加藤とどうせいつものGLAYの話 | ウェルカムAKIBAのブログ

ウェルカムAKIBAのブログ

スタッフの日々を綴っていきます。

靴屋さんで靴を買ったら両方とも左でした。こんなことあるんですね。変えてくれましたけど。加藤です。こんばんは。

先日、GLAYアリーナツアーの前夜祭ライブが行われました。行ったつもりで感想を書いていきましょう。行ってませんが。


↓↓

行ってきました!GLAYアリーナツアー前夜祭!!

会場はZepp Tokyo。やっぱこれぐらいの規模のライブハウスが一番いいですね。

オープニングはニューアルバム1曲目の『BETTY BLUE』爽やかに始まりました。

新曲メインのセットリストかと思いきや、ここで披露されたのが2003年発売の『いつか』懐かしいですね。サバイバル以来の動画媒体で発売された珍しいシングルです。

『漂えど沈まず』と続き、このライブのタイトルにもなった『BAD Apple』が披露されました。

『シキナ』『SHINING MAN』と続き、JIROちゃんがスタンドに構えます。そうしたら披露される曲はあれしかないですね。

そうです『SHUTTER SPEEDSのテーマ』ですね。1996年に発表されて以来、殆どのライブで披露されているこの曲。やっぱり盛り上がりますね。素晴らしい。

SSのテーマが来たら、次はやはりこの曲ですね。そうです『彼女のModern…』ですね。インディーズ時代からある曲で、メジャーデビュー後シングルとして発売されたこの曲。歴代のGLAYのシングルで1番売れなかった曲です。今ではライブのド定番曲ですけどね。

最初TERUさんがマイクを天に構えて大声で彼女のモダーン!!と叫んで始まるのがこの曲の定番なんですが、大体この叫び方でどのライブか分かります。YOU TUBEに色々落ちてるので興味ある方は是非。

続けてニューアルバムから『青春は残酷だ』と『祝祭』が披露されて本編終了。

アンコール一発目は『永遠を名乗る1秒』いい歌ですね。

続いて披露されたのは、『SOUL LOVE』と『誘惑』1998年に発売されて以来、ずーっとずーっと歌われ続けてきた名曲ですね。GLAYに不意に心を奪われてからもう15年以上経ちますね。

最後は『FRIED GREEN TOMATOES』をみんなで歌ってライブ終了。

前夜祭ライブって、2004年に大阪のUSJで行われた10周年記念ライブの『GLAY EXPO2004』以来の参戦でした。あの頃加藤は中学生でした。陸上部でした。

本番のアリーナへのワクワクがより増した素晴らしいライブでした。

↑↑↑

きっと楽しいライブだったんだと思います。次こそは必ず。

最近行ってないライブの感想を書くのが得意になってきた加藤のブログでした。もしかして行く必要無いんじゃない?おしまい。