お客さんのはいる店、はいらない店 「立地クイズ」正解 | 森二朗|クリエイティブ入門
2011-10-31

 お客さんのはいる店、はいらない店 「立地クイズ」正解

テーマ:お客さんのはいる店、はいらない店

前回のクイズ。正解はB店です。


クイズを見る人はコチラ




●正解の理由


A店のほうが客席数も多く店員さんの導線もスムーズなのですがこれは経営者目線です。目線をお客様に向け「お客さんが入店しやすい、しやすくないか」を考えた場合、A店は道路に対して入口が直接、接道しているに対して、B店は道路からエントランスをはさんで入口につながっています。B店のほうが通行者の有効導線が広くなりますのでお客さんにとっては入店しやすい店となるのです。




今回のお店はラーメン屋と言う業種からお客さんの店内滞在時間はそう長くはありません。A店より座席数の少いB店のデメリットはお客さんの回転率をあげることで回避することができます。これは来店率調査をした実際の結果なので、この立地は短期的なスパンで開店、閉店を繰り返すデッドゾーンと呼ばれている場所なのです。だからこそ、繁盛店にするためには工夫が必要なのです。






店舗の入店率 正解




店舗開業に関する制作物のご依頼はコチラ
まで






森 二朗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス