2019.5 「旅猿〜フランス編(43)」パンのぬくもり | ☆わたさんランドの旅猿日記☆

☆わたさんランドの旅猿日記☆

こんにちは!わたさんです☆平日はお堅い会社員・休日は少年サッカーチームの監督をしている僕、、、たまに旅猿に変身します!!
独身時代(2015年以前)は独りぼっち・2015年以降はメス猿とツーショットの珍道中旅猿日記をお届けいたします!!

ホテルに戻りスーツケースを引いて地下鉄でオペラ座へ
パリの地下鉄はエスカレーターすらほとんどないからスーツケース持った旅行者には不親切ですな
地下鉄から地上に出るとそびえ立つオペラ座



と言ってもオペラ鑑賞する訳ではなく、このオペラ座の裏からロワシーバスという空港直行のバスが出てるのだ。

バスで1時間弱でシャルル・ド・ゴール空港到着

チェックインカウンターでスーツケース預けようとしたら重量オーバーで止められた。
いろいろやりくりしてなんとかOKに
しかしシャンパン持ち帰るのは重さ的に危険ですな
相方さんのおかげ空港のカウンターで並んでる人々の前でスーツケースをおっぴろげることになりました真顔
23Kgという数字をよく頭に叩きこんどこう

さて、通しで買った中国東方航空のチケットで今回のパリ〜上海間だけがチャイナイースタンの機体
そしてもっと意味分かんないのが行きは北京経由だったのに帰りは上海経由チーン

今回は定刻通りに離陸
さらばフランス

上海までは10時間ほど
機内食はこんなかんじ



左に謎のオープンスペースがありますが、こちらはほぼ全員が食べ終わったかなくらいのタイミングでパンを配りだした
温かなひときれのパン
どうやら温かいパンを提供することに謎のこだわりを持っているらしい
イキってるとこ悪いけど、それよりみんなおかずと一緒にパン食べたいと思うぞ真顔

そんなこんなで上海に到着









相方さんがビーズ刺繍教室を主宰しています。
キレイなのでぜひ見てみてくださいね