まさきの事件簿 うれしい電話 | 私のダンスノート(&日常)

私のダンスノート(&日常)

※社交ダンス関連の話を中心に、私の日常も織り交ぜて書いています。よろしく、お付き合いください!
※社交ダンス用語のことならHP「私のダンスノート」へ。 http://watashinodancenote.org (2014年7月より)


テーマ:



ゴロゴロしているうちに もうすぐ寝る時間だ(汗)。


お昼頃 知らない人からお電話を頂いた。

どうしても電話をしたかったという。

ビビり屋の私が びくびくしながら続きを聞くと

「私のダンス用語ノート」がとても気に入っている、という。


内容が面白く また、書き手のぬくもりが伝わってくるとも。

随分お調べになったでしょう?

大変でしたでしょう? 

用語の項目にナンバリングしているのが素晴らしい、

索引もよくやっていますね、

などと、お褒めの言葉とねぎらいのお言葉が次々と。


お話を聞くと、以前に辞書の編纂の仕事に関わったことがあると言う。

だから余計に、これだけ良くやったのが分かる ― 

と言うようなことを仰って下さいました。


読者の方から本の内容を褒めて頂けるのは

勿論嬉しいことですが

本作りの大変さを知っている人から

ご連絡いただけるのは 著者として

最高の幸せです。

私のダンスノート

最初の本 「サークルで上達するボールルーム・ダンス」 を出したとき

某大手新聞社に勤めていた人が

感動したと言って 

出版社から電話番号を聞いて お電話をくださいました。


マッシモの翻訳本 「ダンサーのためのメンタル・トレーニング」 を出したときは

電話を下さった 知らない人が

余白の使い方も 素晴らしいと褒めてくださいました。


実は本を書くとき、そのことにとても気を遣っているので

 「分かって貰えてとても嬉しいですが、驚きです!」 と話したところ

その方は書道もされているので

そうした所にも目が行くのです と説明してくださいました。


うれしいお電話を頂き

色々思い出した昼下がりでした。


   * * *


この種の自慢話的な話は 他の人には

大して面白くもないことは百も承知ですが

自分たち夫婦のためだけではなく

デザイナーさんや出版社の方たちなど

関係者皆さんの労をねぎらい

次の仕事の活力にするために/していただくために

ここに残しておこうと思います。 (まさき)



まさきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス