会計人コース2018年11月号 記事掲載のお知らせ | 天気予報のできる数学好きな理系税理士 井上幹康

天気予報のできる数学好きな理系税理士 井上幹康

こちらのブログには、主に税理士試験の勉強方法、不動産鑑定士試験の勉強、自身の自己研鑽メモなどを綴っています(内容はあくまでも私個人の私見や体験談になりますのでご留意ください)。


テーマ:

先にもブログで少し宣伝してましたが、会計人コース2018年11月号に私の記事が掲載されております。

今回私が書かせていただいたテーマは、「会計法規集」の試験勉強(主に財務諸表論)における使い方です。

 

専門学校を活用されている方だと税法でいう理論マスターのような会計基準の暗記集を使うと思いますが、私は簿財は完全独学でしたので専門学校の会計基準の暗記集は一切使っていませんでした。

もちろん、専門学校の会計基準の暗記集は市販されていますので、独学といってもそれを買って使えますが、日商1級の会計学の頃から会計法規集を活用していたので今更暗記集に戻るという選択肢はありませんでした。

そんな会計法規集オンリーで理論を勉強していましたが、財務諸表論のTAC全国模試では3位でしたので、間違った勉強法ではないと確信しています。

 

税法の勉強は基本的に専門学校を活用し、理論マスターを使って暗記作業はやっていましたが、必ず税法や通達の原文を見るようにしていました。

 

専門学校の暗記集自体はよくできており、それを使って暗記して受かるというのは全く否定しませんが、私は会計法規集や税法、通達等の原文を見ることを受験生の頃から大切にしてきました。

その理由も今回の会計人コースに書いてます。

 

理論暗記が思うように進んでいない方はじめ少しでも多くの方に読んでもらえたらうれしいです。

 

 

井上幹康税理士事務所|さいたま新都心 北与野|群馬出身|

URL:http://mikiyasuzeirishi.com

weather-to-taxさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス