IACの「大使館でお茶を」イベント第二回@ボツワナ大使館が10月24日土曜日に開催されました。

この二回でアフリカに対する知識が多少なりとも増え、アフリカ諸国をなんとなく一面的にしか見ていなかった事に気づきました。まあ知識が増えたと言っても二国ですけど。しかし何事もまずは知る事から。知識ゼロと一の違いは限りなく大きいのです。その「他国の文化をまずは知る」サポートをしてくれるのがIAC(国際芸術家センター)です。


{BDF0A335-40B9-4977-B6CE-C99C9DC00C88:01}
お茶や軽食はすべて大使館の方々が整えてくれました。ありがとうございます(^^)


ボツワナは1966年にイギリスから独立しました。
私とほぼ同年代。(^_^)
独立した頃には世界の最貧国の一つでしたが、独立した翌年という良いタイミングでダイヤモンド鉱脈が発見された事、計画的な国づくりを進めた事で今やアフリカの優等生と言われるほど豊かな国になりました。教育費も医療費も無料だそうです。素晴らし~!

まず前半は大使館の方によるお国紹介でした。が、紹介が続くにつれ段々前のめりになり、いきなりボツワナに行ってみたい熱が上がる私。なぜならばそれはサファリツアーがとても充実しているから!自然な姿の動物に会えると思うと嬉しすぎて、劇団四季のライオンキングばりに雄叫びを上げたくなります!

サファリという単語は私の中では狩りと結びついてしまうのですが、それは多分勘違いですよね。もちろんこのサファリは狩りではなく、いわゆるネイチャーツアーです。車に乗ってのサファリ、ウォーキングサファリ、カヌーサファリと色々楽しめ、動物の生態や行動を熟知しているガイドさんが案内してくれるそうです。ガイドさんは常に銃を携行してますが、大使館の方が聞いた限りでは1回も発砲した事はないそうです。なんでも某番組でイモトさんが、今まで行った国の中で一番のオススメはボツワナと言ったらしいのですが、写真で見ても本当に魅力的です。

{1E770CD6-D2F0-4E11-85BC-2992DB810EE2:01}
オープンカーでサファリ!なんと大胆。

{D2EAF7CC-BFA0-43A3-A5E1-E4AD3AAA2046:01}
サファリの途中でお茶と軽食@オカバンゴピクニック。

{47CDBE8B-A91E-4882-BB4A-3DA0A4823F1D:01}
女子ならメロっとなる雰囲気のテント式ゴージャスホテル。環境に配慮して大きな建物は建てないそう。撤収すれば元通りのサバンナに!すごい!

もっと色んな写真があったのですが見るのに夢中で撮り忘れ多々です^^;
伝わりにくくてすみません。

世界中のセレブ達が休暇で来た、そんな感じのボツワナネイチャーツアーになんだか胸が高まりました。セレブじゃない私も一生に一度は行ってみたい~(*^^*)

{390B5C54-1472-4663-974A-4B36640F9B60:01}
前回のブログでもご紹介したボツワナバスケットですが、日本の民藝館に展示してあっても違和感ないような、日本人の感覚に通じる素敵な工芸品です。

{4A9829FB-819F-4C6F-9C96-3EB97F6F6F30:01}
食事は内陸国のためやはりお肉が中心。
トウモロコシを粉にしたものやサンプという穀物が主食です。

さて後半はお茶会ですが、今日はボツワナ式揚げパンとマフィン、各種ハーブティー、微発酵させた特製ジンジャードリンク等を用意して頂きました。

to be continue…。




AD