楪蒼朋 流浪の民

楪蒼朋 流浪の民

揺れ動く日々は旅の途中 
何かを心に留めながら生きるために 
ふとした思いを解き放ってゆこう

地球にどっかりと 根を おろしているかい


自然な呼吸が できているかい



その場処は らしくあれるかな



こころとからだのささやきに 感覚を研ぎ澄まして



氣づかずに通り過ぎているものが たくさん


みている きこえるものだけが すべてじゃないから



倖せで 愛であるために


きみはこのせかいに生まれてきたんだ




おしゃべりが上手な訳でもなく、曲を作って歌うのでもないけれど。


支えてくれてありがとう。

そばにいてくれてありがとう。


私はここにいます馬



この場処は、“ときがたり”楪蒼朋のAmeba基地です。

言葉や文字で、音で、色で、どんなせかいが描けるのか探っています。


アナログ式で、のっそり動くため、世情と逆走していたり(?)

時代の流れにそっていなかったりもございます。

ちとへんなやつではありますが、かみついたりはしませんのでカメ



ここで語っていくことが、どこかへぽーんと届いたら、すとんと腑に落ちる

ことがあるのなら。

少しでもこころに響くものがありましたら幸いです星


星空『君はそれ以上~出逢い』 楪蒼朋 著 文芸社より発売中 

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



君はそれ以上~出逢い/楪 蒼朋
¥1,296
Amazon.co.jp


伝えたい想いを風にのせて。。。。虹



ヒマワリ『僕のたからもの』 電子書籍発売中 http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/




読者登録は受けつけていますので、よろしければどうぞ。


本日はお立ち寄りいただき有り難うございます。



留守がちなときはこちらへロケット

http://gaiatwindragon.hatenadiary.jp/

さくらんぼゆずりは虹色ことたま(ほぼ月1更新ペースです)

   ~2017年8月ココログより移籍しました~


Φはてな時空のもろもろについては状況に応じてととのえる予定ですアート






流れ星『君はそれ以上~出逢い』の電子書籍も発売されました

  期間を限定しての企画 ということなので 氣になられましたら

  おはやめに。。。  よろしくお願い申し上げます


  Amazon Kindle

  楽天kobo



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村





Φ活動記録  2004年・2005年書籍出版


 

僕のたからもの/楪 蒼朋

 
君はそれ以上~出会い/楪蒼朋


新風舎版の上2冊は在庫があります。お問い合わせください。
 
 

問い合わせ用のアイコンを設置しました。←上記はてな時空へ
記事下にある☆水仙の花☆より、本に関する質問、楪〈ゆずりは〉への
メッセージなどありましたらどうぞ。
 

※スマートフォンは文字化けしますので、PCの(フリーメール以外の)
アドレスが無難です。現時点でGmailの場合は正常に送受信できて
いるようです、参考までに。

 





テーマ:

あつい日が続きます。

いかがお過ごしですか?




PCを扱う部屋が、強烈に冷やせる状況にないため、
時間帯をみたり室温観察しつつ。


5年くらい前の夏もからだに異変を感じたのですが
今年はそれを上回る密度の危険を。

屋内でも屋外でも通常ならできる連続行動ができず、
たまに「しまった!」をやらかしてます・・・・・・
(ささいな違和感も見落とさぬよう、熱中症こわいです)


ものすごくペースを落として運行している感じの。

そんななか、ゆっくり、主たる柱をたてなおし。



志を同じくするかたたちと


ものがたりを顕現させられるよう


いのりにも似た氣持ちで



ともにある彼ら

君はそれ以上~出逢い/楪 蒼朋
¥1,296
Amazon.co.jp

君はそれ以上 〜出逢い【電子書籍】[ 楪蒼朋 ]
¥907
楽天




あの瞬間に観えた彼らの姿をこの時空に
あらわさなければと感じた

パラレルに何処かにある世界


自分は文字によって視えないものをかたちづくっていく
過程ですが、さまざまな存在とともに、より色鮮やかな
光景を織りなしてゆければと。





心身と対話しながら中真~神の宿る場処~をみつめています。

道中をごいっしょできたら幸いに存じます。

http://gaiatwindragon.hatenadiary.jp/
虹ゆずりは虹色ことたま虹
http://profile.hatena.ne.jp/gaiatwindragon/




みんな元氣かな・・・



もうすこしどうにかしたい、と思うこともあるでしょうけれど
普段の大丈夫、からかなり差し引いたテンポで動いたほうが
良いかもしれません。



いのちを大切に、くれぐれもお氣をつけて。


子ども虐待防止「オレンジリボン運動」





にほんブログ村






〈楪  書籍関連〉


 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞

http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/



∞Android 版 『僕のたからもの』∞

http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11747753777.html



∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

(出版社の書籍詳細ページへ移動します)



∞『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について∞
http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11886673389.html








山頭火が意識をよぎる昨今








ひとは  みんな
ちがいがあるのがふつうなのに
どうして
ちいさなわくのなかに
おしこめようとするんだろう

なぜ
ちがう  ことで
あらそうんだろう



このほしから

いのちのきらめきが

きえてしまわぬことを





「ガイもヒロムもただ、『自分』を生きようとしただけだ」

  『君はそれ以上』  こころをつないで より


テーマ:


私にとって野球の入門書であり、少年まんがの面白さを知った
水島新司さんの「ドカベン」。


始まりがあれば必ず終わりは来るもの。

とうとう、長い歴史に幕が。


新聞にその話があり、嗚呼、ついにやってきたのかと。

私の場合は連載でみたのではなく、たしかアニメ化されたものの
再放送がきっかけだったと思う。
本屋さんでちらほら読んだり、単行本何冊かまとめて買ったり。

ぼんやりと・・・記憶にあるのが親戚のうちの本棚。
遠目に見たからはっきりとはしないけど、たぶん、単行本そろってた
ような??(誰の趣味だったのかも不明・・・)


プロ野球編以降は読んでいないため、誰がどの球団に行ったのか
その後のエピソードはまったく分からない。
・・・ん?岩鬼は夏子さんと結婚したのか!?・・・

どっかでその記事か文言か目にした気が(・・;)

現実のことじゃないんだが、作中での二人に関してはちょっと
意識があったんでホントだったらよかったなあと。


高校野球の時代、えっと、厳密には里中が山田スカウトする(^▽^;)
あたりは中学時代も含んでたっけ?記憶違いだったらすいません、
最初のシリーズ47巻くらいか、はおそらくだいたい内容把握してる。

対戦相手もなんか強烈だったよね、どう見ても高校生に見えない
面々がぞろぞろ。悟ったみたいな輩もいたし。

相手側でけっこう好きだったのは、横浜学院のバッテリー、
土門と谷津。出会いのときのエピソードもほのぼの。


では、明訓高校では誰なのかというと、小さな巨人・里中、
当時はアイドル並みに人気あったと聞いた。実際、作品に対する
感情移入の大半はこの人が発端であったと思うのだ、
なんとなく態度がでかい、ある意味自信に満ちている、ところ
などは私の性分として少々ひいてしまう、のであるが

言っていることに間違いはなく、しかもそれが並々ならぬ
努力の賜物であると分かってしまうと・・・こいつ、凄いわ(  ゚ ▽ ゚ ;)

山田にしても岩鬼にしても、キャラの背景にはいろんなものが
詰まっていて、読んでいくと自分もそこに属しているような
錯覚があり。

だからこそ、ずっと読み続けられたのだろうと。
(続編にあたる「大甲子園」ってあったと思うけど、位置づけとしては
どうだったのかな?「ドカベン」のシリーズの一部なんだろか)


46年か・・・

いっしょに歩んできた感はある。

はまってる時代は学校に提出する日記とかにアニメのコメント
書くわ、まんがから触発されてイラスト描くわで勉強どころじゃなく
←こらこら

担任の先生呆れてただろう、きっと(_ _。)

でも、本人は日々のもやもやのなかで自己開示の手段らしきものを
つかみかけていたのかもしれない、

音楽、のせかいに身を置きつつそこを起点になにか、

突破口は殿馬の存在。


彼、独特の風情あったから親しみあってさ。

ピアノ天才肌、そっちの道に行っても相応のひとになったろう、
それでも山田たちとともにあることを選んだ。

力みのないひとだけど、いざというときの行動力やさりげない
フォローは周囲に大きく、・・・どういえばいいのか、懐が深い・・・
いまになってリズム、のもたらす心地好さについておもう、


ことばにも文字にも振動、リズムがともない
生命活動そのものに細胞から波が伝わる


殿馬みたいにさまざまなものから周波数、のようなもの
とらえて調和へ向かってゆけたらと想いながら。


作品世界を構築くださった水島さんやキャラクターたちに感謝をこめて

記事にしたためました。





私を生かしてくれて有り難う

※作中の人物名や学校名の記憶が定かではなくなっているため、
もし違うところがありましたらどなたか教えてください・・・





にほんブログ村





〈楪  書籍関連〉


 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞

http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/



∞Android 版 『僕のたからもの』∞

http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11747753777.html



∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

(出版社の書籍詳細ページへ移動します)



∞『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について∞
http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11886673389.html




梅雨時は、氣持ちが落ち着かないこともあると思いますが、
メンテナンスシーズンともとらえ、自分自身の最奥をみつめてみる
のもいいのではないでしょうか。


・・・・・・物語を描いていた頃は嵐の只中だった・・・・・・



いきるために“ものがたり”が必要といわれるゆえんを
痛いほど感じていた時季でした

僕のたからもの/楪 蒼朋
Amazon.co.jp〈参考〉


君はそれ以上 〜出逢い【電子書籍】[ 楪蒼朋 ]
¥907
楽天


しずかなときを  




物語の役割 (ちくまプリマー新書)/小川 洋子

¥680                         い                                          

Amazon.co.jp                     の 
                             り
                            の
                             じ
                                                               か
                             ん

