顎変形症手術をしてから

もうすぐ7週間半が経ちました。

 

手術後は1~2週間は食欲がないことに加え

口を開けることが困難でとにかく食事が面倒だったため

体重が4kg落ちてしまいました。

 

病的な自分でも気持ち悪いほどの体重となってしまったため、

体重を増やすべく

毎食後にデザートを食べてカロリーを摂取するようにしていました。

デザートなら口の中で溶けるので食べやすいし、

面倒でも食べたい欲求の方が勝ちますから。

 

その後、少しずつ食べることが楽になり、

体重も2kg戻ったため

デザートでなくちゃんとした食事で栄養を摂るよう

デザートはたまに食べる程度にしました。

 

ところが、2kg戻った体重がここ数週間また減少傾向にあります。

 

原因は二つあります。

  1. 仕事に復帰したら消費カロリーが増えた
  2. 先週から固形物を食べるようになったら、食事が面倒になった

 

仕事に復帰したのは約4週間前です。

体重がまた減ってきたなと思っていましたが、

そのうち固形の食事ができるようになったら食べる量も増えて体重も戻るだろう、と

体重減はあまり気にしていませんでした。

 

今柔らかめの固形物を食べるようになったら、

食べるのに時間がかかるし、

食事の際に下唇も噛んでしまうし、

食べるのが面倒でもういいや。。。となってしまうのです。

 

また、体力の回復が精神面での回復に追いつきません。

在宅勤務なのにかかわらず

夕方になるともう疲れてぐったりとしてしまいます。

また出勤するようになったら、

今のままではオフィスへ行って1日働いて帰ってくる体力がありません。

 

手術前は在宅勤務後にジムに行くという生活パターンだったのですが、

このままでは体力的にいつジムに行けるようになるやら。。。

(ロックダウンで今はジムも閉まっていますけど、来月半ばには規制緩和見込みです)

 

というわけで

いつか食べられるようになったら自然と体重・体力が戻るだろう、

という安易な考えを考え直しました。

 

年齢的にも体力は年々落ちていくのがあたりまえの年です。

自然と回復を待っていたら、永遠に元の体力まで回復できないような気がしてきたのです。

 

筋トレ時で言われる

『No Pain No Gain』

ではないですが、

 

もう少し『挑戦』してみるのも必要なのかもしれません。

 

そこで、やることといったら

食事量、運動量(特に筋トレ)を増やすことかと思います。

 

食事量は

  • ピューレ状の食事を併用し、無理に固形物を食べなくてもいい
  • ゆで卵作っておき、ちょい足しやおやつとして食べてタンパク質摂取量を上げる

 

運動量は

  • 超短時間でもいいので筋トレの時間を1日2回(朝と夜)確保する

 

思いつくことでできそうなことはこのくらいです。

少なくともあと1ヵ月は在宅勤務が続きますので、

在宅勤務期間中はこのパターンでとりあえずやってみます。

 

『挑戦』してみようと思えるくらい、元気になってきたということかな?