こんにちは、週末お出かけサークル主催者ですニコ
今回は丸の内から有楽町にかけて散策をしてきました。

この辺はビジネス街のイメージが強く、渋谷や新宿に比べると人も少なくて落ち着いて散策できますが、歴史や名所を知らないとちょっと地味な場所に見えてしまうかも。

今回はそんな丸の内の歴史を紹介しつつ、名所をいくつかめぐってきました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 

①丸の内と東京駅

最初の訪問地・東京駅。

1914年(大正3年)に竣工した東京駅は、戦時中の焼失を経て、現在は竣工当時の姿を取り戻しています。

人出も戻り、たくさんの観光客の方が写真を撮っていました。

東京の人はたまには撮れよzzz

駅の出入口の中でもドーム屋根下にあたる丸の内北口と南口にはたくさんの見どころがあります。

ここに詳細は書きませんが、参加者の皆さんには歴史や見どころをたっぷり紹介させていただきました。

天井には素敵なオブジェがたくさんありますが、遠いから見えにくいんだよね。

せっかくのオブジェがもったいない。

乗降客なら誰でも利用する券売機の横にもこういう歴史スポットがあります。

ほとんどの人がスルーしていくのでちょっと寂しい。

以前参加者の方から「歴史には興味ないです」と言われたことがいまだにトラウマなんだけど、まぁそう難しく考えずに楽しい雑学と思ってもらえたら嬉しいです。

少なくとも今回の参加者の皆さんには好評だったようなのでよかったニコ

面白味のなさそうな丸の内のビル群にも歴史や景観に配慮した建築ルールが存在しています。

そういうのを理解した上で街歩きをすると、味気のない丸の内のビル群散策も楽しくなります。

こちらは皇居のお堀沿いを歩いた時の写真ですが、写真中央の明治生命館が次の目的地です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 

②明治生命館

明治生命館は1934年(昭和9年)竣工の建物で、重要文化財でありながら現在でも明治安田生命のお客様相談センターとして使われており、営業時間後や休日は建物内を見学することができます。

受付をすませ、館内へ。
荘厳な建物内には、吹き抜けの大空間、大理石の回廊、凝った意匠の彫刻など贅沢でエレガントな空間が広がり、昭和初期に建てられたオフィスビルの最高峰と言われています。
戦後はGHQに接収されて会議が開かれたことも。
一見同じような部屋でも、内装や調度品を変えることで各部屋の雰囲気に変化を生み出しています。

ヨーロッパの王宮のような館内ですが、前述の通りお客様相談センターとして普通に使われています。

奥に見える事務フロア付近だけ突然現実世界になっており、なんとも不思議な光景になっています。

参加者の皆さんは初訪問だったそうで、美しい館内に感動していたようでした。

僕も久しぶりに来ましたが、こんな素晴らしい場所が無料で見学できるとかほんと意味が分からんですアセアセ

明治生命館の近くにはかつての一丁倫敦の建物の一つ・三菱一号館を再現した三菱一号館美術館がありますが、残念ながら工事中でした。
工事のために訪問予定地に行けないことは今後もあると思うので、その時は許してね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 

③東京国際フォーラム、相田みつを美術館

東京国際フォーラムが見えてきました。

東京国際フォーラムはいくつかのホールと、このガラス棟で構成されています。

ホールはともかく、このガラス棟は本当に意味がないというか無駄に豪華なものを作ったなぁという感じがします。

まぁこのガラス棟ができた当時はバブルの頃なので、うなるほどお金があったのでしょう。

東京国際フォーラムの場所には明治時代は府庁舎が、平成初期まで都庁舎が建っていました。

入口には府庁舎時代の石碑が残っています。

東京国際フォーラムの中に建つ太田道灌の像。

太田道灌は初代江戸城を建てた室町時代の武将で、この像は昭和の都庁時代からこの地のシンボルでした。

上階からの景色も気になりますが、先に相田みつを美術館へ行きましょう。

相田みつをは栃木県足利市出身で、心に響くメッセージ性のある言葉を数多く書き残した詩人、書家です。

わざわざ説明しなくとも誰でも知っている有名な方ですね。

館内は、みつをが毎日散策した八幡山古墳群をイメージした静かで落ち着いた空間となっています。

少人数だったのでみんな一緒に移動し、詩についてあれやこれや語りながらの鑑賞となりました。

2号館まであってかなりボリューミーな美術館となっております。

美術館を出て東京国際フォーラムの上階へ。

さっき東京国際フォーラムの悪口を言ったけど、景色を見る分には全然嫌いじゃないです。

ただ、ガラス拭きは大変そうアセアセ

窓の向こうに見えるのが今回の最後の訪問地・東京交通会館ですが、行く前にちょっと寄り道をしていきましょう
- - - - - - - - - - - - - - - - - - 
④有楽町駅周辺~東京交通会館

東京国際フォーラムを出て日比谷駅方面へ。

この辺りは東宝関係の建物が多く、一角にはシンゴジラの像が建っています。

有楽町駅方面へ。

駅の近くには昭和の歌手・フランク永井の「有楽町であいましょう」石碑があります。

珍しく主催者氏が歌を披露する一幕もイヒ

有楽町駅中央口付近にはかつて南町奉行所がありました。

南町奉行所は大岡越前や中村主水が働いていた奉行所です。

時代劇ファンにとってはなじみ深い場所であります。


東京交通会館は有楽町駅前にある複合商業施設で、全国各地のアンテナショップなども出店しています。

僕や参加者さんおすすめのアンテナショップで、お土産のお菓子を買って楽しく過ごしました。

暑い中歩いてきたのでソフトクリームがとてもおいしかった!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - 

今回はここまで。

予定より早く終わる予定でしたが予想以上に充実した内容だったせいか、結局当初の予定の17時までみっちり散策しました。

途中のアンテナショップでお菓子を買ったりとちょっとしたショッピング要素もあり、楽しい散策になったかと思います。

参加された皆さん、暑い中、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また次回以降の企画もよろしくお願いいたしますニコ