今回は小田急線沿線の駅、代々木上原駅と成城学園前駅周辺のスポットを訪ねます。

暑い日でしたが、途中で休憩をはさみつつ楽しく散策してきました(一部下見の時に撮影した写真も使用しています)。

----------------------------------

1917年(大正6年)、ロシア共和国にて革命が起こり、迫害を恐れた同国在住のトルコ系イスラム教徒が日本に移住してきました。
東京で新たな生活を始めたトルコ人たちは渋谷に礼拝堂(モスク、トルコ語ではジャーミイ)を建築し、2000年(平成12年)に新たに建設された礼拝堂が東京ジャーミイです。

街中にあって建物全体は撮りにくいので、何となく映えそうな角度から。

白地に赤い太陽の日本国旗、赤地に白い月と星のトルコ国旗。

国旗のデザインは正反対ですが、東京ジャーミイは日本とトルコを結ぶ文化交流の場としても使われています。

1F・トルコ文化センターには多目的ホール、ショップなどが置かれ、トルコ文化に接することができます。

訪問日はちょうどバザーが行われており、たくさんのお客さんが来ていました。

珍しいシリアのお菓子。

ぎゅうひ?グミ?のような弾力のある何かの上にピスタチオやドライフラワーがトッピングされていました。

もちもちフルーティな味で美味しかったですよにやり


2F・東京ジャーミイは壮麗な礼拝堂で、丸いドーム屋根とミナレット(尖塔)が特徴です。

ここも写真が撮りにくいので、ミナレットが見切れちゃった。 

礼拝堂内部には幾何学模様、植物紋様、カリグラフィー、色鮮やかなステンドグラスなど様々な装飾が施されています。

イスラム教に縁遠い日本人にとって、何もかもが珍しいです。

礼拝時間になると、イスラム教徒の皆さんが集まってきて下の写真の場所で礼拝が始まります。

小さな子供たちも参加していてびっくりしました。

日本人の場合、神様や仏様の像に向かって拝むことが多いですが、イスラム教徒の皆さんは壁に向かって拝んでいます。

礼拝堂で礼拝を行う場合、彼らはメッカの方角を示すミフラーブという壁のくぼみに向かって礼拝を行うそうです。

入館は自由ですが、礼拝中は行動に制限がつきます。

訪問の際は、礼拝時間やイベントの有無を確認して訪問した方がよろしいかと。

----------------------------------

ジャーミイのすぐ近くにある古賀政男音楽博物館。

古賀政男音楽博物館は、1997年(平成9年)に作られた大衆音楽の博物館です。

古賀政男は日本歌謡界の発展に貢献した昭和の音楽家で、音楽家として初めて国民栄誉賞を贈られました。

自宅を模して作られた館内では、古賀政男が生活した部屋が再現されており、私物も多数展示されています。

多くの歌謡曲を手掛けた人物ですが、如何せん昭和の人なので若い人にはなじみが薄いかも。

---------------------------------- 

電車で移動し、成城に到着しました。

駅前にあるケーキ店「成城アルプス」で休憩しましょう。

色恋に無縁なのに、ハート形のケーキを食うな!zzz

旧猪股邸(成城五丁目猪股庭園)は、労務行政研究所の理事長を務めた猪股猛夫妻の邸宅として、1967年(昭和42年)に建てられました。

主屋は建築家・吉田五十八の設計による数寄屋造りの建物で、すっきりと開放的な造りになっています。

庭には樹木やスギゴケが植えられており、一部に水路を配した回遊式の日本庭園となっています。

室内でのんびりと休憩もできますが、夏場で蚊がたくさんいたので見学後はすぐ撤収えーん

成城の住民は「成城憲章」という紳士協定を守って、閑静で美しい街作りを行っています。

必然的に成城は高級住宅街となり、有名人もたくさん住んでいます。

サークルでは4人の有名人のお宅を紹介しました(写真は所さんの世田谷ベース)。

成城の南端はハケと呼ばれる崖となっており、ハケ上に位置する成城みつ池緑地は自然が豊富な場所となっています。

緑地の入口部分には成城のシンボルである大きなヒマラヤスギが植えられています。

この近所に住んでいたあのダンディ俳優もこの緑地付近を散歩コースにしていたそうです。

古畑任三郎は面白かったな。

緑地に隣接する旧山田邸は、実業家の楢崎定吉が1937年(昭和12年)頃に建てた洋館です。

戦後、一時GHQによって接収されましたが、1961年(昭和36年)に画家の山田盛隆が購入し、長年住居兼アトリエとして使用。
2015年(平成27年)に世田谷区に寄贈され、現在は一般公開されています。

1階で説明の動画を見て、2階を見学します。
アンティークなガラスのドアノブ。
普通の洋館のように見えますが…
一部の部屋の壁はセンスの悪い派手な色で塗られています。
これはGHQが接収した時に塗ってしまったものらしい。
一部屋だけある和室。
屋外から和室だと分からないように、窓際には縁側が設けられています。
山田画伯の絵も展示されていました。
洋館に住んでいたけど、日本画家だったのかな。
---------------------------------- 
今回はここまで。
普通の人が「成城に散策に行こう!」と思うことはあまりないと思うので、サークルで散策できたのはいい機会になったんじゃないかなと思います。
代々木上原から成城まで、暑い中の散策にお付き合い頂きありがとうございました。
また次回以降の企画もよろしくお願いしますニコ