ブログにご訪問下さりありがとうございます
うまくいかない日があっても大丈夫
ママも子どももありのまま♡

子どもの言葉の発達が心配なママの為の
個人セッションをしています☻


言語聴覚士(ST)のanです。 
私のプロフィールはこちらから。

 

 

 

昨日アップしたこちらの記事には、多くのコメントやメッセージを頂戴しました。

 

 

この記事の中で、「子ども軸から親軸へと切り替えていく臨界期は4歳(年少〜遅くとも年中)」と書きましたが、

 

「うちの子は4歳を過ぎていますが、もう難しいですか?」

「4歳を過ぎてもできることはありますか?」とのご質問をいただきました。

 

今日はそのことについてお話ししたいと思います。

 

 

 

結論から申し上げますと、子どもがナチュラルに会得しうる時期としてはやはり年中がギリギリだと思っています。

 

ナチュラルに、というのは、通常の親子関係の過程の中で、普通にママが子どもに教えることとして会得できるということ。

 

子どもに大きな抵抗なく、会得できるということ。

 

 

それ以降、月齢が上がれば上がるほど、

自分=ルールという世界観に長く属していればいるほど、

子どもにとってはそれが基準になっていきます。

 

 

従って、それを崩していく時に抵抗が生まれるようになります。

 

 

 

月齢が上がれば上がるほど、ナチュラルに習得しにくくなることが多いのは事実です。

でも一方で、人間は生涯発達していく生き物であり、可塑性を秘めているのも人間です。

だから絶対に無理とか、4歳過ぎたらもう絶望とか、そういうことではありません。

 

 

ただ、会得していく時に抵抗が大きくなっていく、ということ。

親が折れない、ということがより必要になってくるということ。

 

でも、この「親が折れない」ということが現実問題として子どもが大きくなればなるほど結構大変だという意味で4歳、と書かせていただきました。

 

 

 

4歳を過ぎているけど、うちにも当てはまるな、変えていきたいな、と思う時がきた時は、少し覚悟と準備が必要ですが、一日でも早い方がいい、ぜひ取り組んでいただくといいと思います。

 

 

覚悟、というのは、軸は親が持つ、という覚悟。折れない、決意。

準備、というのは、少なくともパパとはよく話し合い、方針を統一しておくこと。

 

 

親の関わり方を変えるようになると、おそらく子どもは抵抗を示すようになります。

今までごねたり、拗ねたり、パニックで示していた抵抗をさらに強くしてきます。

そうやって、試し行動が出てきます。

 

 

この時に必要なのが、折れない決意です。

そして、どんなことから取り組むか、抵抗を示してきた時どうするか。

そんなことをパパと話し合って、決めておきましょう。

そして、2人で協力します。

どちらかが折れそうな時、支え合います。

 

 

そんなことが必要です。

 

 

 

初めはね、どうしてもかわいそうな気持ちになっちゃうんです。

泣き叫ぶ子ども、強く混乱する子どもを見ると、

罪悪感を刺激されるし、なんとか収めたくなる。

でも、パパもママも、親がここを、この葛藤を乗り越える必要があるのです。

 

 

 

 

親子の関係を再構築していく作業になるので、出来上がりかけていたビルを壊すところから必要になってくる。

更地にビルを建てるよりも、少し行程は多くなるけれど、遂行の過程で色々問題は出てくるけれど、できないということではない。

結局、諦めないことが大切です。

 

 

ここを越えない限り、結局その場しのぎの、問題解決にならない対処法に終始せざるを得なくなる。

それがダメだというわけではないけれど、結局色々なところでここがネックになってくるんですね。

習得させたい、適応させたいことに、いちいち引っ掛かるようになってくる。

 

 

そして、もう一つ、これは子どもが男の子の場合、そして、知的・言語能力的な発達がゆっくりなほど、早くに取り組んだほうがいいです。

男の子はどうしても体の発育に伴って、物理的な力がついてくるから。

身体全身で示される抵抗を親が受け止めるのが、物理的に大変になってくるから。

 

 

 

 

 

ママ達にとって、少し苦しくなることかもしれません。

大変なことも、百も承知です。


それでもあえて、どなたかの、何かのきっかけになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

当ブログはリブログ&リンク大歓迎です。

必要な方に届きますように。

 

 

 

ママのための個人セッション

言語聴覚士にママのモヤモヤを相談しませんか?
言葉のこと、コミュニケーションのこと、発達のこと、勉強のこと、療育のこと、関わり方のこと・・・
今の課題を整理し、当面やるべきことを一緒に見つけていきます。

詳細はこちら

 

 

ママのための質問箱

個人セッションに申し込むほどではないけれど、言語聴覚士に聞いてみたいことがあるママの為に、質問箱をご用意しました。
頂いたお悩みにはブログでお答えします。
ブログで取り上げてほしいテーマ等も大歓迎です。

 

詳細はこちら

 

 

 

image