君はそれ以上~出逢い/楪 蒼朋

¥1,296

Amazon.co.jp



テーマ:




という訳で(!?)ドラマトークです(`・ω・´)ゞ

全体的には半分くらい進んだのかな。。。


もうちょっとはやく書きたかったんですが、準備しようとした矢先に
風邪もらってしまいまして・・・・・・目下厳戒態勢のなか、いくぶん
脳みそもわっとしつつ。



鈴木京香さんすきです、わし(〃∇〃)

なのでドラマ出演知ったときは舞い上がりました~~☆彡

しかも、文字フェチ??の役とな◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



さらに波瑠さんとのタッグ!!←この書き方へん?


もうこれだけで顔の筋肉ゆるみっぱなしо(ж>▽<)y ☆


・・・ちなみに私が最近、お二人の出演で印象にあるのは
えーと、京香さんが訳ありの刑事さんの役のときと、
あ、もひとつ(どっちもスペシャルドラマ、かな?)
じんわりとした女心を感じさせる、こちらもいわくありな役。
薄幸な雰囲氣のひと、だったからしあわせになってほしかった・・・
波瑠さんはたぶん、お正月に観た『娘の結婚』。
中井貴一さんがお父さんだったのでなおさらいいなあと
感じたのかもしれませんが、淡々とした日常のなかのさりげない
父と娘のやりとりがとても沁みましたね。


そんなお二人の本編中のことば(セリフ)の応酬。

なんじゃこりゃ、みたいなオチもあり、世代ギャップが
可笑しすぎ・・・・・・まあ自分も鳴海先輩や草加主任サイドなんで
思わず苦笑いなんですけど。

ただ・・・文書ひとつから人となりが読み取れるというのは、
単なる妄想とは思えず。鳴海先輩、文書心理学って言って
ますか、専門分野ではないですが実際、文字や文章から
相手の氣配のようなものを観じることはあります。

ですから先輩の空想として、矢代さんが話しを聴くかたちでは
あるけれど肝心な部分では的を射ている。そうした能力って
ものすごいことなのだと。

無意識も含めて人間って何かしら言語に対するこだわりが
強いのじゃないかと思うし。


ことばにまつわるヒントから、さまざまな人間模様が
観えてくる物語、

渦中の人たちはある視点で、愛情ゆえの罪を犯してしまう、

たしかにそれは悲劇、なんだろうけれど、
事件の解決とともにかすかな光がのこされる。


人の間に通う、情というかけらの。


矢代さんの真っ直ぐさがそれを可能にしてるんじゃないかな・・・




昔の仕事で文書って日常的に扱ってたし、現在もある意味
ことばや文字や表現に引っ掛かりながらいきてる関係上
どうも他人事に思えないとこが。

精神衛生上果たしてどうなんだか不明、とはいえ
倉庫とか地下とか微妙に明るくない場処に反応しまくり、


第6係(文書解読係)
・・・下りたり上がったりは大変そうだけどねえ・・・


なんか毎回どきどき観ています。




さて、こちらへお越しの貴方は、肉体派ですか?

それとも頭脳派?





にほんブログ村



君はそれ以上~出会い/楪蒼朋
¥1,728
Amazon.co.jp


君はそれ以上~出逢い/楪 蒼朋
¥1,296
Amazon.co.jp

   ↑↑

鳴海先輩レベルではないものの、ひと文字、表記のしかたで
異なる様相となった2冊。上の新風舎版(2005年発行)は
在庫ありです。もしも興味関心湧きましたら“ゆずりは虹色ことたま”
側のアイコン~水仙の花~からおたずねください。

http://gaiatwindragon.hatenadiary.jp/
*ゆずりは虹色ことたま*



〈人を信じること、夢や希望をもつことは決してカッコ悪いことじゃない。もし人が信じることや夢見ることをやめてしまったら、人は人でなくなってしまう。生きていくってそんなにカッコいいことばかりじゃない。でも、“生きてる”ってそれだけでもすごいことなんだと思う。人はひとりでは生きてはいけない。カッコ悪い自分、弱さとかもろさとかそういった部分をさらけ出せる相手がいることがとても大切で、何より幸せなことだと感じています〉

      『僕のたからもの』からのメッセージ



〈楪  書籍関連〉


 

∞『僕のたからもの』  IOS版∞

http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/



∞Android 版 『僕のたからもの』∞

http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11747753777.html



∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

(出版社の書籍詳細ページへ移動します)



∞『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について∞
http://ameblo.jp/water-lily78/entry-11886673389.html  


 

 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス