親の反対押し切り婚の行く末 | 離婚危機から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

離婚危機から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

離婚・結婚問題を解決します。

無料相談もうけたまっています、ぜひご利用ください。

誰にも話せなくて苦しい胸の内を話してみませんか。

あなたは結婚の際、親は賛成しましたか?


それとも反対しましたか?



私は2度の結婚で、1度目は反対。


2度目は賛成。まぁ2度目は


「こんなバツイチ娘をもらっていただいて


 スイマセン・・・」の気持ちがあったかなかったか??


でも、今のダンナのことは


「本当にいい人と結婚できてよかったね~」


と家族みんなが喜んでます。




離婚問題を抱えてしまった半数の人が、


よくよく聞いてみると、親の反対にあっていた


というのは見逃せないポイントだと思います。



恋愛も結婚も個人の自由になった現代、


家や親に縛られずにすむようになったのです。


ですから誰と結婚するかも自由。


親が反対したって本人同士がよければ


結婚してしまえばいいこと。



しかし親というのは、年齢を重ねてきており


人生経験も豊富。その豊富な人生経験により、


このタイプと、このタイプが結婚したら、


こうなる、うまくいく、うまくいかなくなる。


こういった予測がある程度つくようになっています。.


その親が反対する結婚なら、ただ漠然と


何となく反対なのではなく、明白な根拠が


あるということです。





              





どんな親でも、娘や息子が結婚したいと


望む相手と結婚させてやりたいのは


山々です。


そこを、あえて反対するのですから、


よほどの考えがあってのこと。



ところが、これから結婚しようという


二人の愛情はピークですから、


親の言うことなんて聞けなくなって


しまうのが普通です。


親に反対されたから、あきらめるなんて


ことをしたら、おそらく一生後悔するに


違いないという結論にたどり着いてしまうのです。


そして、親の反対を突破して


結婚してしまうわけです。


当人達も最初は 「親の反対を押し切ってまで


結婚したんだから、必ず幸せになってみせる」


と気合いが入っています。



でも、月日が経つうちに、そんな思いも


だんだん薄れて、いつの間にか


忘れてしまいます。



問題が起きて、夫婦関係を維持するのに


限界が訪れたとき 「なんで私たち結婚


しちゃったのかな?」 と振り返る。


そこで気づくわけです。


「そういえば、親に反対されたんだっけ・・・


 親の言うことは聞くものだったなぁ・・・」 と。



人間、自ら、経験して、一度頭を打たないと


わからない事ってたくさんあります。


そうやって一生かけて成長していくものですから、


一概にそれが悪い事とは言えません。



とは言え、やはり親の言うことを聞いていれば、


しなくて済んだ苦労を自業自得として


乗り越えていかなければならないのは


大変なことでもあります。