2017年04月27日 23時30分43秒

アメリカの医師ら、未熟児の出産を改善するための「人工子宮」を開発!仔羊で最長4週間の成長⇒出産に

テーマ:生命科学最前線!
皆さん ラブラブ こちゃ~ 音譜


この惑星がどんどん変化 しています。

核兵器 など 人の命を無差別に奪う技術 が際限なく続いている一方で、人の命を救う技術も進歩 しています。 クラッカー

思いもよらず、早期にこの世に生を受けてしまった未熟児が 『人工子宮』 によって救われる・・・なんて素晴らしいことでしょうか。

この 『人工子宮』 については、以前から 研究されていることが話題になっていました。

しかし、それはまだ夢のような話であり、“自然の摂理の反する” とか いわゆる『倫理』の名の下で 批判があったことも事実・・・。

いずれは実現するにしても まだまだ先のことではないかと思われていましたが、動物実験の段階ではありますが、実現の可能性が出てきた ようです。 合格

それは どのように経緯でこの段階まで到達したのか を含めて 見てみることは大切ですね。

以下 ダウン そのことを記載している記事を 良かったら 一緒に見て 目 みましょう。 では どうぞ~ パー 


●人工子宮は1回目のテストに合格し、3年以内に人への試用が始まる
Artificial wombs successfully pass 1st test, human trials could begin within 3yrs:4月27日 英語版配信分)
~アメリカの医師ら、未熟児の出産を改善するための「人工子宮」を開発 仔羊で最長4週間の成長⇒出産に成功~
[souece:RT.com Huffington Post Japan]


フィラデルフィア小児病院(Children's Hospital of Philadelphia: CHOP)の医師らが、プラスチック製の袋を使った人工子宮を使い、未熟な羊の胎児を最高4週間に渡って成長させ「出産」にも成功しました。

CHOPの医師が開発したのは、米国で毎年数万例ある26週に満たない未熟児の出生を改善させるための人工子宮バッグ。Nature Communicationsに掲載された研究成果によると、羊の胎児を使ってこのプラスチック製の人工子宮の有効性を確認したところ、これまでの同種の研究例よりも長い4週間にわたって胎児を成長させ、袋から出して「生まれ」させることにも成功したとのこと。




人工子宮と文字で読むと難しそうな仕組みを備えていそうな雰囲気を醸し出しますが、実際のところは写真でご覧のとおり、羊水を満たし適温に調節されたプラスチック袋に、羊の胎児を入れただけの代物。もちろん胎児に必要な栄養を供給する血液は臍の緒を通じて外部の酸素供給装置につながっています。 

●Recreating the Womb: New Hope for Premature Babies


血液循環には、従来使用していたポンプの代わりに胎児自身の心臓による血流を利用したのが大きな変更点。これはポンプを使用するとどうしても胎児の成長、特に肺機能の発達に悪影響を及ぼすからとのことです。

ただ、人工子宮とはいえ、ごく初期の胎児にそれを適用することはできません。装置が今すぐ人や動物の子宮を置き換えるものではないとCHOPの研究所長Alan Flake氏は説明します。それでも22~23週前後の低体重児、または早期出産児にとってこの人工子宮は、とくに肺機能をしっかりと成長させられるという点において保育器を使うよりもよい対応策になりうるとのことです。

医師らはすでに米食品医薬局(FDA)に対して働きかけを開始しており、3~5年後をめどに臨床試験を始めたいとしています。ただ、現在の装置は胎児をプラスチックに入れておく様子があまり見た目によくないため、両親の心情を考慮した外観に再設計することになるだろうとしています。



クラッカー 素晴らしいですね~。クラッカー

ポイントは、“未熟児の命を救う” という 必要性・・・・ いわゆる 医療行為 から このような 『人工子宮』の技術が進歩 している・・・・ということです。


これこそが まさに 倫理 ですね。

この技術はどんどん進歩させる必要がありますね。

この技術が確立して 人に応用されるようになると、多くの未熟児たちの命が救われますね。 まさに 愛の行為 になります。
 
応援したいです。

この技術が進歩するということは・・・ 言い換えると、人で言えば280日の妊娠期間が一日縮まっていく・・・ということを意味しています。

つまり 250日目・・180日目で生まれてきても 助かる・・・ということですし、それが150日目・・・ 140日目・・・ 130日目・・・というように 一日一日短くなっていく・・・ということです。

やがて 100日を切り・・・ 50日を切り・・・・ 10日を切る日が出てくる・・・

究極は・・・・ 1日を切る・・・ つまり完全人工子宮が いつの日か 誕生する・・・ということですね。

女性には 朗報です。

子供を生みたくても産めない方々・・・・ いらっしゃいますよね。

たとえ 『完全人工子宮』 という形になったとしても、これも必要性があるのだから医療技術だということ です。

素晴らしく倫理的だ という価値観になっていくことでしょう。


記事の冒頭に書かせて頂きましたが、 現在のこの惑星は 人の命を奪う技術と人の命を救う技術が同時並行で 開発されています。

おかしな惑星ですよね~。

この比率がどんどん変化していき、人の命を救う技術の比率が圧倒的に高くなっていったときこそ、人類はとても愛と幸せの中で生きることが出来ることでしょう。

未来の地球をそのようにしていかなければならないですね。ニコニコ

これが 今を生きる 私たちの責任であり使命だ ということになりそうです。


皆様 今日もご覧頂きありがとうございました。
今日も 人の命が救われる技術の開発のために 世界が一致団結できる日でありますように。愛をこめて
 ラブラブ 

AD

welcome-Elohim(モトP)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。