Wedding JOBのブログ

ウエディング業界の業界誌The Professional Weddingを発行しています。

感動、感激、感謝の日々を綴ります!


テーマ:

The Professional Weddingの石渡です。

 

ホテル雅叙園東京は4月1日にリブランドして以降、さまざまな取り組みを発表していますが、このたび1階の西欧料理レストラン「クラブラウンジ」をフルリニューアル。今日9月1日に新たにグリル料理をメインとしたレストラン「KANADE TERRACE」となりました。その記者発表会に、オープン前に参加してきました。

中国料理、日本料理に加え、5月にはイタリアンの名店のカノビアーノがホテル内に移転オープンしましたが、今回のレストランはアメリカンダイニング。New American Cuisine ということで、伝統のアメリカ料理と世界各国の料理を融合させています。アメリカンダイニングというとボリュームたっぷりのイメージですが、和の食材や技法を用いて一手間加えた“うまみ”を強調した料理が中心です。特にシグニチャーメニューとして試食会でも提供されていた「フォアグラ味噌のパテをのせた牛フィレ肉のグリル」は、フォアグラ味噌の濃厚さと牛フィレ肉の柔らかい食感と旨みがマッチして、絶品でした。

店内は廊下に面して開放感があり、廊下を通る新郎新婦の姿などを目にすることができるのは、結婚式場内のレストランらしい造りです。また、組子細工を用いた飾りなど、レストランのコンセプトである「和で洋を奏でる」を表しています。

同時にオープンしたペストリーショップの「栞杏(リアン)」のスイーツも味わえるので、しっかり食事したい方からラウンジ的な利用まで時間を問わずさまざまな利用ができそうです。

 

廊下からもレストラン内が見える開放的な造り

 

組子細工のデザインが和を象徴しています

 

ドリンクカウンター

 

エントランスは今日は記者発表会仕様です

 

少し高さがあるので、廊下を行き交う人と目線は合わないようになっているのと、

レストラン側から滝が見えるようになっています

 

前菜の数々

 

グリルのカウンターでは、オーブンから取り出したばかりの焼き立ての肉などを

目の前で切り分けてくれます

 

サラダカウンターの向こうに廊下とラウンジ、

さらにその向こうに滝が見渡せます

 

グリルカウンター横のパスタなどのカウンター

 

スイーツブッフェ

 

ペストリーショップ「栞杏」のチョコレートなどが並ぶショーケース

 

ペストリーショップ「栞杏」のスイーツが並ぶショーケー

 

挨拶をする大庭勝広西洋料理長

 

音楽の生演奏でもてなしていただきました

 

シグニチャーメニューの「フォアグラ味噌のパテをのせた牛フィレ肉のグリル」。

振り塩ではなく塩水につけることで肉汁などのうまみを閉じ込めた肉をグリルした後、

西京味噌とフォアグラを合わせたパテを塗っています

 

パテがきれいに塗れたところで、再びオーブンでグリルします

 

その後、バーナーで焼き目をつけて出来上がり

 

外はこんがり、中はロゼカラーとなっています

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Wedding JOBさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。