高田馬場店のブログに餃子の記事があったので

それに引っ張られて書いてみました。

 

 

 

じゃいの実家は週1回は餃子を食べておりました。

 

父のオーダー:

次の日が休みのときはたっぷりニンニクを食べたい

 

母のオーダー:

金曜の夜はママさんバドミントンの会があるから

作り置きできるメニューがよい

 

餃子ならばその両方を満たす!

 

 

という訳で、毎週金曜日は決まって餃子、稀にカレー。

 

 

母曰く、他のニンニクを使った料理に比べ圧倒的に手軽だったらしい。

まあ分かる。

 

材料はフードプロセッサーでばぁーっとみじん切りにして、

ひき肉といっしょにボウルに入れて、

 

 

母「よーくこねたら包んどいて(80個)!」

※80個は市販の皮×2袋

 

で一丁アガリな訳ですからw

後はホットプレートを出しておくくらい?

じゃい家では餃子はおかずではなく主食なんですね。

だってカレーと並列だよ?

 

 

なお市販の皮で包んだ餃子を冷蔵庫に入れておく場合、

普通にタッパーやお皿に並べておくと皮同士がくっついてしまいますが、

小麦粉か片栗粉をまぶしておけばくっつかずにすみます。

 

副次的な効果で、焼いたときにイイ感じに羽根がつきます、

 

 


営業時間のお知らせ
2月10日(月)
2月23日(日)
両日とも“がんばってゼンツ”していきます。
次の日がお休みの方もそうでない方も、ご来店をお待ちしております!!!

 

 

嫁さんの実家でも頻繁に餃子は食べられていた、

というか、何かあれば餃子だったようです。

※じゃいの嫁さんは内モンゴル寄りの中国人、確認

 

 

まず作る数がはんぱじゃない。

あちらの実家に行くと、なんだかんだ向こうの親戚が集まり、

すぐ10人規模のごはんになる。

その上、だいたい次の日に回るくらいの数を作るので

一度に包む数は200個とかそんな数になる。

↑ぜんぜん足りない

 

包む手際も半端じゃなく早い

もしかしたら王将の人より早いんじゃないかしら?

それをでっかい中華鍋で茹でたのがどすんと並ぶ。

大きなサラダボウルが食卓に、どすん、どすん、なかなかに壮観。

なお茹でたお湯も飲むのだが、蕎麦湯のような感じで実に良い。

 

 

そんなわけで今でもじゃいはちょいちょい餃子を作る。

フードプロセッサーはないので材料は雑なみじん切りだけど

それはそれでざくざくした食感が残ってよい。

 

ホットプレートがないので焼くとすればフライパンなのだが、

作ってる最中からビールを飲んでいるというのに

ちまちま何個ずつか焼くのはめんどくさいし、焦げやすい

⇒茹でればいいじゃない!

 

大きめの鍋に餃子を放り込んで、

そこにガラスープやらめんつゆやら余った野菜やらを放り込んで

最後に溶き卵を流しいれれば完成。

唐辛子、花椒、お酢、生姜などお好みでどうぞ。

 

 

 

市販の皮は焼き餃子用なので、

こうして茹でてかき回してすると餃子が半分くらい崩れてしまうのだが、

口に入れば一緒(by平野レミ)でしょ?

 

 

 

最後に、餃子になじみがありすぎると起きる問題を一つ。

市販の餃子が高すぎる!

と思ってしまうこと。

渋谷餃子の大皿 40個(1680円)くらいがギリギリ許容範囲?

ってか2人で行くと↑とナムルしか頼まないw

 

 

 


麻雀ウェルカム横浜店
各線横浜駅から徒歩5分!
八起の餃子も美味!「麻雀ウェルカム横浜店」

神奈川県横浜市西区南幸2-16-20 オーチュー横浜ビル4階
045-324-1159
ウェルカム横浜店-店舗情報(公式サイト)

麻雀ウェルカム・グループ
~初心者の絶対味方!麻雀デビューならウェルカムへ!~

『麻雀打つならやっぱりウェルカム』
初心者でも安心のフリー雀荘「麻雀ウェルカム」公式サイト

麻雀好き・接客好き集まれ!男女スタッフ募集中♪
【公式】麻雀ウェルカム求人サイト