はいどうも、ダイジョーブ博士です。

 

前回のブログでじゃいが書いたことは

ストレートに進めてそこそこの先制率(アガり率)+打点がある手以外は
多少スピードを犠牲にしてでも打点を追う

ってことでした。では

 

そこそこの先制率+打点がある手の場合はどうする?
ってのが今日のブログ

 

の予定だったんですが、
ちょっと順番を入れ替えました。

 


345m45p33466678s西
※西は完全安全牌と仮定

何切る??
というか、3sと西のどっち切る??


…………

その前にちょっと整理を

====================

「手牌の余剰牌の価値」

☆西を切って3sを残すメリット
・ツモ369s、36sポンによってもシャンテン数が進む

☆3sを切って西を残すメリット
・他家に先行されたとき、確実な安全を1巡分残せる


すごく適当な言い方ですが、
打西は受け入れを重視した選択で、
打3sは守備力を重視した選択と言えるでしょう。

====================


では改めて、
3sと西のどっちを切る??


答えは……


「問題になってない」です!

 

はぁ?って声が聞こえてきそうですが、

 

局は?
何家なの?
巡目は?
点数状況は?
場況は?
ドラは?

これらの状況次第でどっちを切ることもあるでしょう。
その上で状況と噛み合った打牌をする頻度の高い人は「バランス感覚が優れている」と言えます。

 

ではそのベストバランス、損益分岐点はどこかというと……

 

「わかりません」

 

計算できるわけないし!

 

 

 

じゃあ質問を変えましょう。
3sと西のどっちを切りたい??


じゃいは断然3sを切りたい!!!

 

じゃいが麻雀で大事にしていることの一つに
「最も美しいツモを逃さない」
というのがあります。


====================

かといって、
打西は攻撃的な選択で
打3sは守備的な選択なのかと言うと
それは違うんじゃないかと思います。

☆打3sのメリット
・ツモ369sで手が進まない

伝わりますかね?もうちょっと言い換えます。

・25s25pより先に369sを引いてしまったことで
 打点が下がるケースを回避している
(369sどれでもピンフが消え、9sに至ってはタンヤオも消える)

「打点が下がる受入れを拒否すれば、仕上がったときの打点はその分高くなる」、
打3sは打点を追った攻撃的な進行でもあるのだ!

====================


25sを引けずにアガりを逃すことよりも、
ツモの順番が369s→5s/3p→3p/5sだったことによりハネマンを逃す方が嫌なのだ。
「美しいツモ」とかは宗教の話なので聞き流してもらって構わないんですが
大半の局面では打3sの方が打西よりも期待値が上回るんじゃないかと思うんですよね。
悪くても五分ぐらいはあるんじゃないかな?

 

例えばこれぐらいの局面でも……
東1局0本場 親番 9巡目 ドラ5s
34赤5m45p33466678s西

 

 

異論反論がめちゃくちゃありそうなところでぶった切って、次回へ続きます。

 

 


麻雀ウェルカム横浜店
各線横浜駅から徒歩5分!
特殊な技能を欲しがる麻雀店なら「麻雀ウェルカム横浜店」

神奈川県横浜市西区南幸2-16-20 オーチュー横浜ビル4階
045-324-1159
ウェルカム横浜店-店舗情報(公式サイト)

麻雀ウェルカム・グループ
~初心者の絶対味方!麻雀デビューならウェルカムへ!~

『麻雀打つならやっぱりウェルカム』
初心者でも安心のフリー雀荘「麻雀ウェルカム」公式サイト

麻雀好き・接客好き集まれ!男女スタッフ募集中♪
【公式】麻雀ウェルカム求人サイト