ&酒飲み」
(私はもうお酒はやめました!)
アブラものも甘いものもジャンクも大好き!

母なんて、豚肉の脂身の部分だけを取り分けて

食べるくらいの脂好きでした。

つまり、やはり「その家庭の生活習慣」では
ないかと推測しております。

 

*************************************

2型糖尿病完全ガイド

インスリン抵抗性改善ダイエット

高炭水化物食で2型糖尿病を逆転させる

糖尿病についての間違いトップ3

糖質制限の長期的影響

糖尿病をスーパーパワーに!

 

 


ランキングを楽しんでおります♪応援してね。

にほんブログ村


糖尿病ランキング

 

 

 

こんにちわ!

今日もポカポカ陽気です。今朝は5㎞ちょっと

走りました。今月の累計距離、130㎞を越えました!
明日は休みなので、明日こそはゆっくり長く
走るのをやってみたいです。まだ2時間以上
走ったことがないので2時間越えを目標に。

昨日、ヤフーニュースでこの記事を見ました。
大分県の「姫島」という小さな島の話。

 


大分県の男性の寝たきり期間は全国1位の10.29年、
女性は全国3位の13.89年でした。
その大分県にあって1.42年の姫島は、飛び抜けて
健康寿命が長い島だったのです。


これ読んでびっくりしたのは、今の日本、
女性の寝たきり期間平均は10年を超えてるの?
 

別のソースで調べると平均12年余りだって・・

10年以上も寝たきりでいるなんて辛すぎる・・
私のような独り者で子供もいない人は

そうなったらどうやって生きていけばいいの?
しかも年金は国民年金だしさ・・・
施設だって空きがないと入れないような現状

ですしね。

そんなこと考えると背筋が寒くなります。
ある日、ランの途中で心臓が止まる・・
そんな最期のほうがいいわ~。

糖尿病の数値だけ良くなっても
自立した生活ができなくなるようじゃ
何の意味もありません。

で、そんな姫島の食生活はというと、

魚介類は姫島の貴重な産業製品なので、
島内ではまったくと言っていいほど消費

されません。

姫島の人びとの日常食は、畑仕事にいそしんで

自作する野菜と海岸で獲る海藻(特にひじき)、

そしてサツマイモ中心でした。
要するに食物繊維がたっぷりの日常食です。
これは腸内環境を良くする食習慣の典型です。

 

ただし忘れてならないのは、畑仕事と海藻獲り

による豊富な運動量です。

菜食+運動のようですね!

この記事を書かれた先生、ある菜食主義の
ご一家の便を分析した時のことにも触れら

れています。

このご一家のウンチを分析すると、
フィーカリバクテリウム(=大便菌)とラクノ
スピラという腸内細菌が、特徴的に多く
検出されたのです。
つまり、菜食主義者のウンチからは、
これらの菌が多く検出できるということです。

これらの菌は「酪酸産生菌」と呼ばれ、
「食物繊維」から「酪酸」という物質を作ります。
その酪酸は、がん細胞の抑制、腸粘膜の正常化に
よる免疫向上、腸管機能向上効果による消化・吸収
の促進など、有益な健康効果があることがわかって
います。

大便菌に代表される酪酸産生菌が弱っていると、
たとえば風邪をひきやすくなるなど、体の衰え
をもたらすことがわかってきていました。


酪酸(短鎖脂肪酸)の効力の一つが腸からの

インクレチン分泌促進による糖代謝の改善です。

私は去年の7月にマイキンソーで腸内細菌
の状態を調べてもらったんですが、その結果を

改めて確認してみますと、このフィーカリバクテリウム

とラクノスピラ、すごく多いんです!
平均の2倍くらい。
「酪酸酸性菌がとても多い」と判断されてました。

(また今年も一度くらいマイキンソー
やってみようかなあ。)

とにかく寝たきり期間をなるべくゼロにする

ために、私はこれからも一生PBWF食と定期的な

運動を続けていく決意を新たにしたのでした!

 

ちょっと調子が良くなったからといって油断大敵

ですからねー。一生もんの生活習慣として楽しく

続けていきたいです。

 

 

*************************************

2型糖尿病完全ガイド

インスリン抵抗性改善ダイエット

高炭水化物食で2型糖尿病を逆転させる

糖尿病についての間違いトップ3

糖質制限の長期的影響

糖尿病をスーパーパワーに!

 

 

 

 

ランキングを楽しんでおります♪応援してね。

にほんブログ村


糖尿病ランキング