泡のような愛だった。

テーマ:

芸能人のファンクラブ入ったことある? ブログネタ:芸能人のファンクラブ入ったことある? 参加中


先日、aiko のNew album 『泡のような愛だった 』、発売になりましたねー!

もちろん、初回限定盤をネットにてポチってありました :*:・( ̄∀ ̄)・:*:


__ 1.JPG__ 1.JPG



 01.明日の歌

 02.染まる夢

 03.Loveletter

 04.あなたを連れて

 05.距離

 06.サイダー

 07.4月の雨

 08.遊園地

 09.透明ドロップ

 10.君の隣

 11.大切な人

 12.キスの息

 13.卒業式


という、今回もタイトルだけで「aikoだよねえ・・・!」とお腹いっぱいになる収録曲です。

なかなか時間がないからゆっくりと聴けていないのだけれど、

iPodに取り込んで、昨日やっと全部通して2~3回聴けました。


__ 3.JPG__ 3.JPG


aikoはもうかれこれ15年前くらいからすきで、ずーっとCDも買い続けているし

わたしが今唯一ファンクラブ(BABY PEENATS )に入っているアーティストでもあるのだけれど。

やっぱりそれだけの月日が流れれば、aikoの楽曲とかも少し変わってくるよねえ。

わたしもaikoも、同じように歳を重ねたよなあ・・・といった感じ・笑。


今作は、正直メロディはそこまでズバッと印象的な感じの曲が多いわけでもなくて。

(だから、昔のアルバムに比べて明らかに一般受けはしにくくなってきている気がする・汗。)

そのかわり、歌詞がもうずば抜けてますよね。 突き抜けましたよ、aikoさん。

単純じゃない感情や状況や、そういったものを歌詞にするのが増えた気がする。

さらさらと、自分の中にある尖ったものや汚い感情や そういったものをも言葉にしていて

それは歳を重ねて30歳になろうとしているわたしには、昔の曲よりもしっくり来るなあと。


でもあれだよね、aikoが恋やら愛やらのうたをうたっていて、それに何かを想うとしたら

もうわたしの場合はこれから先というよりかは過去を照らし合わせるしかないんだなあと。

(結婚した今、恋愛的な出逢いや別れってこれからはないはずだしさー。)

そう考えると、結婚する前の若い内に色々な恋愛をしておいて良かったなあ なんて思ったり。

しあわせだったり、ふしあわせだったり。 奪ったり、奪われたり、傷つけたり、傷つけられたり。

色々な恋愛をしたけれど、それで色々な感情を知ることができたし、

人生のみずみずしい貴重な頃合に、貴重な経験を沢山できて良かったなあと。

ま、今になってそう思えるけれど、当時はそれこそ恋愛の山や谷に苦しんだりもしたけどね?笑


そんな過去の恋愛をふと思い出したりもしてしまうような、濃い歌詞のいちまい。

まだしっかりと聴き込めていない段階だけれど、はじめの「明日の歌」はなかなかすきかも。

タイトルがチープな感じがして不満足だけど(コラ)、編曲とメロディラインもクセになる良さ。


__ 2.JPG__ 2.JPG


そして、まだ聴けていないけれど、おまけについているラジオCD。

今回、初回限定盤のコレと、通常版にもついているコレって内容が違うらしくて

そういう売り方ってaikoには珍しい(はじめてか?)から、賛否両論あるらしいんだけど。

まあ、売らなくちゃいけないオトナの事情もあるんだろうし、そこは何とも言いませんが

わたしは通常版は買いませんーーーごめんaiko (;´▽`A``


前にDVDのおまけでもラジオCDがあって、それが好評で今回のコレもまた出たんだろうけど

アルバムの方と違って、ラジオ的なものは何回も聴くというものでもないしねえ。

(わたしは多分、1回聴いたらまたしばらくしてリピートすることはなさそう・汗。)

ラジオ的なものとして、何かしながら聴こうかなと思います。

こうやってブログとか書いてる後ろで流せば良いんじゃん って感じなんだけど、忘れた!笑


それにしても、超勝手に「aiko、あのひとと別れたんだろうな」と思わざるを得ない内容でしたわ。

(もちろんしあわせでいてくれたら良いし、もしもまだ続いてくれていたらステキだけれど。)

ここ近年の活動も異常なツアー三昧だし、今作の歌詞もなかなか重いし攻めてるし?

「泡のような愛だった」 そのタイトル、すきですけどね。


音楽をゆっくり何もせずに聴こうという余裕がなかなかない毎日なので、

ひとりでお出かけするときの運転のおともに、車の中でじわじわリピートしていこうと思います。