皆さま、こんにちは。
ウェルビーイング・ライフスタイリストの
井上はるかです。

先日、表参道のサロンでマコモの製造元、
リバーヴ(株)の菊池淳哉さんをお招きして
「マコモの力」無料セミナーを開催しました。
 
 
ご参加いただいた多くの方から、メッセージも
頂き、大好評でした!!
 
マコモは、あまりにも神秘的な力をもっているので、
何か言い伝えのようなものと捉えている方も
いらっしゃるかもしれませんが、
そこにはリバーヴさんによって計り知れない研究、検証、
化学的証明に基づき、製法されています。
 
 
真菰(まこも)と漢字で示されるのは、植物になりますが、
この植物が母体となって、マコモ菌という発酵によって
発生する微生物であり、私たちの体内に
取り入れられ、小腸にたどり着いた時
始めて活動をします。
 
 
そしてこの微生物は、
”いかなるものも無害化する”
菌なのです。
 
それは、たとえ石油系の物質であっても、
体内にいる癌であっても、、、
 
 
 
マコモ菌は、戦って消滅させる、攻撃するという
方法ではなく、その場の調和を図っていくそうです。
 
 
具体的にいうと、例えば何か病気という症状が
現れている人の場合、その体の中の崩れたバランスを
調和させてくれます。
 
調和のために、不必要なものは
体内から排出をさせます。
 
不調、病気の時は、
その人の身体でデトックスが自身でできなくなっている
だけなので、それを出して、元のバランスの取れた状態に
戻す=体内の調和を図るそうです。

調和をはかる、いかなるものも受け入れて
その場の(体内の)バランスを戻すというのは
そのもでもあると、リバーブの菊池さんは
仰っていましたラブハートキラキラ
 
 
マコモ菌に限らず、微生物は意思を持っています。
 
自然界のもつその意思は、‘愛”なんだと
知ったとき、なんだか涙が出ました。おねがいドキドキ
 
 
 
動物もそうですよね、、、
彼らは殺意でお互いを殺したりしていないです。
自然界の摂理と、調和を図るために
本能的に組み込まれた捕食をしているんです。
大いなる命のつながりを大事にして。

実際、癌を患っている方や、
何か病気の治療をするため、
または単に頭痛や生理痛の痛み止めを
たくさん飲んで来た方でも、
マコモのお風呂に入ると、どろどろとした
物体や、海に油が流れた時に見えるオイルの膜のような
ものがお風呂に浮いてくるそうです。
 
それは体内から排出されたものなのですが、
そのドロドロになったお風呂でも、
かき混ぜてマコモ菌を活性化させると
なんと、もとの”マコモ風呂”の
様子に戻るそうです。
 
これは、上記でも述べた”いかなるものも無害化された”
状態になっているんです。
 
セミナーでは、その写真もたくさん見せていただきました。

今日ご紹介したのは、マコモの力のほんの
一部です。
 
あーーーチュー
もっと、この素晴らしすぎる
地球の贈り物についてお伝えしたい!!
たくさんの方に知っていただきたいです照れキスマーク

いろんな気づきと、感動一杯のセミナーでした。
 
 

☆Wellbeing shopでマコモの販売もしています♪
https://www.bodymindspirit.jp/