退職って、ダメなんですか?

退職って、ダメなんですか?

いざ退職するとなると、意外と面倒なものです。少しでも気持ちを楽にする方法をご紹介したいと思います。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

職場環境や退職の仕方にもよりますが、大体迷惑になるんじゃないですか?


余剰人員のいない会社なら、単純に社員一人あたりの負担は増えますし、引き継ぎ中の時間は利益に直結しませんから。




というのも、会社を辞めたがっている社員が、「会社を辞めたら同僚達の迷惑になる」、「自分が抜けたら会社が回らなくなる」と言ったり、「辞めるなら2ヶ月後にしてくれ」だとか「お前が辞めるなら代わりの人材を連れてこい」などと言う上司がいるじゃないですか。



おかしくないですか?



「社内における人的資源の配分は経営陣の仕事」


まず、これが正論だと思います。


ですから、ただの従業員が会社全体の都合を考えて退職を躊躇うだとか、上司が従業員に「会社のことを考えろ」と言うのは、筋違いです。

もし従業員に経営陣と同じ感覚を持って働けというのならば、それに見合った権限と給与を与えるべきです。

権限も給与も与えられないのに経営陣と同じ感覚で働けというのは、やりたい人だけやればいいことであって、強制されることではありません。




私は、退職代行業者を利用してスパっと辞めました。引き継ぎも何もしませんでした。

職場には多大なる迷惑をかけたと思いますが、知ったことではありません。



肉体的、精神的に追い詰められている最中、何を躊躇う必要があるんでしょうか。




人気ブログランキングへ

テーマ:

社長が直接、


「暴き出したりなんかして、会社をつぶしてもいいの」
「労働基準法にぴったりそってたら、(会社は)絶対成り立たない」
「つぶれるよ、ウチ。それで困らない?」


と発言されてますが、まさにその通りだと思います。


これまでも再三同じことを申し上げていますが、社員を”まとも”に働かせていたら、会社が成り立たないからブラック化するんです。(創業当初から意図的にそういうことをするサイコな経営者もいますけど。



しかしこれ、組合を作って、外部組織や労基を動かしたところで、主要メンバーはその後どうするんでしょうか?

凄い働きにくくなると思いますけどねぇ。

退職する前の最後っ屁というならば分かりますけど(笑)




ヤマダ電機や不二ビューティーの件を見ても、時代が変わったなぁと実感します。

何の情報であっても、短時間で縦横無尽に飛び交う時代ですから、労働に関する情報も簡単にシェアできてしまいます。


事が違法である以上、企業側に大義はありませんから、”まとも”になるか淘汰されるかしかありませんね。

人気ブログランキングへ

テーマ:

ちょっと前に、堀江貴文(ホリエモン)さんがツイッター上で、「ブラック企業が嫌なら辞めればいいじゃないか」という発言をされたようで、それについて炎上してたみたいですね。



堀江さんの意見に対しての反論としては、「会社が辞めさせてくれない」、「生活があるので辞めれない」、「条件の合う転職先が見つからない」といったところが主でしょうか。



まず、「辞めさせてくれない」会社への対抗手段ですが、それこそ退職代行業者でも使えばいいと思います。

もしそれで嫌がらせや脅迫を受ける恐れがあるのならば、市町村で無料の弁護士相談室がありますから、退職代行業者と併用して、脅迫を受けた時の対処方法を相談してはいかがでしょうか。



私の場合、退職代行業者の方に、自分が弁護士とも相談していることを会社側に伝えて貰うように依頼しました。そのお陰かは知りませんが、会社側から直接何か言われることはありませんでした。


これで、何も問題なく退職ができると思います。




次に、「生活があるか辞めれない」、「条件の合う転職先が見つからない」という意見ですね。

転職先が見つからないって、本当ですか?

私は退職代行を利用するという退職方法を取りましたが、100戦100勝と言わずとも、そこまで苦労せずに次の転職先が決まりました。

そもそも、本当に労働条件の良い転職先を探したり、実際に何度も行動したりしているのでしょうか?


本当に苦労しなかったので、にわかに信じられないのです。

私の知り合いで、入社2年未満で退職して転職した方々を2名だけ知っていますが、2名ともそこまで時間をかけずに、同ランク程度の企業には転職ができていました。労働条件も大幅に改善されているようでした。



その2名にしても私にしても、別に特別能力が高いわけではないと思います。(私を含めて3名とも営業職だったので、特別なスキルがあるわけでもないです)

普通のコミュニケーションができて、計算能力や性格に問題がなければ、転職先は容易に決まるものとばかり思っていました。

もしかして、営業職が嫌って人が多いんでしょうかね?営業も、内容は会社によって全く異なるんですけどねぇ。そもそもブラック企業に勤めてる人が、職種に拘ってる場合なんでしょうか・・・。



ただ、年齢の問題はありそうですね。


ですから、下手にブラック企業に長居して転職に不利な年齢にならないように注意するべきかもしれませんね。




堀江さんの意見については、私も賛成ですね。

劣悪な労働環境の会社は、労働者の流出という形で市場から淘汰されるべきだと思います。





人気ブログランキングへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス