カッコ悪くても毎日走り続ければ | 天気予報のできる数学好きな理系税理士 井上幹康

天気予報のできる数学好きな理系税理士 井上幹康

こちらのブログには、主に税理士試験の勉強方法、不動産鑑定士試験の勉強、自身の自己研鑽メモなどを綴っています(内容はあくまでも私個人の私見や体験談になりますのでご留意ください)。


テーマ:
日商簿記1級受験された方、お疲れ様でした。

合格発表は確か12月から1月くらいだったでしょうか。

1級受験生の方は、大体が会計士受験生とか税理士試験の受験資格取得目標の方かと思います。
もちろん、純粋に1級合格が最終目標の方もいると思いますが、検定試験にしてはなかなか大変な試験だと思います。

私は以下の通り、ギリギリの合格でした。
平成21年11月の日商1級の結果です。

設問1と3がダメダメですね。

日商1級を80点台とか90点台で合格されてる方は、多分税理士試験の簿財あたりも余裕で一発ダブル合格なんでしょうが、私は簿記論一度落ちてます。

日商1級がギリギリ合格ぐらいだと税理士試験の簿記論落ちるのもまぁ今思うと納得はしてます。

私は、日商1級ギリギリ合格、税理士試験の入門科目の簿記論初受験で不合格という具合にカッコよくスタートダッシュを切れてませんが、4回の受験で税理士試験官報までたどり着きました。

カッコ悪いスタートでも、ひたすら毎日休まず走り続ければ、必ず先頭集団をとらえ、そして追い越せます。

今回の日商1級の結果が例え残念な結果に終わっても、試験直後の明日からまた毎日簿記の勉強を続けて春の試験で受かればいいし、税理士試験の受験資格が必要なら、その前にある全経上級を受かればいい話です。


weather-to-taxさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス