みんな誰もが神様だった -瀬織津比売と邇芸速日命- | 楪蒼朋 流浪の民

楪蒼朋 流浪の民

揺れ動く日々は旅の途中 
何かを心に留めながら生きるために 
ふとした思いを解き放ってゆこう


・・・タイトルを視たときに「あ」、と。


何冊か視えない世界に関する本を読んできて辿り着いた
一説の(一節の)ようだったから。

並木さん式にいえば、

「腑に落ちる」

感覚なのだろうけど。


どんな本なのかなあと興味が向き始めると面白いもので
本について書かれたかたの記事に行き当たり。


私は「恋ひ慕ふわよ」フレーズに納得


この時点で読んでみようと8割かた決めていました。



内容をおおよそ確認すると、自身が氣になる項目がいくつもあり、
よくは分からないながらポイントとして押さえておきたいさまざまな
神様のことも話されているみたいで。

一番大きかったのは・・・矢作先生の存在。

先生の著書、読んだことないんですが最近、凄く
意識のなかに入ってくるんです。


なんだかその感触見透かされてるかのごとく出現した並木さんの本。





感想や意見は読み込んで昇華していかないと安易なことは書けない、
なので関心あるかたは読んでみてほしい、としか今は。

ただね、スピリチュアル(この言葉なんとなく上滑りするんで
本音としては実は書きたくない)のとらえかたがわりと人によって
別れていて、途方もなく遠くにあるもの、あるいは特殊なことと
思われているのが違和感あって。

自分としてはけっこう近い場処、なんじゃないかと。


それと、今回に限った話し(並木さんの本だからという訳ではなく)
とはいえない、人間世界のことなんだけど、

・・・厳密に言うと視えてる領域・観ようとしないとつかめない、
でも、放っておくと場合によっては命にかかわる大事な・・・


そういう一人ひとりの魂から宇宙ってできているものだから


日常、どれだけ自分自身でいられます?

理解しているようで正体不明なのが私、ってことないですか?


生きてくうえである程度なにかに影響されることはあるんだと思う、
そうであっても流されるだけだと本物って何?自分のいる位置
どこなの??で右往左往。

疲れるし生きづらい、

中心(真)軸に立ち返る作業が必要だと。


たとえば食事に行ってメニューを選ぶとき、好きなもの食べたいのに
カロリーが氣になって別のを頼む、「同じでいいよ」と選択権放棄して
連れに合わせる、

これ繰り返してるとそのうち自分で何も決められなくなってくる。

いかに周囲の刷り込みや色付けが激しいか、
時折、深く掘り下げてみないとな・・・・・・


それはあなたの、ほんとうの氣持ちですか?


だれかの思惑に、からめとられていませんか?






具体的に、こういう神様がといった意識のしかたは少し前まで
しなかったはずが、水だったり流れだったり、龍神、が
そばにあるのだろうか、と感じはじめた頃からまさにそうした
関連なのか

瀬織津比売(せおりつひめ)

の存在がふわっとうかぶようになりました。

心身のバランスをとる重要性に目覚めてから
かなりしつこいぐらい水色やあお、水晶とかイルカなんかの
水棲動物もメッセージに出てきてたもんな。

こわいくせに水にぷかぷかしてる感触でなつかしくあたたかく

瀬織津比売に包まれてる、対としての邇芸速日命も
一緒なんだろうかと観じると、どこか安心もあり。



あくまで一個人の想いとして海と空(天)もひとつに融け合い
銀河のなかにいのちが生きる、と七夕へ繋がる氣がしたので

邇芸速日命(にぎはやひのみこと)

にもフォーカスしてみました。





あなたはわたし  わたしはあなた


こころとこころがつながって


うつくしきひかりが拡大してゆきますように



みんな誰もが神様だった [ 並木良和 ]
¥1,512
楽天
君はそれ以上 出逢い [ 楪蒼朋 ]
¥1,296
楽天


生まれたいのちが


大切なひととしあわせであることを祈りながら


ひと文字ひと文字


織りなしていった時空




あなたにめぐりあえたら嬉しいです。

お付き合いくださり有り難うございます。


  楪蒼朋  ゆずりは・そうほう





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ
にほんブログ村


「知ってる?人間って生まれてくるとき“水”のなかにいるんだって」
「・・・・・・ああ、たしか『羊水』って・・・・・・」
「そう、それ。オレは科学的な根拠とかは分からないけど、海が恋しくなるのって、そういうことも関係してるんじゃないかなぁ・・・・・・」

 『君はそれ以上~出逢い』  そら とぶ ゆめ  より


〈楪  書籍関連〉 


 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞

http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/


 

              
∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

(出版社の書籍詳細ページへ移動します)



ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION