ΨwebshopシャンバラΨ☆カミシバラー☆お洋服と紙芝居のぐるぐるワールド

ΨwebshopシャンバラΨ☆カミシバラー☆お洋服と紙芝居のぐるぐるワールド

インターネットのお店シャンバラ☆オリジナル紙芝居パフォーマー、カミシバラーミキナカムラのブログです☆

1980年タイに初上陸。
1986年伊勢・大阪などフリーマーケットに出店。
1991年伊勢神宮外宮参道 菊花ビルにて「シャンバラ」開店。
2000年インターネットのお店「webshop-shanbara]開店。

テーマ:

ただ今、諸事情により
ブログをお休みいたしております。
他にいろいろ書いてますのでね。手が回りません。
また、そのうちアメブロにも転載させていただきます。


紙芝居も
9月は全く予定を入れずにおりましたが
10月からはまた活動を再開させていただきます。

10月6日(土)、7日(日)
 伊勢まつり
 ふくしまいせしまの会チャリティーブース

 

10月13日(土)津市 香良洲 

天の庭  曼陀羅LIVE 

10月28日(日)四日市 

黒田モーター商会 お客さま感謝祭イベント出演

 

11月4日(日)多気町 
農家民宿 つじ屋 
イベント出演

11月23日、24日 山梨県 某所

 

すてきなご縁がありますように。^^☆


 


テーマ:

ドローンの進化系がタケコプターだよね。
すごいな藤子不二雄。
ちゃんとドローンを想像していたのですね。

1週回らなくても
一瞬だけなら
一周回ったところまで運んでくれる
ドローンを持っている。

 

誰でも持っているが
犬や猫は持っていない。
人間だけがもっている
特殊能力だ。

それは

俯瞰。

行っていないのに

想像できる俯瞰。
想像できる。と言うことは
ほんとは行っている。っていうことだ。
僕らは心にドローンを持っている。

いつでも一周回った世界に
今いる位置のほんのうすこし上に
ふわっと、運んでくれる。

すると、今いる自分のポジションが
たくさんのどうでもいい事の中でからめとられていることが
よおおおおおおおおおおおおおくわかる。(笑)

本当に
日々の悩みなんて
仕事もお金もどうでもいいことだ。
それをすこしずつそぎ落としていったら
生と死だけが残った。

ミュージシャンが
好きか嫌いかなんて
ちょっとドローンで上にあがってみたら
本当にどうでもいい事だ。

スポーツチームの応援も
僕らの人生にとっては
それもどうでもいい事。

だれかとちょっとした意見の違いで言い争っていることも
ドローンに乗って
ちょっと上から自分を見下ろせば
とてもどうでもいい事だ。

さらにもっと上にあがってみたら
日本もアメリカも中国もロシアも
どうでもいいことになってきて
人類の行く末だって
どうでもいい事になってくる。

だって死ぬのは一回だから。
どこでどう死ぬか。というのは
誰もわからない。

その時、ドローンを持っていたら
死ぬこともたいしたことではなくなる。

心にタケコプターよ。
肉体は自由にならないけれど
心はあっという間に時空を軽く飛び越えられる。
それをより訓練したら
自由自在にドローンを操れるんんだ。
そうしてどうでもいい事になる。

どうでもいいってことは
とても投げやりだけど。

同じ投げやりだけど、一般常識で言われる
ネグレストではないのです。
一周回って、どうでもいい。って思えることです。
一周回って前よりは視界のいいところで
些細な問題になる。ということです。

ってとてもざっくりしたことを書いたが
またこれについてはもっと考えてみよう。
 


テーマ:

昔、めっちゃ嫌いやった
ミュージシャンが
年月を経て、ちょっと落ち着いてきたりすると
一周回って好きになったりするじゃないですか。

とても、耐えられなかったことが

一周回るとするりと受け入れてしまう。

それって図で書くと
〇なんですが、


よこからみたら 螺旋なんでしょうね。


蚊取り線香をぶら下げた感じ。

一周回って同じところに
戻ったように思いますが。
少し、成長して
前よりはすこしだけ
上のところにいるのだと思います。

前よりは
ちょっとずつちょっとずつ
一周ずつ回ってゆくものだと
感じています。
 

日々の出来事から
DNA
台風 輪廻転生

銀河系
みんな一周回っています。


テーマ:

