2018年01月10日 23時39分26秒

人類を発展させた「乗り物」の歴史を約2分半で振り返るアニメーション~重力を解明し光速を越えるか~

テーマ:科学は 愛 だぁ~(~o~) 
皆さん ラブラブ こんちゃ~ 音譜

今日は ユニークな動画を 共有させて頂きますね。 ニコニコ

交通(移動)手段の発達史 です。

普段 私達が当たり前ののように乗っている自転車や車は、昔からあった乗り物ではなく、比較的最近の乗り物です。

自転車の歴史は “長い” と思いがちですが、人類史のスパンから言えば、最近の乗り物の類に入るでしょう。

考えてみると、最初は “歩き” からスタートしたんですね。ひらめき電球 

そして、「もっと速く楽に遠くまで移動できる手段はないか・・・」 と、ちょっとした“怠け心” から取り組み始めました。 『開発者』 と一言で言ってしまえば、聞こえはいいですが、それはあくまで結果論です。あせる 

最初は決して周囲に理解されていたわけではなく、むしろ バカにされて いました。

ほとんどの場合、 『変わり者』 『間抜け』 『変人』 『堕落した者』 扱いだったのです。 ひどいものでした。パンチ! むっ

でも、取り組み始めた本人だけは未来を予見できたのです。クラッカー いわゆる 『天才』 でした。 単なる『天才』ではなく、ひどい扱いを受けても、あきらめずに挑戦し続けた、『強靱の精神を持っていた天才』 たちでした。

彼らは、周囲からはバカにされながらも、本気で挑戦をし続けたんですね。クラッカー

一例を挙げれば、ロケット開発 は素晴らしいサクセスストーリーの一つです。合格

ロケットは、今でこそ人類者会を驚異的に発展させ、人類の未来を更に快適にしていくために欠かせない移動手段ですが、これは、そもそも 円筆キャップに火薬を入れるところからスタート したのです。 

「鉛筆キャップを月まで飛ばすのだ」 と本気で言っていたのです。ビックリマーク これは約100年前のことです。 この部分だけ切り取れば、どアホ ですよね(爆)。 パンチ! 

実際、当時は本当にバカにされ続け、誰も信じませんでした(爆)。 叫び でも やり始めた本人だけは、50年後の世界が見えていたのです。 クラッカー 本当に月に人を送り込むことができる日が来ることを・・・。

その人物(ツェルコフスキーゴダード)は、 今では 『ロケット工学の父』 と呼ばれ輝かしい評価を受けています。クラッカー

このように、まだ誰も踏み込んだことがない分野への新しい挑戦と発見には、ほとんどの場合、大なり小なりのストーリーがあります。

以下 の記事 ダウン は、乗り物の発達史 です。 

動画は淡々と流れていきますが、どの場面においても、当時としては最先端の科学でした。 

そこには、クレージー むかっ な人たち 叫び の絶え間ない挑戦と苦悩のストーリーがあったでしよう。その悪戦苦闘の歴史を感じながら、ご覧 目 になると良いのではないでしょうか。ニコニコ

良かったら 一緒に見て 目 みましょう。ではどうぞ~ パー


●人類を発展させた「乗り物」の歴史を約2分半で振り返るアニメーション「Here to There:An Animated History of Transportation」
()
[source:The Atlantic GigaZiNE



人類は「どこまでも速く、遠くに、可能な限り費用は低く」というように電車や自動車などの「乗り物」が発展してきました。現代では、自動車や鉄道、飛行機に船舶など、乗りものは人やモノの移動にとって欠かせないものになっています。そんな交通手段や乗り物の歴史が2分半ほどで振り返れるアニメーション「Here to There:An Animated History of Transportation(ここからあそこへ:アニメションで振り返る交通手段の歴史)」がドキュメンタリーやインタビュー、解説ムービーがそろっているYouTubeチャンネル The Atlanticで公開されています。

●Here to There: An Animated History of Transportation



アニメーションは紀元前(BC)8000年の手こぎ「カヌー」から始まります。


紀元前6000年に動力に人力を使わない「スキー」が登場し……


紀元前3500年に新しい動力の「動物」を使う「車輪付荷馬車」に移ります。


紀元前1500年にカヌーと同じ人力ですが、「ガレー船」は比べるまでもなく大きなサイズになり人員も増え、戦争にも使われた軍艦です。


西暦紀200年から東アジアの乗り物が登場。「JUNK(ジャンク)」は古代中国の木造帆船です。



次の西暦紀230年も東アジアの乗り物で陸上の手軽な移動手段「手押し車」が登場します。



15世紀には大航海時代を代表する大型帆船「キャラック船」は地中海の海上物流に劇的な進歩をもたらしました。


16世紀にはまだ鉄道が発明されておらず、各地の駅を結ぶ「駅馬車」の定期運行が行われていました。


1783年に「熱気球」が誕生します。


その後、蒸気の力を利用する「蒸気機関」が発明され、1863年に世界で最初に「地下鉄」を走る路線、メトロポリタン線の運行が始まりました。


1870年の街中ではスピードを追求して前輪が大きくなった「ペニー・ファージング型自転」がヒットします。


ガソリンエンジンが誕生して、二輪車に装着された「オートバイ」が登場します。


次に、1886年ガソリンエンジンを搭載した「ガソリン自動車」が登場します。地下鉄が登場した19世紀後半からは、現代でも見かける動力付きの乗り物が増えてきました。


1903年12月17日にライト兄弟が世界初の「飛行機」、ライトフライヤー号を飛ばして人類が本格的に空へ進出します。


1938年多くの人が「ヘリコプター」と言われて思い浮かべる後部に小さいプロペラがある方式、反トルク・テール・ローター形式が誕生します。


1952年に世界初の「ジェット旅客機」のコメットが飛行します。巡航速度は725km/hで、当時一般的だったプロペラ機と比べて200km/h以上も速く飛ぶことができました。


1960年に深海を自由に動き回ることが可能な深海探査艇「バスカチーフ」が太平洋のマリアナ海溝の深さ1万0916メートルに到着します。この深さは世界最高峰の山、エベレストを海に沈めても頂上が海面にはみ出てこない深さです。


1961年にソ連のユーリイ・ガガーリンが搭乗した「ロケット」が世界初の有人宇宙飛行を成し遂げます。


1984年に磁石で浮遊する「リニア誘導モータ方式の列車」での初の一般向け路線、バーミンガムピープルムーバが開業します。


2001年に「セグウェイ」が登場し、現在はアメリカやドイツの警察官や郵便局で採用されています。


2009年からGoogleが「自動運転カー」の開発を始めました。


そしてアニメーションの最後は、2014年12月からは日本で、2015年からはアメリカでも販売されている世界初の「燃料電池自動車」トヨタ・MIRAIが締めます。




以上です。

いかかでしょうか。はてなマーク

スキーって 意外と古いんですね~。音譜


何気なく動画は流れていきますが、一つ一つの技術の進歩に、きっと深い感動のストーリーが詰まっているのではないかと思います。音譜

そして、きっとこれで終わりではないでしょう。 ニコニコ

人工衛星は90分で地球を1週する・・・これでもかなりの進歩ですが、まだまだ序の口に違いないです。ひらめき電球

もし引力や重力を克服(重力のしくみを解明)するなら、きっと空中に浮かんで静止したり、瞬時にして上に行ったり下に行ったり、前後・左右・・・へと自由に動き回れるようになる・・・・ 

そしてその移動速度は、光の速度(秒速30万km:1秒間で地球を7周半)に近づき、やがて光の速度を超え、数光年~数十光年先にある隣の太陽系への旅を可能にする・・・つまり翼を持たない乗り物へと進歩していくことでしょう。


きっと、これが  UFO と地球で呼ばれる乗り物・・・ なのでしょう。

   


これができれば、きっと 恒星間の航行が可能 になりますね。 クラッカー

 恒星間航行(イメージ)

移動技術の更なる進歩が 今から楽しみです。音譜

皆さんは、移動技術はどこまで進歩すると想像されますでしょうか。はてなマーク

皆様 今日もご覧戴きありがとうございました。
今日も、移動気出の進歩によって人類の夢の実現に近づく1日となりすように。愛を込めて
 ラブラブ
AD

welcome-Elohim(モトP)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(2)

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:はじめまして

>TopGearさん
 ご訪問とコメントありがとうございます。人間の持つエゴの醜さ、嫉妬心の醜さ、そして謙虚さの重要性を意識させてくれる事例ですね。言い換えると、人間として全く精神性が成長していない・・という事例でもありますね。 他人を尊重し、プライドの塊である過去の自分ではなく、いつもありのままの自分自身あり、変化する現在のすべてを受け入れるなら、エゴは限りなく小さくなるでしょう。どんなことが自分に起きても、喜んでそれを受け入れる自分でありたい・・・と思うこの頃です。科学が発達すればするほど、人間は人間性を磨く必要がありますね。そうでなければ身(ひいては人間という種)を滅ぼすことになりますから。

3 ■はじめまして

アニメーションの中にカヌーがありますが、日本では残念な事件が起きてしまいましたね。

人間のモラルも進んでほしいと思いますが、乗り物や機械の進化以上に難しいんでしょうね…

2 ■Re:リニアと熊本県人吉市、アイドル

>地火人さん
 いつもご覧頂きありがとうございます。
 コメントなどは、義務に感じられなくてもいいですね。
 リニアは小さい頃から、開発・実現をずーっと待ち続けていたので、実現すれば、ぜひ乗ってみたいですね。昨年発覚した問題は、果たして工程に影響があるでしょうか。
 阿蘇のスイッチパックといい、肥薩線のループ線は、確かにとても面白いです。ここには当時は東洋一と言われたループ橋もあります。それだけ 九州では最も険しいところですね。
 くま川鉄道は、幼なじみが社長をしています。赤字続きですが、昨年後半にウッチャンのバラエティ番組で紹介されたことで、売り上げアップにつながってくれれば・・と喜んでいました。
 最近のアイドルについては、特に思うところはないです。趣味や文化が多様化し、かつ心に響く目立った曲もないし、何より誰が誰だかわからない・・・個性があまり感じられないので、個人的にはあまり魅力を感じないですね。口パクも多いし。30年~40年経っても名曲といわれるようなものが出てくれば、関心が沸くとは思いますが。最近の音楽シーンはグループ系ばかりで、歌唱力の個性や存在の魅力で勝負する個人がほとなどいないのが寂しい限りです。そういう意味で時代が変化しつつあるのでしょうが、その流れを否定するつもりもないですね。売れることは重要だけど、人間力を磨いて、謙虚さを備えた真のプロが出てくるなら、好感を持つと思います。
 最近では、昨年後半に話題になった登美丘高校のダンス部が印象的でしたね。彼らのピュアな姿に感動を覚えました。

1 ■リニアと熊本県人吉市、アイドル

モトPさん、お久し振りです 地火人です なかなかコメント出来なくて、申し訳ありません
日本は、「新幹線」を開発した国ですからね【戦前には、「弾丸列車」と言う計画が存在した位ですし】 「リニア中央新幹線」は楽しみにしているのですが、談合が発覚して開業が危ぶまれています 実際、新幹線が開業して並行する在来線が疲弊する事例も幾[いく]つか発生していますし【殆ど、第三セクターになったり廃線になる等、線路を維持するのにお金がかかるから】 新幹線の開業に反対する人達【通過となる地域が疲弊するから】も存在する、鉄道の高速化も考えさせられる難しい問題です
モトPさんと内村光良さんの出身地の熊本県人吉市と言ったら、球磨川の中流にある場所で、肥薩線とくま川鉄道が走っているのですね【それも、肥薩線のループ線は鉄道マニアの人達には有名】
モトPさんは、アイドル【ジャニーズや48グループ、EXILEファミリー、等】について思われる事は、ありますか?

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。