教育現場の話

テーマ:

地元から

静岡県教職員互助組合の皆さんが

参議院議員会館まで来てくださいました。


なんと、

7275人分の陳情署名を

届けてくださったのです。

重さはもちろんですが、中身も重い…。

責任持って受けとりました!!


理事長の渡邉さんは元中学校の先生。

その経験から

現場の先生方の大変な現状を

教えていただきました。


多忙を極める先生方は

トイレに行く時間もない、

部活動があるため土日も休みがない、

研修なども多く

ゆっくりと子どもに向き合う時間がとれず

辛い思いをしている、など。


先生方が安心して本来の教育活動が出来るよう、

教職員定数の改善など

私もしっかりと声をあげて参ります。


教育はやはり国の根幹ですし、

何より子どもたちのため頑張らなくては!


Chaoビックリマーク