ラノベレビューの反省を生かし、4コマは上から順にレビューしていきます。
並び順、かえたろか(黒笑)

「戦え!アナウンサー」
先生曰く、”一番みずしな孝之っぽいもの”だそうで。
お台場のTV局「マルテレビ」を中心に話は進みます。
報道志望の着ぐるみアナ・久保梢子が主人公、その他強烈な個性を持つアナウンス室がTV局を振り回したりTV局に振り回されたりします。
見所はキャラの多彩さか。
毎年のように入社する新人アナに古株アナが掛け合ってわーわーみたいな。
登場人物多杉と言えばそれまでですが、そんだけじゃあね。駄目よ(何
とにかくあり得ない感じのネタ満載、大団円は驚愕の連続。
6巻纏めてお召し上がりください。

ちなみに僕がみずしな先生の作品の中で一番すきなのはこの作品の脇役・藤丸だったりします(何故かは自分でも解らない>脇役

戦え!アナウンサー (1) (2) (3) (4) (5) (6)