稟議をあげる仕組み作りを/事務所HP更新 | 天気予報のできる理系税理士 井上幹康のブログ 

天気予報のできる理系税理士 井上幹康のブログ 

主に税理士試験の勉強方法、不動産鑑定士試験の勉強、自身の自己研鑽メモ、事務所HPの更新情報などを綴っています(内容はあくまでも私個人の私見や体験談になりますのでご留意ください)。


テーマ:

事務所HPを更新しました下矢印

稟議をあげる仕組み作りを

 

あくまでも私の経験上ですが、中小企業では稟議をあげる仕組みがないところが多いです。

税務調査では調査官から「議事録はありますか?、稟議書はありますか?」と聞かれることが多いです。

税務調査で議事録や稟議書を確認する目的としては、議事録や稟議書に取引目的や理由などが細かく記載されているため税務リスクを抽出しやすいからでしょう。

単に元帳の摘要欄だけ見ていくよりも効率的に税務リスクを抽出できます。

では、議事録や稟議書=税務リスクが抽出という理由でこれらの内部書類を作らない方がいいというのは全然違います。

税務リスクの観点では、これらの内部書類は税務リスクを含む可能性がある一方で、税務リスクを減らす効果もあります。

しっかりと作成されていれば、税務調査での提出書類としても証拠力があり、不要な争いを避けることもできます。

 

まだ稟議をあげる仕組みがない中小企業には是非稟議をあげる仕組みを導入してほしいと思います。

 

井上幹康税理士事務所|さいたま新都心 北与野|群馬出身|

URL:http://mikiyasuzeirishi.com

自身の試験勉強の経験を活かし、税理士試験受験生、日商簿記(3級、2級、1級)受験生向けの相談サービスも運営しております。

試験勉強で何かお悩みの方は、是非お気軽にお問い合わせください下矢印

税理士試験よろず相談サービス(対面版)(1時間10,800円~3時間21,600円)

税理士試験よろず相談サービス(メール版)(相談テーマ1個につき1,080円)

日商簿記よろず相談サービス(対面版)(1時間10,800円~3時間21,600円)

日商簿記よろず相談サービス(メール版)(相談テーマ1個につき1,080円)

 

weather-to-tax/天気予報のできる理系税理士/井上幹康さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