9月は本当に過去一番のストレスを抱えた1ヶ月だったかもしれません。

 

東京での展示会のレポートをブログにアップするつもりが、先にこのような記事になってしまいますことをお許し下さい。

 

本日オンラインストアのTOPページで報告させていただきましたが、現在、8月、9月の入荷予定の商品について、縫製工場の都合により過去最大の大幅な納期遅れが出ております。入荷の遅れている商品は下記の通りです。

 

・Revolver

・Tyler

・WSP(Black)

・New Stunner

・上記をベースとした加工商品(Dam The River、Blaster、Jokerなど)

 

8月末の時点で工場から納期遅れが出るという報告は入っていました。

ただ、具体的にいつ入荷になるのか?現在の進捗状況はどうなのか?それが分かるまでは皆様にも勝手なことは言えないと思い、縫製工場からの報告を待っておりましたが、9月に入ってから繁忙期にもかかわらず工場が機械トラブルや人手不足によって思うように仕事が進まず、「納期未定」のまま9月も下旬になってしまいました。

 

そして昨日、やっと縫製工場の社長とゆっくりと話をする時間を持つことができ、スケジュールを確認すると、Libertadだけでなく、他のメーカー含め納期遅れでとんでもないクレームになっているとのことで、さすがの社長も疲れ切った様子で、とてつもないストレスを抱えているのが伝わってきました。

 

普通に考えれば、納期が遅れると言うことはプロとして、現場としては一番あってはいけないことです。

しかし、現場を知る僕から、少しだけ言い訳させて下さい。

 

今、多くの縫製工場はもう存続していくのは厳しいくらいの状況下にあります。

特にジーンズなど、田舎でカジュアルを縫う工場はいくら技術があっても経営が成り立たない状況なのです。

 

なぜか?

 

それは仕事に見合う工賃がメーカーから貰えないからです。工場を健全に運営していく工賃、仕事がもらえないのです。

 

僕を含めて、メーカーは好きなタイミングで必要なアイテムを発注しますが、工場は納期を選べません。

 

かといって、仕事を受けなければ売り上げがない。

 

売り上げを作る為に仕事を受けても、ろくな工賃が出ない。

 

そして納期はほとんどのメーカーが同じタイミングで、一気に集中して発注が入ってしまう。

 

うちの縫製工場の社長の経営手腕が...うんぬんではなく、誰でもこんな状況で上手く運営出来る人はいるはずがありません。

 

 

お客様を長らくお待たせしている中で、僕は工場の実情も知りながら、どうすればいいのか....

 

9月に入ってから、ずっとそんなことばかり考えていました。

 

眠れなかった日もありました。

 

仕事が上手く進まないのは、今の僕にとって人生で一番のストレスです。

 

何度も工場の社長とやりとりする中で、時には口論になる直前までお互いを追い詰めたこともあります。

 

 

それでも、どうしようもないんです。

 

何をどうしても、解決することはできない。待つしかない。

 

いくら現場に伝えても、今度は向こうのストレスになるだけで、良い商品ができないかもしれない。

 

待てば待つほど、お客様には迷惑をかけてしまう。

 

しかし、縫製工場は存続をかけた中で一生懸命仕事をしている。

 

今まで仕事をしてきた中で一番頭をかかえた1ヶ月だったと思います。

 

 

9月も中旬に入り、たくさんのお客様から納期についてのお問い合わせ、そしてまだお届が先になりそうだということをお伝えしたところ、数名の方からご注文のキャンセルも入り、本当に心苦しい毎日でした。

 

 

そして昨日、やっと縫製工場の社長とスケジュールの再編をすることができ、遅くとも《10月25日》に納品する、というお約束をいただきました。

 

 

 

ここで皆さんに再度お詫びさせて下さい。

 

今までLibertadは、「受注生産」という形でオーダーを募り、在庫リスクを軽減しながら皆様のご希望の商品を生産し続けることでここまで成長させていただきました。

 

しかしその方法は、今の縫製工場の状況ではこういった納期遅れに繋がりかねないということ、それを見越して生産スケジュールを組むことの出来なかった僕に責任があります。

 

過去にも同じようにお届けが遅れてしまったこともあり、同じような形で皆様にご迷惑をおかけしておりますことを、心から深くお詫びします。

 

本当に申し訳ございません。

 

 

そして、縫製工場の社長からも同じように皆様にお詫びの言葉を預かっています。

 

「この度はご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。お客様に甘えるわけにはいきませんが、何卒、もう少しだけお時間を下さい。必ず良い製品をお届けします。」

 

とのことです。

 

僕もこの生産が終われば少し今後のことを考え直す必要があると感じています。

 

どうすれば、現場に活気が戻るのか。

 

どうすれば、国産の品質と技術を残していくことができるのか。

 

 

僕もふんどしを締め直して、今一度最初からスタートするつもりで仕事に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

最後に、今回ご予約いただいている皆様にご連絡があります。

 

納期遅れのお詫びとしまして、ご予約を継続いただけますお客様には次回ご注文時にご利用いただける割引クーポン3000円分をお送りさせていただきます。(※以前にお伝えしていたデニムコースターにつきましては、工場が縫製できるような状況下にないため、割引価格を改定して補填させていただきます。)

 

 

また、大幅にお届納期が遅れております為、ご予約のキャンセル、返金を受け付けさせていただきます。

 

大変恐縮ではございますが、生産数の都合もございますのでキャンセルをご希望の場合は《9月末日迄》にお問い合わせフォーム、またはお電話にて、返金先の口座番号を併せてご連絡下さいませ。

 

 

 

以上、次回は東京展示会レポの続きを更新したいと思います。

 

KTF.

 

 

------------------------------------------------------

【Libertad Official Website】

https://www.libertad-japan.com/

 

【Libertad Online Store】

(※ご注文はコチラから)

http://wearlibertad.com/

 

◆公式LINEに登録してお得な情報をGET!

(※LINEからメッセージにてお問い合わせいただくとスムーズにご対応できます。)

 

【New!! Libertad 公式LINE@登録URL】

http://nav.cx/gjCnKzX

 

 

 

◆不定期開催の展示会情報はコチラから

https://www.libertad-japan.com/event

 

◆お問い合わせは下記リンク、または電話番号まで

(※SEO対策等の業者様からの営業のご連絡については固くお断りしています。)

 

・070-5507-9886(デザイナー直通、夜間も可能な限りご対応しています。)

 

《メールでのお問い合わせはコチラから》