バレた。

テーマ:
{CF90455F-C13B-4D03-B4EE-A9BD53D9A100:01}
先日のこと。

Facebookに
ある写真をアップしたら。

ある方から「⚪︎⚪︎?」との
メッセージが来た。


「はい、⚪︎⚪︎です」と応えたら。



{C24B031A-08E3-4514-A346-E8B2D011945F:01}
またメッセージが来て
「⚪︎⚪︎するの?」って


「どうして
   分かったのですかー?」



「写真に書いてあった、、、ふふ」




{C10876C1-8D0A-45A6-9465-2773F92143F1:01}
誰も気づかなかったのになー。
プロって怖いわ(笑)。


ちなみに。
本日の写真は
すべてイメージです。

ほんとダヨ。
深読みしないでね(笑)。

AD

錆が好き。

テーマ:

錆が好き。

どうして錆が好きなの?

そう聞かれても困るけれど、「錆」が好きです。



錆が好き。

「錆」が好きというより、

「錆びるモノ」が好きなのかな?



錆が好き。

「錆びるモノ」というか、

風化していくさまが好きなのかも…。


ピカピカとかキラキラもいいけど、

錆ついてギィギィいいながら動いているのも、またよし。

なーんてね。

年寄りっぽい、独り言でした(笑)。


さてさて。

あさっての母の日には、

作家物のうつわで、お母さんに本物の陶器をプレゼント

楽しみに待っててねー。

AD

なんでワタシが・・・。

テーマ:

なんでワタシが、こんな目に・・・。


とか、


なんでワタシが、コレをやらなきゃならないの・・・。


とか、


そんな風に思うことが、たまーにある。



そういう時は、自分のココロがささくれているのだと、今までの経験則で知識としては分かっているのだけれど、感情がねー、そうは簡単に納得いかない時もあるワケで・・・。


でも。

大丈夫だいじょうぶダイジョウブ。

魔法の呪文を唱えていると、ささくれだったココロも滑らかになる。


人それぞれ、

ココロがささくれ立った時の呪文みたいなものがあるのかな。

大好きブログのひとつであるげんさんも書いている。

心のパラシュートを忘れないために 」と・・・。


サハラもね、たくさんの人にたくさんのパラシュートを詰めてもらっていることを忘れないようにしなくちゃ、なー。はい。


AD


いつかきっと、必ずきっと


今ではもう、眠れることはあたり前のことで、日付が変わる頃になると瞼が落ちてきてしまう。ぐっすり眠れることは、今の自分にとって普通のなんでもない日常のワンシーンとなっている。


けれど、アトピーがひどかった頃はそうじゃなかった。

眠るためには薬が必要で、そして、その薬を飲んでも眠りはやってこなかった。眠れない夜がこのままずーっと続くかと思われたつらい日々は、今では思い出せないくらい遠い昔の記憶に沈んでいる。


先日、アトピーで入院していた頃の友人に久しぶりに会った時、「いつかきっと、っていつも言ってたよね」と言われて、自分でもへぇーとびっくりした。なぜって最近、「いつかきっと」の魔力について、まとめたことを書こうとしていたから…。


大丈夫、だじょうぶ。

いつかきっと、必ず良くなるから。


なんの見通しがなくても、「いつかきっと」と思い続けていると、気がつくとその思いは月とか宇宙とか遠くのどこかに到達され、願いが叶うことが多かった。世の中ではそういうのを「引き寄せの法則」とか言うらしいけど、自分のそれはちょっと違う…。


どう違うかは、「いつかきっと」をまとめる時に詳しく書こうと思う。それがいつかと言うと、今年の誕生日(5月31日)までにはまとめたい。そして、それを期に、最近やたら前後左右に広告が貼られてチカチカするアメーバブログから引っ越そうと鋭意構想中です。


「いつか、きっと」は、自分にとって魔法の呪文。

魔法の呪文は、チカチカしない自分の基地で使いた~い、もん♪


有効期限切れ

テーマ:

解約したクレジットカード

引越しが迫っているワケではないのですが、

身の回りの整理を続けています。


今日の写真は、解約したクレジットカードです。

キャンペーンやお付き合いで入会したクレジットカードは、使われぬまま机の引き出しの中で眠っていました。

解約はカード会社への電話1本でできるものの、なにか間違いがあると困ります。クレジットカードのICチップには個人情報が詰まっていますので、チップにも鋏を入れて、受け付けた人の名前を手帳に記しました。


クレジットカードは1枚、多くても2枚あれば十分だし、これからはあまりクレジットカードを使わない生活になるような気もするし。


はっきり言って我が家にはモノが多すぎます。

掃除をするたび、処分品がゴミ袋5~6個分出るっていったい…。


不用品と一緒に生活しているの?と言われても仕方ないのですが、最初から不用品だったわけではないのです。言い訳がましいのですけれど、入手したときは必要品だったワケで…。


ただ、これから自分達が進んでいこうとする生活スタイルにマッチしなくなったものが多いのです。使えるモノは人に差し上げたり、「ご自由にお持ちください」にしたり。少しは減ってきたものの、まだまだあるある我が家のモノたち。まだまだ続く、我が家の片付け。ふむ~。


+ + +


ところで今日は、これから甥が進路相談にやってきます。甥の母親であるサハラの姉もやってきます。夫も平日なのに時間を作ってくれ、付き合ってくれることになりました。みんなで甥のこの先について、あれこれ話そう会になりそうです。


彼はどこに進んでいきたいのかな?

今まで何度話してもよく分からない彼の思い…。

まぁ、はっきり「これ」というのがあれば

我武者羅に進んでいけるのだろうけど、ね。


若いからさ、なんでもできるよ、なんでもやればいいよ。

そう言おうと思う。

そして、その言葉には時間は有限だからってことも含めて伝えたい。


若いと分かりづらいけど、時間は有限なんだよね。

早くそのことに気がついて、

自分の持ち時間を有効に使う術が見つかるといいんだけどな。


甥になにを伝えてられるかをずっと考えていたけれど、

そうだな、「有限な持ち時間を大切に」にしよう。


先週、検査の結果を聞きに某大学病院に行ってきました。当初担当した先生にあれこれしつこく聞きすぎたのか、「専門の先生の診断を受けた方がいいかもしれませんね」と担当換えがあり、1日に2度病院に行ったあの時 の検査結果が出たのでした。


あの日、「んー、2度手間だー」と思いつつ、病院と仕事部屋を行ったり来たりしたのですが、した甲斐がありました。


というのも。

新しく担当してくださった先生と40分くらいの問診というか、カウンセリングというか、お話しをし、それですっきりしてしまったからです。といっても、それで体調までがすっきりしたわけではないのですが、まぁどんな結果が出たとても、しっかり受け止められる準備が整ったという感じ、でした。



そして、検査結果を聞く日。

当日、予約時間の17:00前に受付に行ったところ、「M先生は午前中の手術が長引いて、午後からの外来診察のスタートが遅れています。多分このままですと19:00過ぎになります」とのこと。えー(`ε´)と思いつつも、次の予約がいつ取れるか分からない状況なので待つことにしました。(この日の予約も、無理を言って枠外でとったものでした。)


最初の1時間は入院時によく脱走していた近所のカフェで 、その後は病院の待合室で待ちました。数人いた患者さんがひとり、またひとりと診察を終え帰って行き、広い待合室はサハラがひとりきりに…。それでも、中待合室への呼び出しがかかりません。


この待ち時間のあいだ、いろいろなことを考えました。

サハラは医者に病気を治してもらおうとは思っておらず、病気は自分で治すものと思っているふしがあります。医者は病気を見つけてもらうパートの担当で、病気が見つかったあとは治療の道先案内人というか、サポート担当になって欲しいと、そんな風に思っています。


だから、その道先案内の質が低いとクレームもつけます。


だいたい、この待ち時間も、遅れると分かった時点で携帯にメールで知らせるサービスとかあってもいいんじゃないの。


とか。


「検査してみましょう」とか言って、なんでもなかった場合、「なにもなくて良かったですね」で終っちゃうけど、高い検査代とっておいて、それって見立て違いなんじゃないの? なんにもなくてお金取れるのって病院くらいだよ。


とか。


病院は、もう少しサービス業としての自覚を持って顧客の満足感をアップするくらいの意識を持たなきゃねー。みんなナーバスな客(患者)ばかりなんだからさー。


とかとか、考えていました。

待ち時間が2時間半経過した頃、やっとサハラの順番が。


「お待たせして申し訳ありませんでした」

開口一番、先生はそうおっしゃいました。

CS(顧客満足度)プラス1です(笑)。


あれこれサハラの体調不良の原因に関する説明があったものの、検査結果は特に異常なし。ほっ。クレームをつけるとか、待ち時間が長いとか、云々かんぬん思っていましたが、検査結果を聞くまではやっぱりドキドキしていたのでした。


予防の意識が大切です。その観点からいうと、今回あなたのチョイスは正解でした。体調に不安を感じたら早めに診察を受ける。それが予防に繫がるのです。今回はなにもなくてラッキーでしたが、今後も予防意識を持ち続けてくださいね。定期健康診断は忘れずにきちんと受けること!婦人科系は早期に発見すれば治すことができますから。


ほーーーーーーっ、としました(≧▽≦)

先生と30分近くお話しし、診察室を出たら病院中まっ暗!!!

エスカレーターも止まってました。4階分を歩いて降りたら会計も閉まってました。警備室前の箱に「診察終了」の紙を入れてきたのですが、あの日の診察代ってどうやって払うんだろう。「後日、ご連絡がいきますよ」って言ってたけれど。


病気を治す魔法の杖はありません。

転ばぬ先の杖を、これから先も突いていこうと思った次第♪

みなさんも、定期健康診断をお忘れなく。


直った給水タンク

火曜夜に破壊したトイレの給水タンクは、金曜昼間に直りました。

水曜木曜金曜昼過ぎまで、トイレのついていない民宿に泊まっている気分を味わいました。


マンション地階のパブリック・トイレまで、トイレに行くたび4階分を下りたり上ったりしていい運動になりました、ってこれは自分で言っていても負け惜しみにしか聞こえません(/ω\)


飲食店ではたまにありますが(酔っ払いが割るらしい)、

一般家庭で給水タンクが割れるのってあまり聞かないですねー。


そう言いつつ、業者の方は多額の請求書を差し出したのでした(涙)。

ま、怪我もなかったし、無事に直ったことで良しとします。

あー、自分ちのトイレが使えるっていいですねー。

破損したトイレの給水タンク

昨夜、トイレ内で転倒しそうになり、そのはずみで、すごい勢いで給水タンクを壁に押し付け、その結果、給水タンクを割ってしまいました。


ありえないバカヂカラ…、絶句。

(T_T)


割れた拍子でタンク内のフックが外れたままになったのか、水が止まらずタンク外に流れ出してくる始末。こんな時に限ってひとりの夜。泣いてる場合ではありません。


ありったけの雑巾を総動員して床に敷き詰め、階下への水漏れを止めなきゃと慌てまくるワタシ。トイレに給水している元栓が見つからずオロオロするも、「便器 修理」でインターネットで検索し、水道修理業者を探したところ、「TOTO:修理とご相談」にたどり着き、止水栓をマイナスドライバーで止めることに成功!!!



今朝になって修理を頼むも、業者さんが来てくれるのは早くて金曜日、壊した同型の給水タンクの在庫がなければ週明けになるとのこと…。しばらくトイレのない生活が続きそうです。


と言っても。

ここのマンションの地階にはパブリックのトイレがあるので大丈夫。トイレに行くたび、運動代わりに4階分の階段を上り下りしています。


ところで。

こんな風に破損(破壊したとも言う)した給水タンクって、住宅火災保険で賄ってくれるのでしょうか。保険証書を見てみよっと、あ゛ー。



私信

テーマ:

2007中秋の名月
時々ここに、特定の人に宛てた私信のようなものを書くことがあります。もちろんそれは、私信とは分からないように書くので、普通に読むと私信とは分からないはず。


けれど、宛て先の友人が読むと分かるらくし、直後にメールや手紙をもらいます。サハラのピピピッが届いたんだなぁ~と嬉しくもあり♪


寒くなってきたからね、

一緒に温かいお茶飲みたいね~。

と、これは正真正銘ひとりごち。



【本日の写真】

東京の仕事部屋があるマンションの屋上にて。

東京の夜空って明るいなぁ。

円覚寺の紫式部


怒ったり、走ったり、転んだり。

いつものことですが、落ち着きのない日々が続いています。


ちょっと落ち着いておちついてオチツイテ。

お茶でも飲んで、ひと息つきましょ、そうしましょ。


こういう時こそ深呼吸!


あ、今日はアレルゲン検査の結果が出る日だ…。

今日は予約しているし、受付のお姉さんとのバトル は避けたいところです。サハラを悩ますアレルゲンの正体は一体なんだろなぁ~。



【写真】

先週行った鎌倉の円覚寺にて。

大好きな紫式部をパチリ。