700万年前、ぼくらはサルから分かれて
苦節680万年。
やっと現生人類ホモサピエンスになった。

その後
苦節19万年やっと文明を持てた。
いままで生まれてクッテネテヤッテ 死んでゆく
だけだった生き物が



ってことを
考えられるようになったのが


ついやっと2000年前

この2000年で機械だけが
異常に進歩して

感情のコントロールは
幼児並なのに

お勉強は異常にできるようになったから
いろいろと問題が終わらないのだ。

頭脳は大人
心は子ども

 

名探偵逆コナン

子どもに 愛 とはこういうもので
と、言ったってそういう抽象的な考え方は
わからないですよね。

今の世界は経済が最優先の社会だから
抽象的な思考よりも
経済活動が上手な人が
サバイバルに有利な世界です。
これはカンブリア時代から同じ。
さらに文明を持ったから

小、中学生が爆弾や武器を弄んでるのと同じ。
本人たちは、
大丈夫だよ。
自分は十分大人だよ、て思ってるからね。

そういう人たちが今の世界の指導者になっている。
 

しかしそれも行き詰まりつつある感じ。
このままいくとドツボ感がますます濃くなる。

このままゆくと・・・
人類の未来は?

なんて考えると
どくろマークときのこ雲と廃墟の
パンクなイメージしか浮かばないが

そういうときは、
人類の未来。という考え方よりも

ともう一つ大きなククリ に視点を上げて
そこから、将来の自分を考えたほうが
楽に生きられる。

地球上の生命の未来の形態。
地球に現れた生命体の変化(進化)と言う風に考えると
私たちはこれから変化(進化)メタモルフォーゼしつつある存在なのかもしれない。
なんてかんがえると。
人類ごときで、悩まなくていいんだ。
みたいな気分になれる。なれない?(笑)

人類すべていずれは100%死んでしまうことは絶対だ。
いずれはすべてチリに戻り
原子に分解されて
物質になって
そこから僕らの微細なダストが
新たな生命体となってこの地球に現れるのが
それが未来のオレだ☆
なんて、考えてみると

自分のことなんか、
どうでも良くなってきて、

また、明日もがんばろう。って思えます^^☆



 


テーマ:

東京

子どものころ、毎年夏になると母親に
東京に連れて行ってもらいました。
数日間
毎年、その知り合いの家に泊めてもらいました。
1968年から1972年くらいの間です。
昭和43年から47年年ころ。


新幹線のにおいが好きでした。
オレンジ色の中央線に乗り換えて
トッカイか快速。
国分寺という駅で降りて
タマコセンっていう
子ども心にかわいい響きのような
チンチン電車のような電車にのって
学園東町っていうところで降りました。
そこから歩いて10分くらい行くと
母親の友達の家がありました。

カミムラさん。っていう宝石屋さんでした。
ご主人は自衛隊の連隊長をなさっていました。
豪邸ではありませんでしたが
センスのよい昭和のモダン住宅でした。
そのおうちには大学生と高校生のお姉ちゃんと
中学生のお兄ちゃんがいました。

高校生のルーちゃんは美人でした。
シンボウという中学生のお兄ちゃんがいて
そのお兄ちゃんにいろいろ遊んでもらいました。
僕はお兄ちゃんがいなかったので
めちゃめちゃあこがれの存在でした。

カミムラさんちには
いろいろな人が遊びにきました。
毎日、わいわいとパーティーをしているようでした。
みんな東京弁でしゃべるので
なんだかやたら かっこええわ。と
思いました。

いろいろなところに観光も行きました。
まだサンシャイン60もありませんでした。
新宿副都心がかろうじて出来かけてた時代です。
霞が関ビルの36階建てが当時一番でかいビル。です。

東京タワーも行きました。
東京タワーそのものよりも
中にあった蝋人形館のインパクトがすごかったでした。(笑)
いまだに強烈に覚えています。

東京は夢の国でした。
東京から伊勢に帰る日は
とても悲しい気分です。
東京から名古屋、名古屋から伊勢まで
近鉄特急に乗るころは

ああ、朝ごはんは東京だったのに。
なんで 今は伊勢にむかってるんやろう。
ってずっと、どんよりと
田んぼの続く車窓を眺めていました。


テーマ:



暑いので涼しい話題を。

先日親戚の叔母がやってきて
話をしていた時に思い出しました。
叔母の家でお化けを見たこと。


ちなみに私は霊感が強いとかはありませんが
子どものころ2回ほど
お化けに遭遇したことがあります。

叔母の家は群馬県にあります。
小学低学年とき、の夏休みに泊めてもらったときです。

夜寝ていたら
誰かが布団の周りを歩き回っているのです。
誰だろう?と思って
寝ぼけながらも
半分眼を覚ますと

目の前に
白い着物を着た長い髪の毛の
女の人が恨みがましそうにこっちを見ていた・・・
ということはなくて(笑)

誰かが歩き回っているのです。
その感覚がはっきりわかるのです。
その時はこわいとかそういう意識もあまり感じませんでした。
ただ、「存在」だけがはっきりありました。

もう一度は
やはり同じころ
東京の母親の知人の家で
やはり、はっきりと「誰かいる。」って思いました。

金縛りは高校生の一時期、
何回か経験しました。
あれは幽霊というより
脳と体のバランスのような気がします。
身体が眠っているのに脳がおきて
脳内のバグのようなものだと解釈しています。


最初頭の中でなにか小さな音が聞こえてきます。
あれ?救急車のサイレン?って思っていると
その音がだんだんと螺旋を描くように大きくなって
ワンワンワンワンワンワンとものすごい爆音で
頭の中で響き渡るのです。
これはヤバイやつや。と思ったら
ビリビリビリって。
身体がうごきません。
これで目をあけたら
絶対何か見る。と思って、しっかり目をつぶっていました。


大人になってからは
そういうのはほぼなくなりました。というか
幽霊さんとはあまりに波長が合わないようです(笑)
というか
こいつに言うても無駄。って
幽霊さんのほうが、わかっていらっしゃる。^^☆
あんまりお化けに好かれない体質なんでしょうね。

それでもそういう存在はいますよね。
人間は魂の乗り物。
なんて言われますが。

私もそう思います。

ロボットアニメなどで
人間がロボットと一体化して操縦していくアレ。
よく自分は自分に操られている、って感じがあります。
また自分を操っている。って感じる時もあります。
思い込みですけど^^☆

あのイメージです。
今のロボットがダメになったら
新しいロボットに乗り換えて
魂は永遠に旅をする。

仏教では輪廻転生というのでしょうか。

本当はそういう風だったら面白いのになー。
なんて想像してしまいます。



 


テーマ:

あなたはいつも正しい行いをしていますか?


悪いことしたことありますよね。


きちんと説明してください。


だめ、絶対。


ちゃんとやってください。


しっかりと取り組んでいきたいと思います。


彼のいっていることは正しい。


一日一善。


戦争は


世の中狂っている。


おれはだめだ。


当たり前のように
毎日 耳 目 口にする
言葉ですが。
これらの言葉が
わたしたちの社会が
ドツボから抜け出せない。原因のように
最近つくづく感じます。



私は
バカなので文法的なことはわからないし
ロジカルな説明もできません。
ただ、感覚的に おかしい。と思ったことを書いてます。

いまからその説明を書きますね。
ここに書いた太字の言葉の共通点は
単独では存在できない言葉です。

必ず、何かの基準があって、
比較対象として、使われる言葉です。



子育てで一番ダメなのは

「お姉(兄)ちゃんはすごいのに あんたはどうしてだめなの?」
と姉妹兄弟を比較することです。
どうしてかは、もうわかりますよね。

でもこれらの言葉は 
相手に言うことを聞かせるためには
または相手を納得させるには
とても便利ですよね。


その代表的な
善と悪という言葉。

 


これ、パンドラの箱から出てきたんじゃないか?
と思っちゃいます。
この言葉の概念が、通じるのは
ごく狭い範囲のコミュニティでしかないのに
あたかも人類共通のスタンダードとして
用いられるところに
戦争の種がしかけられています。
と、あたしは思いました。


しかも この善と悪の「まちがった」概念を
人々がまちがったまま持っていてくれたほうが
戦争で儲けたい人にとっては有利でしょうね。
でも彼らは悪ではないのです。

 


普段、僕らはいとも簡単に
これは良い、これは悪い
と決めますが。
その基準は極めてあいまいなことが多いです。

物に対しては、善悪の基準が明確なので判断しやすいですが

人間や人間の集団(政党、国家、会社、宗教、人種)
に対してはひとくくりに善悪を言うのは とても危険です。

いい人。っていうけれど
その基準は?根拠は?と
問われると他の人に好印象を与えることが多い。なんて
あいまいな根拠しかないですよね。
そのいい人だって
機嫌が悪い日だってあるでしょう。


殺人は悪い。といいますが
じゃあ死刑も悪いのか。
殺人と死刑は違う。と答えるのかもしれませんが
死刑が殺人でなければなんでしょうか?
死刑はちゃんと法律で判断された処置で・・。
いや、それは理解できますが
それは善悪とはまた別のものです。



法律は絶対善ではないでしょう。
法律を厳格に守る人は
私がいままであった人の中でほぼいません。
車で走っていると
ほぼ全員違法な速度で走っています。
絶対善の前では
1キロでもオーバーしたら違法ですからね。
法律を破れ。と言うのではないのです。
死刑反対、賛成を言うのでもありません。

ただ、殺人は悪いのか?と

根本的に疑問に思うのです。

じゃあ、死刑は置いておいて、
戦争は明らかに殺人ですよね。

殺人が悪いとしたら
戦争も悪い
戦争をする国、
過去にした国すべて悪い
となると
今まで戦争をしなかった国なんてありません。
人類全員悪いのです。
私たちは一人残らずすべてです。(笑)
あしたから出会う人すべて人です。
もちろんおいらもワルよ。
おぬしもワルよのう。

逆に戦争に良い戦争があるとしたら
殺人は肯定されますよね。
ああするより仕方なかったからだ。
じゃあ、仕方ないと自分が判断した時は
殺人は善になるわけですね。
戦争や殺人は仕方なければやっていい。と
教えているところもありますよね。
昔、日本もそうでした。
今でも

戦争するのはどの国でも

必ず防衛省または国防省の防衛大臣です。
戦争省の戦争大臣なんて肩書はありません。
あれは戦争を「仕方ないもの」としているからですよね。

 


そんなら今いる私たちは善人なの?悪人なの?
わたしこんなにいい人なのに?(笑)
というわけで
グローバルに
人類全体に善悪の価値観を適用しようと
善悪の意味がなくなってしまうのです。


そんなん理屈や。
っていう屁だって
屁は臭くて迷惑みたいなイメージで使われるのだと思いますが。
屁に善悪はありません。
なので屁理屈も悪くないのです。


私たちが本当に戦争をなくして争いのない
自由な世界をつくろうと言うのであれば
まず善悪の意味についてもっとよく考えたほうが
良いのではないかと、いつも思っています。

じゃあ、善悪ではなければどうすればいいのか

私はそれを 選択する。または選択しない。
それだけです。
善悪で物事を判断しません。

どちらを選択したら
自分の理想の未来へ続くのか?
それが基準です。
善悪の価値観はその判断を
対立と疲弊を生み出す方向に導くことが多いです。
それも学び、なんですが、そろそろ
もう少し人間社会全体が向上しないと
いつまでたっても戦争のドツボから抜け出せません。

私はだれにとっても居心地のよい
理想の未来を選択します。
そのためにそこにたどり着く
一番近道を自分なりに模索して選択します。
私は平和を選択します。
私は殺人と戦争を選択しません。
善悪で人や国や組織を判断しません。

I Chose PEACE, not KILL.


私はそれを
行動の基準にしています。

なんつって。
どうでもいいんですけどね。


テーマ:



泳ぐ気まんまんで
タオルも海パンもタオルも用意て
6時半からの出演なのに
3時前に現場到着。
そのまま奥伊勢フォレストピアの
薗川に直行。

夏休みの日曜日で
家族連れでいっぱいでしたが

木陰の涼しいところの岩場に腰を下ろし
ときどきざぶんと気持ちよく川に浸りながら
けいこうさんとゆりこちゃんと
今日の流れを打合せしました。
打合せは5分で終わり。
あとはよもやま話をしました。

6時から 岡井けいこうSINGS!

けいこうさん、かっこいいのよ☆

渋さ黒光り★


いぶし銀のようなプレイです☆
その傍らで・・・


私は地鶏ってました。^^☆
本番3分前。
キンチョーの瞬間です。^^☆

最近はやっと無駄に緊張しなくなりました。
もう何度もやっているネタなんでね。

 

 

そこでいきなり打ち合わせになかった
ネタを無茶ぶりする私★^^☆
だってけいこうさんって
どんなに無茶ぶりしてもちゃんとキャッチして返してくれるので
安心して無茶ぶりできるのです。

それにこのネタは私もまだ、
ちゃんとFIXしていないので
もうすこしやってみて
お客さんの受けを確認したかった。と
本番直前に思いつきました。

インドのパン
 
これは海外ツアーを意識した?
バイリンガル紙芝居?
これも今年につくったので
まだ演出を試行錯誤している途中です。
なので、せっかくだからやろう。と
本番3分前に決めました。
後ろにあるボブディランもやればよかったなあ。

眼からビーム


も、新しい手法を取り入れました。

うしくぼさん

時間が30分だったので
ちょうど時間内に収まる感じでした。
自分的にもほどよく集中もしながら
楽しくできました。
浴衣が汗びっしょりになりましたが
汗かくのきもちいいですね。

けいこうさんも いい音を出してくれました♪
わたしも鳥笛でピヨピヨしました~♪
今回は投げ銭をしていただいたお客様にさしあげる
グッズも充実です。

一回の本番は練習20回分くらいの学びがありますです。
って前回の松阪愛宕山龍泉寺から全く練習してませんでしたが^^;)

 

終わってからの出店屋台の
ステーキ丼美味かった☆
ステーキ食べたの30年ぶり(笑)
30年前ネパールで水牛ステーキ食べた。
またはタイのパッポンのサリカステーキ以来です。
焼肉は食べますが、なかなかステーキって食べませんねえ。
鳥豚ばかりです(笑)ってなんの話やねん★

 

そしてなによりも
いろいろな人と出会えたのが
嬉しかったです。
普段、家族かお客さんくらいしか会わないのでね。^^☆
奥伊勢サンデーマーケットではたくさんの人にお会いできて
近況を話し合ったりできました。

みんなそれぞれがんばってる☆
またあたしもがんばろう。と
エネルギーめっちゃもらえました。

ありがとうございます。
 

主催の
小野寺みきちゃん たかゆきさん
いつも本当にありがとうございます☆
お二人は今は
徳島県の山奥で 古見茶屋という
ゲストハウスを作っています。
もうすぐ開業だそうです。

数年前まで大台町に住んでいて
奥伊勢サンデーマーケット始めたのです。
それから今も
わざわざサンデーマーケットを主催しに徳島から
やって来てくれました。
考えられないフットワークの軽さ☆

という訳で
締めは
奥伊勢フォレストピアの温泉♪


シバラー写真はゆりこちゃん撮影です。
紙芝居を見ていただいたお客様

奥伊勢フォレストピアのみなさま
サンデーマーケットのみなさま
いい音を出してくれたPAさん
みなさまありがとうございました。^^☆)ノ

 


テーマ:

FBでだれかがシェアしていたアニメです。

『地球少女アルジュナ(日本が滅びる)』

2001年に作られてほとんど話題にならなかったアニメ
わたしも知りませんでした。

一話は自然農法のレジェンド
福岡正信さんが
登場します。
 

若いころ私も福岡さんの
「わら一本の革命」に憧れましたが
憧れたままで
福岡さんとの距離は縮まらず
エコロジーともほぼ関係なく。
地球にやましい生活をおくりながら
ここまで来ました。

このアニメは12話あって

遺伝子組み換え・種子法・モンサント問題からTPP、原発
今の日本を予言していたかのようです。

youtubeでもいろいろ見れますので
ご覧になってください。
 



監督とのインタビューも面白かった。
監督はこの映画とるまでは
エコとか嫌いだった。と
おっしゃっています。

 

 

わたしもその気持ちわかります。
エコに熱心な人は

なんだか
「私は正しい」オーラが出ていて
(本人にはそんな意識はないのでしょうが)
添加物食ってすみません。
電気無駄遣いしてすみません。
って気になっちゃいます。

エコとかそういうことよりも
私はただ、居心地がいい世界をつくりたいだけ。
みんなにとって居心地がいい世界は
わたしにとって居心地がいい世界。

地球ジジイ ミキナカムラでも
いいですが
地球少年 ミキナカムラの
ほうが
気持ちいいイメージでしょう。^^☆
すみませんねえ。図々しくて(笑)

いくら自分だけの居心地のいい世界をつくっても
周りからひどいニュースばかり聞こえてきたら
それはとても居心地が悪い世界。
耳をふさいで眼を閉じていたら
そんなニュースは入らないかもしれないけど
自分にはそれはできない。
周りで泣いてる人がいたら笑顔にしたい。
すこしでも気持ちいい世界を
作るために
生きている間はできることをします。




 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス