”熱いものほど青く冷たくみえる” | 楪蒼朋 流浪の民

楪蒼朋 流浪の民

揺れ動く日々は旅の途中 
何かを心に留めながら生きるために 
ふとした思いを解き放ってゆこう





青という色は  嫌いだった訳じゃない

ただ  自身からは遠い


もしかしたら無意識に遠ざけていたもの


なにかを恐れていたのか




ふとしたときに  子どものころの  

  理科の授業を思い出して


星の温度


  赤っぽいほうが低い  と


シリウス  たしか青白いとかで温度高かったって  いってたっけ







青い炎に引き寄せられる



人間に対してもそうしたことがあるなんて




おかしな話し  自分では優しくないし
物事にも冷めている

つめたいと思われてもしかたないと  感じてきた

だれかといたい氣持ちがまるでないとはいわない
とはいえ  無理をしてまでつるんでいようとも


なまじ友達の枠にはめられても見せかけだけ

力関係に支配されて緊張を強いられる




感情を  どこかの時点で手放した


そう  思っていたのに



自身の  青い炎を  認めたくなかったのかもしれない


おそろしく惹かれる存在に突きつけられた冷たい熱



嗚呼  そうだ  火傷どころじゃなく


むしろ凍傷に近いのか


氣づけなかったことに笑ってしまう




優しくて冷たい  冷たくて優しい

なんかの歌詞にあったけど

いまならきっと  受けとめられる氣がする


似てないようで  奥底にある青い炎は互いをひきつけるから




動の表現だけが熱じゃない


静かな  深みある熱さもあっていい


空のかいな  海のふところのごとく








受胎する  青

改訂新版 オーラソーマ・ボトルメッセージ【電子書籍】[ 武藤 悦子 ]
¥1,386
楽天

君はそれ以上 〜出逢い【電子書籍】[ 楪蒼朋 ]
¥924
楽天


「俺たちは、『浄化』されなければならない」
“青い炎”が周囲を取り巻いていく。









「・・・・・・“力”だけで支配できるものなんて、何ひとつないんだ」
 決して無視しては通れないもの。
 それを忘れてしまった『存在』には。

    『君はそれ以上~出逢い』より  まだ見ぬ君に



*連なる宇宙*
焰  ho no ho





〈楪  書籍関連〉 


 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞

http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/


 

              
∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

(出版社の書籍詳細ページへ移動します)





 


 

 








にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村