公務員面接対策の重要性

テーマ:
180204_6

【平成29年守口市職員採用試験は、大きく変わります!】
今年から守口市の職員採用試験は
従来の試験を大幅に見直し、
「学歴不問」×「人物重視」
の採用試験に大きく変わります。

府内初の学歴を問わない一次試験での全員面接を実施し、守口市を共に改革、成長させてくれる人材を見出すため、一次試験では、採用担当者が受験者全員とお会いします。

次に、今年度は学歴を一切不問とします。昨年度は大学卒を条件に採用試験を実施していましたが、学歴要件でこれまで公務員試験を目指しにくかった若者にも是非チャレンジしてもらいたいと考えています。

最後に、社会科学、人文科学、自然科学など知識だけを問う「教養試験」はすべて廃止し、公務員試験対策不要の総合適性検査とします。

失敗を恐れず、改革や政策創造に強い意志と自信を持って果敢にチャレンジする人物を守口市は求めます。大勢のご応募お待ちしています。
(守口市ホームページ)

【生駒市の職員採用試験の特徴】
職員採用試験にSPI3を導入!
法律の知識などを問う従来の「公務員試験対策」は不要です。
SPI3は、10日間程度の試験日程から都合の良い日時・会場が選択可能であり、受験しやすくなっています。

採用試験の申込は、例年4月1日から受付開始!
優秀な人材を確保するため、採用試験の実施時期を大幅に早め、例年4月1日から受験者の受付を開始しています。
同規模の市町村が毎年9月ごろに受付を開始することと比べると、早くに採用内定が決まります。

人物重視の採用プロセスを継続!
複数回の個人面接を実施し、エントリーシートだけでは分からない一人ひとりの個性を直接感じ取り、生駒市でどのように活躍していただけるかを丁寧に見極めています。

市役所以外でも説明会を開催!
生駒市内の開催だけでなく、民間企業と同様に合同説明会や大学、予備校などの説明会にも参加。
民間企業志向の人にも、積極的に生駒市の魅力をアピールします。
興味のある方はぜひご参加ください。
(生駒市ホームページ)

公務員採用試験が、大きく変化しています。公務員試験対策不要の市役所が増えてきました。応募者が殺到しているようです。

従来の公務員試験の受験者は筆記試験対策を重視します。高額な公務員予備校に通学する学生も多くいますが、計画的に準備をすれば筆記試験は独学でも十分に合格点を取れます。書籍(専門書)が充実しているからです。私が公務員試験を受験した時も独学で合格しました。

公務員試験は、筆記試験も大事ですが、人物試験重視です。例年公務員試験を受験する学生は、筆記試験終了後に面接対策を行いますが、それでは合格できなくなっています。模擬面接を1~2回受講しても最終合格できません。

確実に志望する公務員試験に合格するためには、答えが決まっている筆記試験対策だけでなく、答えのない人物試験(面接・エントリーシート)と論文試験の対策を早めに準備しておくことが必要です。

日本で有数の国立大学生で公務員志望の学生2名と個人面談を行いました。筆記試験はすべて合格しますが、面接試験は1次面接が通過しません。公務員試験でも【面接対策】がいかに重要であるかが、よくわかります。

【公務員採用試験面接対策1日クラス(模擬面接)】は、面接基本やルール・マナープロセス、面接の評価ポイントについて、模擬面接を通じて基本から実践まで受講生にわかりやすく効率的に解説・指導する公務員面接対策クラスです。
公務員の経験企業人事部採用担当者の視点から、受講生が志望する官庁・役所に合わせて指導・アドバイス・サポートを行います。今から公務員試験面接対策をスタートしましょう。

■受講申込方法
受講希望者は、プログラムを確認の上、お問い合わせ・お申し込みフォームからお申し込み下さい。

■【大学生就活支援プログラム】お問い合わせ・お申し込み
★お問い合わせ・お申し込みフォーム

【大学生就活支援プログラム】
■【就活支援プログラム】スケジュール
■【就活総合クラス】
■【就活総合クラス】受講生の感想
■【就活短期集中クラス】
■【面接対策1日クラス】
■【公務員面接対策1日クラス】
■【面接対策セミナー】受講生の感想
■【エントリーシート添削クラス(通信)】