こんにちは。
関東地方 雨が降りそうで・・・降らない。
朝方、洗濯物を干していた妻が、雨が降り始めた~と言って
洗濯物を浴室へ移動、完了したら止んでしまいました。
それからずーっと降ってません。
ところで、今日も複数回アップを目指して、沖縄旅行記続けます。

朝食を食べ終わったら7時すぎ。
これから朝の散歩(観光)へ出かけます!
まずは、ホテル目の前のこちらの道を上っていきます。(首里城への近道らしい)
途中、広い道路に出ましたが、総じて上りが続くのでしんどいです。
15分位歩いたら、首里城公園に到着です。
 

まっすぐ進むと本日の観光1つ目 「守礼の門」がありました。
連休中ですが、朝早いので人影もまばら。
昼間と違って空気も凛としていい雰囲気です。
 

守礼の門は自由に通れますが、
首里城自体はまだ営業していないので入れません。
城壁の外からチラッと見てみました。
 

守礼の門を早々に後にして、今日のメインへ移動。
今回初めて訪れる「金城町の石畳」です。
守礼の門からは数分のところに下りの入口があります。
普通はみなさん下から上がってくるようですが・・・
はっきり言います。 辛いです! 疲れます!!
ここは「日本の道100選」にもなっております。
 

ここは琉球王朝時代、首里城と那覇港を結ぶ琉球王朝の官道、真珠道(まだまみち)
の一部だったそうです。石灰岩でできた石畳と城壁の跡とが、名残を感じさせます。
朝に来たのがラッキー! 昼間なら人だらけでしょう。
おとうは誰にも会いませんでしたので、絶好の撮影チャンスでした。
 

ゆっくりとキョロキョロしながら下って行くと・・・
沖縄ではよくみかける「石敢當」がありました。
これは丁字路や三叉路などの突き当たりに石敢當を設け、
魔物の侵入を防ぐ魔よけとのことです。
 

石畳からちょっと寄り道をして脇道へ。
金城町の大アカギを見に行ってみることに。
樹齢300年のアカギとのこと。
周囲はなんか神聖な場所のような雰囲気です。
 

さらに下って行くと、連続ドラマ「ちゅらさん」でのロケに使われた古民家。
現在も住んでいる方がいらっしゃるので外から外観を眺めるだけ。
さらに無料で休憩できる村屋もありましたが・・・朝早いので空いておりません。。。
 

そろそろ石畳もゴール(スタート)です。
この辺りは普通の住居も多くなり、現実に戻ってきた感がありました。
ほらね。入口となっているでしょ!
 

日本だけど日本とは少し違う琉球王朝の時代を感じられる場所「首里」
今度はもっとゆっくりと見て歩きたいものです。


ブログランキングに参加しています。「ポチッ」とご協力お願いいたします!

    にほんブログ村 旅行ブログへ    今は旅行が趣味です。