苦手科目を克服するには | 天気予報のできる数学好きな理系税理士 井上幹康

天気予報のできる数学好きな理系税理士 井上幹康

こちらのブログには、主に税理士試験の勉強方法、不動産鑑定士試験の勉強、自身の自己研鑽メモなどを綴っています(内容はあくまでも私個人の私見や体験談になりますのでご留意ください)。


テーマ:
鑑定士試験の二次試験は、鑑定理論、経済学、民法、会計学の理論4科目と鑑定理論演習の計算科目というヘビー級な試験です。

一方で税理士試験は科目合格制なので、1年1科目しか勉強しない方もいるかと思いますが、私は毎年2科目受験してました。

複数科目勉強しているとどうしても苦手科目というのが出てきます。

この苦手科目を克服するには、個別具体的な勉強方法を議論する前にまずは苦手科目を勉強しないといけません。

人間ですのでどうしても好きな科目、得意な科目を勉強しがちになります。そうすると時間は有限なのでどうしても苦手科目の勉強から遠ざかり、絶対的な勉強量が減ります。

苦手科目の勉強量を増やすには、1番手っ取り早いのは、出かける際に苦手科目の勉強道具だけ持っていくのが良いです。それしかやりようがないのでついつい得意科目をやっちゃうなんてことがなくなります。

あと、税理士試験1科目だけ勉強してる方も計算と理論で、得意と苦手があると思います。理論苦手、計算得意なパターンが多いかな。
そんな時も理論の勉強道具しか持っていかないと決めれば理論に向き合う時間が増やせます。

どうしても苦手科目を避けてしまう方はぜひお試しあれ。

井上幹康税理士事務所|さいたま新都心 北与野|群馬出身|

URL:http://mikiyasuzeirishi.com

weather-to-taxさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス