ベストなものを全部選ぶ。遠慮しないで生きる難しさ | 週末★女子起業!〜会社を辞めずに起業する わたしらしいキャリアの作り方〜

週末★女子起業!〜会社を辞めずに起業する わたしらしいキャリアの作り方〜

週末起業家・ブログコンサルタント・セミナー講師さとうあやこのブログ。キラプロ週末起業塾主宰。

会社を辞めずに起業する週末起業の始め方やブログ、SNSのコンサルティングを行っています。

多くの人は無意識に遠慮して

ベストより少し下を選ぶ癖が

ついてしまうように思う。

 
松竹梅あったら真ん中にするとか。

機能は劣るけど安い方を選ぶとか。

3つ欲しいのに2つにしておくとか。

本心のベストではない方を

なにかと理由をつけて選んでしまいがち。


でも、本当は誰に遠慮することでもないから

自分にとっての一番を選んでいいし

全部選んだっていいんですよね。


もしネックがお金ならお金を増やす方法を

時間なら時間を増やす方法を

考えることが大事なのであって

そこで考えないで諦めることに

慣れるのが怖いことだと思う。

小さな妥協の積み重ねや

思考停止が

人生の諦めにつながってしまう。


例えばわたしなら

海外旅行は行きすぎると良くないのかなとか

何かに遠慮して有給すら取れない時期もあったし

やりたいことを我慢して仕事ばかりしてたこともある。

でも何かを我慢してたって

その先の未来に何か得になるわけでもないし

周りの人だって覚えてないし

ただ自分の中で被害妄想と

諦めや拗ねの感情が膨らんだだけだ。


開き直って遠慮しなくなってから

やっと少しずつ、好きなことをやって生きてると

思えるようになった気がする。


それでも日本人気質なのか長女気質なのか

好きなようにする、って思いの外難しい。

ラーメンのトッピングならいつでも

全部盛りを選べるのに。笑


全部手に入れてもいいし

誰にも遠慮しなくていい。

そう吹っ切れて始めて

自分の人生を生きれるのだと思う。